遠き山遠き思ひ出秋の草    山口 斗詩子

遠き山遠き思ひ出秋の草    山口 斗詩子

『この一句』

 日本人の心の底にある「もののあはれ」を最も強く触発するのは、秋の風物であろう。もう一歩進めて、「生あるものは必ず滅す」という死生観に思いを致すのも秋である。そして、名もなき秋草の短い一生にそれを端的に感じる。夏の間、猛々しいほど繁っていた草が穂を出し、花咲かせ、静かに色づき、やがて実をつけ、枯れてゆく。これを眺めつつ、人は物思いに耽る。
 この句はまさにそれを詠んでいる。たぶん西の方向の遠山であろう。陽が傾き、山肌は逆光となって黒くなり始めている。中景の薄野や灌木の茂みは夕日を浴びて輝いている。そして近景の秋草は色づき、枯れ色を見せ始めたものもある。作者は山荘か茶屋のテラスなど、ちょっと高い所からそうした秋景色を眺めるともなく眺めている。
 思い出が次から次に甦って来る。遥か昔の事が突然湧き上がってきたかと思えば、つい数年前の思い出につながったりする。思い出というものは、昔の事から近過去の事が時系列で順序良く出て来るものではない。あっちへ飛び、こっちへ飛ぶ。脈絡も無く、取り止めも無いようだが、どこかで繋がっている。何だか一人で連句を巻いているみたい、とおかしくなったりもする。
(水 20.10.07.)

デイケアの老女の無言蛇穴に   大澤 水牛

デイケアの老女の無言蛇穴に   大澤 水牛

『合評会から』(酔吟会)

可升 なんと重い句だろうか。なぜ老女は無言なのか、なんとなくわかる気がしてわからない。「蛇穴に」は老女の比喩だろうか、それとも取合せだろうか?それもわからない。わからないけれども、この句の気分はうっすらわかる。明日は我が身と思って読みました。
而云 老女の無言が季語「蛇穴に」と響き合う。
冷峰 幼稚園の送迎バスのように毎日五、六台のバスが競って老人を迎えにきます。老人はおしなべて無口です。
                 *
 近所に住むデイケアの老人は、迎えの車に乗るとき憮然とした表情をしている。本意ではないが、家族の負担をさけるために行くのだという雰囲気がうかがえる。「無言」の一語でその微妙な状況を表現しているとともに、「蛇穴に入る」のは車のドアをくぐる老女自身であると言っているようだ。常日頃この光景を見ている筆者は、いつか句にできないかと思っていた。作者は「蛇穴に入る」の季語を巧みに取り込んで、高齢化社会の一種やるせなさを詠んだ。「明日は我が身」の合評会評がこの句の意味を代表していると思うのである。
(葉 20.10.06.)

蜩や木霊木霊す円覚寺      印南  進

蜩や木霊木霊す円覚寺      印南  進

『この一句』

 句の眼目は「木霊木霊す」だと思う。木霊(こだま)が、こだまとなって還ってくるのだ。場所は鎌倉の名刹・円覚寺。横須賀線の北鎌倉駅で降りれば、目の前である。谷戸(やと)と呼ばれる鎌倉独特の谷間の中、山門から仏殿、大方丈などが、上り坂添いに続いている。作者はその道をたどりながら「カナカナ」という蝉の声を聞いた。
 蜩(ひぐらし)だ、と思う間もなく、遠くから「カナカナ」の声が返ってきた。「こだまが返って来た」と判断したが、別の蜩の声が遠くから聞えて来たのかも知れない。ふと、気づけば「カナカナ」の声が、あちらからもこちらからも、遠くからも近くからも・・・。日暮れも間近な頃、まさに蜩の合唱であり、こだまがこだまを返しているようでもある。
 左右は鬱蒼とした杉林が続く。陽は西に傾き始め、苔に覆われた地面に木漏れ日がぽつりぽつりと散らばっている。作者は句をひねりながら、「こだま」は仮名表記にするか、漢字の「谺」とするか、と考えた末に「木霊」で行こう、と決めたのではないだろうか。蜩の鳴き声のみが響く古刹の境内なのだ。作者でなくても「木霊がベスト」と思うはずである。
(恂 20.10.05.)

テレワークかすむ眼に居待月   久保田 操

テレワークかすむ眼に居待月   久保田 操

『この一句』

 これは令和2年の居待月の句の決定版ではないか。新型コロナウイルス感染防止には「多人数が狭い空間に集まることを止める」のが最も有効な対策ということになって、官公庁も企業も就業者に「在宅勤務」を命じた。
 メールをはじめ様々なネット環境を利用して、出社しないで互いに連絡を取り合い業務を進めていくのが「テレワーク」。年末の新語大賞を待つまでもなく、否応なしに定着してしまった新語である。
 在宅勤務でパソコンとカメラの前では神妙な顔を取り繕っている。ネクタイを締めるまではいかないが、髪形を整え、ちゃんとしたシャツを着て畏まっている。しかし、下半身はステテコ一丁だったり、それなりの手抜き勤務ではある。
 とは言え、朝から晩までパソコンに向かっていると、目がしょぼしょぼ、肩が凝ってくる。会社のデスクに座っていれば、部長課長の様子や顔色でその日の雰囲気が分かる。同僚の動きもつぶさに分かる。しかし、在宅でのテレワークとなると、その「空気」がつかめない。いつ何時重要なメールが飛び込んで来るかも分からない。出社して平常勤務に就いていた時の方がよっぽど楽だ、などとぼやきながら、眼頭を押さえ、肩を揉んでいる。ゆるゆると上ってきた居待月が「ご苦労さん」と慰めてくれるようだ。
 今日、10月4日夜の月が居待月だが、あいにく東京地方は雲が厚い。夜遅く晴れ間がのぞいてくれると良いが。
(水 20.10.04.)

官邸にマトリョーシカを見る秋冷  杉山三薬

官邸にマトリョーシカを見る秋冷  杉山三薬

『この一句』

 長らく新聞社で紙面作りに携わってきた筆者は時事句に興味がある。この句の作者もどうも政治を風刺する句が好みのようだ。今回の政権交代劇を詠んだ句であることは間違いない。前政権の評価には肯定論と否定論があり(中間論もあるか)、もちろんどちらに与するのも個人の自由である。ただ、政治への無関心はやめにして目を曇らせないのが浮世の務めと思うばかりである。
 この句はともすれば川柳におちいる寸前、「秋冷」の季語が救ってみごと時事句に仕上げられたと思う。コロナ禍の対応で無力だった総理が退陣したと思ったら、マトリョーシカ人形から次の小型が出てきた。マトリョーシカだから開けるごとに小さくなるのが当然。前のものより大きくなることはないという、痛烈な皮肉が込められている。マトリョーシカの比喩が実に巧みだ。よくぞマトリョーシカという小道具を思い付いたものだ。
 加えて背中がぞくっとする「秋冷」の季語もこよなく合っていると思う。「秋さびし」もいいが、秋冷と体言止めが効果を生んだ。合評会で「変われど変われど同じですね」という評も出たが、それでは困るわけで新政権には前政権の数々の負の遺産をさばいて欲しいが、果たして?
(葉 20.10.02.)

蛇穴に入らんとすればビル工事  今泉 而云

蛇穴に入らんとすればビル工事  今泉 而云

『合評会から』(酔吟会)

双歩 蛇はおちおち冬眠もできないですね。騒音で昼寝を邪魔されるのも似たようなもんです。
百子 潜ろうと思ったねぐらは、工事中ですか。行き場のなくなった蛇はどうする?
光迷 家を取られて、蛇は困ってしまいましたね。その後、どうしたんでしょう。新しい安眠の場所は見付かったのでしょうか。
          *       *       *
 この句を採った三人は、ねぐらを奪われた蛇の顔を想像しておかしみを感じ、冬眠する場所は見付かったのかどうか、ちょっと心配してもいる。困惑顔に俳諧らしい俳味を感じ、同時に哀感を覚えたわけである。
 ビル工事は、この蛇にとって大きな災難だったが、今年もゲリラ豪雨などで家を失った人が多かった。今後の台風も心配だが、昨年の長野や千葉などの鉄橋や道路、家屋などが損傷から回復していないことにも心が痛む。
 それにしても、東京五輪では暑さを避けるためマラソンなどが涼しい所でなされるのだとか。海沿いに屏風のようなビルを林立させ、道路をコンクリートで塗り固めれば、灼熱都市が誕生するのは分かり切ったことなのに…。
(光 20.10.01.)

二百十日復旧未だ千曲川     堤 てる夫

二百十日復旧未だ千曲川     堤 てる夫

『季のことば』

 「二百十日」は立春から数えて210日目のこと。今年は8月31日だった。台風シーズンと重なるこの時期は、ちょうど稲の開花期にあたり、台風の襲来は米の収穫を大きく左右する。そこで、二百十日と二百二十日は充分注意するようにと、江戸時代の天文暦学者、渋川春海が定めたという(詳しくは水牛歳時記参照)。一般的には災難に遭った日も厄日というが、俳句ではこの両日を別名「厄日」ともいう。いずれにしても、二百十日や二百二十日には災厄のイメージが内包されている。
 掲句は、昨年秋の台風で被災した千曲川の復旧状況を詠んでいる。上田在住の作者はこれまで、「流木を中洲に残し冬千曲」や「鮎来るや千曲は重機工事中」など、台風の爪痕を季節毎に詠んでいる。来春の復旧を目指している上田電鉄別所線の通称「赤い鉄橋」の復旧工事の進捗具合は、特に気になるようだ。市民の足である別所線。千曲川に架かる鉄橋はシンボルでもある。何よりも自宅前を路線が走っているので、人ごとではいられない。
 作者によると、別所線は来年二月末には全線開通する予定だという。それを聞いた俳句仲間は、開通祝いに押しかけようと目論んでいるとか。開通した時の投句も楽しみな定点観測の一句だ。
(双 20.09.30.)

秋草や買手のつかぬ一等地   玉田 春陽子

秋草や買手のつかぬ一等地   玉田 春陽子

『この一句』

 トリクルダウンが全国津々浦々まで波及するはずだったアベノミクスは、残念ながら夢物語となってしまった。地方とその中核都市の衰微は覆い隠せない。かつて賑わいを見せた目抜き通りは、シャッターを下ろした廃店舗が軒を連ねているありさまだ。中には更地となって次の活用先をさがしている一角もある。この句はその情景を詠んだものだ。日本経済の失われた二十年(それ以上だという主張もあるが)を象徴する時事句と取るのに無理はないと思う。時事句とはいえ、俳句に直截的な「政治」を持ち込むのは憚れるが、目の前の情景に借りてこれくらい政治に皮肉を言ってもいいだろう。
 都区内や近郊都市ではない地方駅前一等地のことと想像する。昔は商売人なら垂涎の土地だったのに、今や更地の草ぼうぼう。郊外のショッピングセンターに客足を取られ廃業をやむなくされた、たぶん老舗だろう無念さが描かれている。名のある秋の草花ではなく、「秋草」という季語が動かせない。秋草には色とりどりの美しいものも多いが、総じて寂し気なのが秋草の本然だろう。なんでこの土地が売れないのと、昔を知る作者の詠嘆が聞こえてきそうな一句である。
(葉 20.09.29.)

秋の空余所行きを着てそこらまで  横井定利

秋の空余所行きを着てそこらまで  横井定利

『季のことば』

 「秋の空」は初秋・仲秋・晩秋と八月初旬から十一月初旬まで三秋通じて使える季語だが、八月はまだまだぎらぎら照りつけるお日様にうんざりすることが多く、「いかにも秋空だなあ」と感じるのは九月末から十一月初めにかけての時期であろう。相変わらず陽射しは輝いているが、肌を焦がすという感じは無くなっており、吹く風は涼しく、空高くまで澄み透っている。
 十月の声を聞くころになると、日本列島は大陸から張り出して来る移動性高気圧に覆われて「天高く馬肥ゆる」澄み切った青空が広がる。高空には刷毛で掃いたような巻雲(絹雲)が現れ、その下には群れなす鰯のような巻積雲が帯をなす。空気もついこの間までとは違ってべたつかず、さらっとした感じである。
 こうした気候になると人はそぞろ遊び心をくすぐられ、旅に出たくなったり、繁華街へ買い物に出かけたいなどと思うようになる。ところがどっこい、コロナ禍のおさまらない令和2年秋は大手を振ってはしゃぎ回る気にもならない。せっかく作った余所行きも衣装ダンスにぶら下がったままである。しょうがない、ちょっと着てみて、近間の散歩でも・・。
 「余所行きを着てそこらまで」がいかにも俳諧で、コロナ禍を離れても通用する素晴らしい句だ。
(水 20.09.28.)

地方紙に秋草くるみ帰京せり   廣田 可升

地方紙に秋草くるみ帰京せり   廣田 可升

『この一句』

 秋草(あきくさ)は、秋の野山に自生する草花の総称である。秋の七草をはじめ、吾亦紅、竜胆など美しい花を咲かせるものが多い。もちろん秋の季語であり、秋の草、色草、千草、八千草といった傍題がある。色とりどりの秋草が咲き乱れる野原は「花野」という季語になる。
 掲句はその秋草を摘んで新聞紙に包み、帰京する人を詠む。故郷に帰省したのか旅先なのか、美しい秋草に目を止め、持ち帰ろうと考えた。地方紙という言葉が、自然豊かな田舎の暮らしを連想させ、秋草のイメージに重なる。さらに「くるむ」という表現に秋草を愛おしむ思いが滲んでいる。
 地方紙は特定の地域で発行される新聞をさす。戦時中は「一県一紙」に統制されたが、戦後に増え、新聞協会に加盟している1万部以上の地方紙でも71社ある。地元密着のニュースを強みとし、紙面にはその地域の特性や文化が強く表れる。地方から届いた果物などが地方紙に包まれていると、その土地の暮しも一緒に運ばれてきたように感じる時がある。
 作者は、そんな地方紙にくるんだ秋草を持って東京に帰る。「帰京せり」という言い切った下五は、持ち帰る心の弾みを表していると見るのが常識的だ。しかし秋草のない都会に帰らざるを得ないわが身を強調することで、秋草の里への思いを残したと見るのは深読みが過ぎるだろうか。
(迷 20.09.27.)