我一人なり六月の書道展     今泉 而云

我一人なり六月の書道展     今泉 而云

『季のことば』

 一年十二月、どの月もすべて季語だが、どの月も句を作るのは難しい。六月は特にそう思う。
 「六月」を兼題にした水牛さんは六月生まれ。「六月という月はまことに冴えない月である」と嘆く。なんでも、一年で祭日のない唯一の月で、とりたてて特徴のない月だから、らしい。ご自身は「取柄無き六月もわが生まれ月」と自嘲気味に投句した。この句の作者・而云さんは、同じ丑年生まれ。水牛さんと二人でこの「双牛舎」を立ち上げた。七月生まれの作者なら「わが生まれ月」をどう詠むだろうか。
 閑話休題、掲句は知り合いの書道展だろうか、それとも王羲之や顔真卿などの古典の臨書の類だろうか。非常事態宣言で閉館を強いられていた美術館や映画館、劇場などは宣言延長に伴い条件が緩和され、六月から再開した施設が多い。この書道展の会場はどういう施設か不明だが、開催できたようだ。この時期、仲間を誘って、というわけにもいかず、一人で訪れたものの展示会場は閑散としていた。梅雨の季節でもあり、雨の影響もあったかもしれない。「我一人なり」の上七にさまざまな詠嘆が込められている。正に令和三年六月の、とある街角の一断面である。
(双 21.06.25.)

鮎宿の画鋲でとめし時刻表    嵐田 双歩

鮎宿の画鋲でとめし時刻表    嵐田 双歩

『合評会から』(日経俳句会合同句会)

方円 簡素な鮎宿の情景が浮かびます。帰りの時間を気にしながら釣るのでしょう。
反平 阿川弘之に『鮎の宿』なる随筆集がありました。もう古びてしまって黄色くなった時刻表が雰囲気を出している句です。
雅史 色褪せた時刻表が目に留まったその宿は、人情味あふれるところのような気がします。
春陽子 画鋲でとめられた時刻表が、馴染みの宿であること、主人が鮎釣りの名人であること、優しい女将がいること、などを教えてくれます。
迷哲 鮎宿には古びた民宿が多いようです。「画鋲でとめし」に生活実感があります。
*       *       *
 この句は実際に見た光景を詠んだのか、あるいは頭の中で想像した光景か、それはわからない。いずれにしても、古びた時刻表を見つけたことが、この句の手柄である。それを季語を含む鮎宿と取合せたこと、さらには、時刻表をとめている画鋲に目をつけたことが素晴らしい。鮎宿の帳場付近の映像が読み手にリアルに伝わってくるだけでなく、宿そのものの外観や雰囲気までが見えてきそうである。過不足がなく、表現の手堅さを感じさせる一句である。
(可 21.06.24.)

ワクチンを打った帰りに鰻喰う   印南 進

ワクチンを打った帰りに鰻喰う   印南 進

『合評会から』(三四郎句会)

圭子 鰻の大好きな私には気になる句です。
賢一 ワクチンを打って、コロナのプレッシャーから解放された、ヤッター! 蕎麦ではないでしょう、鰻でしよう。こういう際の解放感を鰻で表したのは凄いセンス。
而云 状況や気分はよく分かるが、「鰻喰う」は愛嬌がないなぁ。
*       *       *
 「鰻食う」はぶっきらぼうな表現である。俳句も文学、文芸の一つであれば、たおやかな、味わいのある表現が必要のはず。下五は「うなぎ膳」くらいでどうか、と私は考えた。これなら「立派な鰻料理を前にして」という感じが出てくるはずだ。ところがこの原稿を書き始め、(三四郎句会)という表記を見てから、考えが変わった。
 この珍しい名の句会は、某大学の柔道部ОBたちが立ち上げた。句会が第三木曜(航空業界では「三、四」で表すという)であるところから、初めは「三四会」としたが、後に姿三四郎にちなんで、と「三四郎句会」と変えた。すなわち句会のメンバーはもともと、食べ物の形式や見栄えなどは気にしない柔道マンなのだ。「鰻食う」が一番似合う、と思い直した。
(恂 21.06.23.)

新しきビルの緑道夏至の雨   星川 水兎

新しきビルの緑道夏至の雨   星川 水兎

『季のことば』

 近ごろ建てられる高層ビルは、都市計画などで空間地を設けることが定められているのだろう、緑道や小公園などが併設されるようになった。逆に、そうした空地を設ければ高いビルが作れる規則になっているので、土一升金一升の土地にこういう空間が生まれるようになったのだという話も聞いた。
法律的なことはさておき、とにかくこれでコンクリートの無様な箱がびっしり並ぶ東京都心部に、せせこましいものではあるが樹木や草花の生えた「地面」が出来た。ビル街散歩もこれでずいぶんほっとした気分が醸し出される。
ところで季語の「夏至の雨」。本来、夏至は一年で昼の時間が最も長い一日なのだが、東海道ベルトラインは梅雨の最中。大概は雨降りかどんよりした厚い雲に覆われている。
昨日6月21日が夏至で、東京近辺は雨こそ降らなかったが、晴時々曇のむしむしと暑苦しい典型的な梅雨の晴れ間だった。しかし、こうして新しく植栽された木々が雨期に活気づき、葉を光らす景色はなかなかのものだ。晴雨兼用のカラフルな傘をさしてオフイスに通う通勤女子の足取りも軽い。この句からはそんな気持の良さが伝わってくる。
(水 21.06.22.)

あかがねの月欠けて満つ露台かな  徳永木葉

あかがねの月欠けて満つ露台かな  徳永木葉

『この一句』

 日本で3年ぶりに観測された月食を風雅に詠んだ句である。今回の月食は地球の影が月をすっぽり覆う皆既月食で、月が最大に見えるスーパームーンと重なることから注目を集めた。
 当日は午後6時40分過ぎに月が欠け始め、8時10分頃から皆既食が10分ほど続き、10時前に満月に戻った。皆既食となっても真っ暗になるのではなく、太陽光のうち波長の長い赤色が地球の大気で屈折して届くので、月は赤黒く見える。この赤銅色の月が皆既食の象徴とされる。
 掲句は「あかがねの月」が欠けて満ちるという、和歌を思わせる雅な言葉で皆既月食を表現する。配する季語は「露台」である。露台とは建物の外に張り出した床縁で、バルコニーやテラス、ベランダを指す。暑い時季には涼む場所となるので夏の季語となる。
 この夜、関東地方は曇り空が多かったが、作者の住む千葉県は晴れ間が広がり、天体ショーを満喫できたようだ。ただ二階のベランダから月を眺めたと考えては情緒がない。露台には宮中の紫宸殿と仁寿殿との間にある渡り廊下の意味もある。平安貴族が露台に佇み「あかがねの月」に心を奪われている場面を想像した方が、句の趣に沿うのではなかろうか。
(迷 21.06.21.)

胡瓜成る「し」の字「へ」の字に元気よく 澤井二堂

胡瓜成る「し」の字「へ」の字に元気よく 澤井二堂

『合評会から』(番町喜楽会)

的中 自然に栽培された胡瓜は元気に曲がっています。いかにも青々とした胡瓜の様子が表現されています。
満智 胡瓜が成っている様子をひらがなの形になぞらえているのが巧みですね。「元気よく」も効いています。
冷峰 下五の「元気よく」が平凡な句をしっかり支えている。
水兎 確かに色んな胡瓜がありますね。それが自然ですよね。
*       *       *
長年畑をやっている人の句に「水か陽か曲り胡瓜の出来具合」というのが今回同時に出ているので、水の量か陽の当たり加減が影響しているのだろうと推測できる。「し」の字「へ」の字の表現が、なるほどその通りと思わせて納得である。大根や人参などの根菜の形を仮名文字にたとえる表現は珍しくないが、下五の「元気よく」で、曲がっていることなど気にしていない作者のおおらかさが伺えていい。気持ちのいい句である。すなおに胡瓜の成長に満足している作者の姿も目に浮かんで共感できる。つまらぬことが気になっているが、「し」と「へ」のカギ括弧はなくてもいいと思うのだが……。
(葉 21.06.20.)

激浪を見たいといふ妻青嵐    大沢 反平

激浪を見たいといふ妻青嵐    大沢 反平

『この一句』

大きく立ち上がり、岩礁などに打ち寄せては砕ける激浪。そんな大波を見たい、と奥さんは言った。句の最後に「青嵐」という季語がぽんと置かれている。青嵐が家を揺るがすように吹き抜けて行った後、奥さんはその風音に促され「激浪」を口にしたのだろうか。句からさまざまな思いが浮かぶが、奥さんの心理や激浪に関わることの推理は「この際、不要」と考えたい。
 この句を選んだ後、私は「永井龍男の短編を思わせる」とか「俳句の枠を少々超えた句」などという短い感想を述べている。それ以上のことを詳しく説明するのは非常に難しく、「これもまた俳句なのだ」くらいのことでお茶を濁したいのだが、付け加えたいことが残っていた。会社では私と同期、八十歳を超えている作者の「やる気」にまず、拍手を送ろうではないか。
 世界一の短詩とされる俳句は、読み手にさまざまなことを考えさせ、頭を捻らせる「小さな文の塊」と言えよう。ところが句会に投句する作品になると、結果(得点)のことが頭に浮かび、なるべく多くの人に理解されるような句作りをしてしまう傾向も否めない。俳句作りの主流を占める中高年者の一人として私はいま、自分に対し「もっと冒険を」と気合を掛けている。
(恂 21.06.18.)

独り居やきゅうり一本持て余し  山口斗詩子

独り居やきゅうり一本持て余し  山口斗詩子

『合評会から』(番町喜楽会)
  
満智 よくわかります。実感です。
命水 単身赴任時、似たようなことがしばしばありました。味噌をつけつまみにするにしても一本は多すぎます。かといって他に料理するすべを知らず、結局、悪循環で味噌とウイスキーが減るだけでした。
百子 確かに、胡瓜をそのまま食べるには大きすぎる場合がありますね。塩揉みならすぐに食べられますけど。最後の「し」が気になりますが、独り身の心情に納得。
斗詩子(作者) 取り立てて味もなく青臭かったり苦かったりする胡瓜を、私はあまり好みません。けれどサラダには無いと寂しい。スーパーなどではまとめて売っており、仕方なく二本買ってしまう。新鮮な内にと思うものの半分がやっと。後はぬか漬けと明日回し。お一人様はきゅうり一本でもゴミにしないよう苦労しています。
          *       *       *
 その苦労、よく理解できます。ゴミにしないように頑張っている姿に頭が下がります。汁物や煮物は一人前を作る気になりません。手間ばかりかかって、おいしくできないから。インスタント食品が受けるのも分かります。お一人様の悲哀しみじみ、です。
(光 21.06.17.)

雨上がり虹の傘さす観覧車    岡田 鷹洋

雨上がり虹の傘さす観覧車    岡田 鷹洋

『合評会から』(日経俳句会)

昌魚 雨が上がって観覧車の上に綺麗な虹。美しい景ですね。
光迷 「コロナなんか、飛んでけ」と叫びたくなります。
操 しっとりとした空気の中に虹がわたる。青空が戻り爽やかな情景が広がる。
雅史 想像するだけでもワクワクする光景です。
二堂 大きな虹が、観覧車を登場させてよく表現されています。
          *       *       *
 「五月初め、緊急事態宣言の禁を破り都内から横浜へ越境。みなとみらい・万国橋SOKOのベランダから見たコスモワールド観覧車の上空に見事な虹、千載一遇の感動」というのが作者の自句自解である。
 戦時中、横浜駅から桜木町駅の先までの横浜港一体は高い塀で囲まれ、「軍事機密」地帯として一般人は近づけなかった。戦後も占領軍の命による立入禁止時代が続き、解除後も長らく「汚らしいヘドロの海」だった。それが今や「みなとみらい」というピカピカの街になり、超高層ビルが立ち並び、飲食・娯楽施設が各所に出来て、日本有数の観光都市に様変わり。作者が感激した近代アートの殿堂「万国橋SOKO」なるものも、ついこの間まではカビ臭い古倉庫で、ネズミとそれをねらうアオダイショウやイタチが駆け回っていた。つい先日、このすぐそばに「日本初の都市型ロープウエイ・YOKOHAMA AIRCABIN」が運行開始。コロナ禍もものかわ若いカップルの嬌声が空中にこだましている。
(水 21.06.16.)

竹の皮さてもみごとな脱ぎっぷり  谷川水馬

竹の皮さてもみごとな脱ぎっぷり  谷川水馬

『季のことば』

 「竹の皮脱ぐ」は仲夏の季語。例句も少なく、わりとユニークな季語だ。
 筆者の散歩コースには竹林が何箇所かある。暖かくなってくるとあちこちに美味しそうな筍が顔を出す。筍の成長は早く、ぐんぐんと伸びてゆく。背丈は伸びるが、太さは変わらない。つまり、店頭に並ぶ筍の底の太さがその竹の太さだそうだ。筍の皮は成長しないので、竹の成長に追いつかずはち切れてしまう。喩えが特殊で恐縮だが、「超人ハルク」が巨大になるときの衣類のような感じだ。今年竹の根本に茶色い皮がへばりついてる様はなかなか面白く、幾何学的な形が絵になるので、写真に撮ったり句を作ったりもした。
 この句を読んで、作者の散歩コースと筆者のそれは、つくづくよく似ているのだと感じた。以前、このブログで同じ作者の「渾身の一日花やオクラ咲く」を紹介させてもらったが、そのときも筆者は、自身の散歩コースでオクラの花を見た感慨を書いた。今回もまた同じ光景を見ていながら、ろくな句を作れなかった筆者と、やすやすと佳句を物した作者のさてもみごとな詠みっぷりに脱帽である。(双 21.06.15.)