半夏生友より届く吟醸酒     堤 てる夫

半夏生友より届く吟醸酒     堤 てる夫

『季のことば』

 「半夏生」とは暦の七十二候の一つで、夏至から11日目に当たる。半夏(はんげ)というサトイモ科の多年草で山蔭の湿地や時には畑にも生える雑草。球根に薬効成分があり、吐気を抑えたり、去痰、つわりを軽くするものとして漢方薬の原料になっている。
この宿根草が伸びるのが夏場で、蛇が鎌首をもたげたような形の、緑と紫だんだらの花(仏炎苞)を咲かせる。この半夏が生じる頃ということから昔の季節指標である七十二候に取り上げられた。現代暦では7月1日か2日になる。
 米作が日本の主産業だった昔は、「田植は半夏生までに終えること」が鉄則だった。のそのそして田植えを遅らせたら実りが半減してしまうとの戒めである。だから農家は暦の「半夏生」とにらめっこしながら、田植えに励み、麦刈りに精を出した。そして、無事に終えた半夏生の五日間は農作業を完全に休み、蛸をはじめ日頃あまり食べられない魚などのご馳走とお酒を楽しんだ。ちょうどこの頃は梅雨の末期であり、植えて間もない早苗が雨水を満々とためた田んぼにしっかり根付くのを見やりながら、今年の豊作を祈った。
 この句の作者は農作業はやらないようだが、住まいの周囲は見はるかす田んぼと畑の広がる穀倉地帯。近所のお百姓が植えた田畑を見渡し、「おお、田植えも滞りなく済んだか」と、ゆったりした気分になっている。タイミング良く、酒友から吟醸酒が届いた。それを傍らにでんと据えて、これぞまさに「殿様気分」というものであろう。
(水 21.07.12.)

梅雨明けは笑顔広がる接種かな  石丸 雅博

梅雨明けは笑顔広がる接種かな  石丸 雅博

『季のことば』

 掲句を見たとたん、上五で思考が止まった。関東では梅雨入りして間もなくの時期に「梅雨明け」を詠んでいる。そして下五でポンと「接種かな」が現れた。二度目のワクチン注射を終えた人々が出始めており、接種は当初の予想よりも順調に行きそうではあるが、句の順序がどうもすっきりしない。「笑顔広がる」は「梅雨明け」と「接種」のどちらに掛かるのだろうか。
 数日前、東京・大手町に出かけた。目的のビルに行くには東西線竹橋駅で降りるのが近い。地下鉄駅から地上に出ると、大勢の人々が列をなし、ぞろぞろと歩いている。いつもは歩行者の少ない辺りなのだが、理由はすぐに分かった。その先に立つ大きな茶色のビルが、コロナワクチンの「自衛隊大規模接種センター」の所在地であった。
 道路に立つ案内の人に接種者の数などを聞くと「初めは凄かったが、このところ減ってきた」とのこと。ワクチンの一回目を終えた人が増えてきたようで、今は焦ってワクチン接種を求める状況は過ぎている。梅雨明けの頃は笑顔の人が増えているはず。「梅雨明け」と「接種」と「笑顔」が一つに繋がった。俳句はやはり理屈を述べるものではないようである。
(恂 21.07.11.)

駒込に最後の踏切麦の秋     野田 冷峰

駒込に最後の踏切麦の秋     野田 冷峰

『この一句』

 駒込という地名にどんなイメージを持つだろうか。神話のなか、日本武尊東征の陣があったという伝説の地。江戸時代にはソメイヨシノ発祥の染井村があった。柳沢吉保の六義園も域内で、歴史的・文化的には由緒ある土地柄である。ところが現代。それらに最寄りのJR駒込駅と言えば実に地味な存在である。一日の乗降客は山手線の駅中26、27位程度に甘んじていて影が薄い。高輪ゲートウエイという新駅もできたが、順位が最下位近いのは間違いない。
 この春、山手線駒込―巣鴨間の開かずの踏切が廃止されるとニュースで知った。「へー、まだ山手線に踏切が残っていたとは」と意外に思ったことである。これが最後の山手線踏切だそうだ。円滑な往来と事故防止のために踏切を無くすにしくはないが、いままで顧みられなかった。ということは、それほど往来もなく喫緊の課題ではなかったとも推測する。
長々と駒込雑記を書いたが、本題のこの句である。駒込の様々な事歴とイメージを重ね合わせれば、味わい深い一句と思うのである。山手線に最後まで残っていた駒込の踏切がついに廃止という時事を取り込んで、都会の「麦の秋」を抒情的に詠んだ一句と受け取った。ことに「最後の踏切」の措辞がなんとも言えない。(葉 21.07.09.)

自粛せずもう我慢せずさくらんぼ  横井定利

自粛せずもう我慢せずさくらんぼ  横井定利

『季のことば』

 さくらんぼとは不思議な果物である。それほど美味いものではない。見栄えや甘みや旨味から言えば、さくらんぼなど足元にも及ばない果物はたくさんある。
 だけど、五月になって果物店のショーウインドウに、化粧箱にちんまり納まったさくらんぼを見ると、初夏だなあと浮き立つ気分になる。黄色地に紅を掛け輝くところは宝石である。こういう出始めのさくらんぼは値段も宝石並みだ。やがて六月の出盛りになるとスーパーや近所の八百屋にも出回り、産地の果樹園では「さくらんぼ狩り」も行われる。この旬のさくらんぼは甘味も増し、酸味との兼ね合いも良い。
さくらんぼのもう一つの不思議さは、食べ始めるとついついくせになって摘んでしまうことだ。さくらんぼ狩りで「一時間食べ放題」などと言われると、いろいろな木の食べ比べなどで、つい量を過ごし、時には腹をこわしてしまう。アレルギー症状を持つ人は唇が腫れたりすることがある。さくらんぼはビタミンA,Cが豊富で、リン、カルシウム、鉄分も含有、利尿、むくみ解消、美肌効果など有益なところもあるのだが、下剤にも用いられるソルビトールをかなり含んでいるから、バカ食いするとPPになってしまう。いくら食べ放題と言われても30粒くらいに止めておいたほうがよさそうだ。それでも帰りの観光バスはおなら合戦になったりする。
 この句はコロナ禍による「自粛」と「さくらんぼ」の取り合わせが面白く、ついそんなことを連想した。とんでもない読み間違いだったら蒙御免。
(水 21.07.08.)

くるくると盥の胡瓜よく回る   嵐田 双歩

くるくると盥の胡瓜よく回る   嵐田 双歩

『この一句』

 今年も猛暑であろう真夏に向けて清涼感あふれる一句だ。昔の、それもどちらかと言えば田舎の光景を詠んだ句であるとみたい。盥といっても木の桶はほとんど見受けられず、今やプラスチックのそれである。また水道の水を盥や桶に流しっ放しにするのは、省資源に反するから、これは今の光景ではないだろうと推測するのである。小流れを台所に引き込んで桶か盥に受けるのは、昔の田舎の家によくあった。令和の世にも琵琶湖の西、高島市のある集落では里山の湧き水を生水(しょうず)と呼び水路に流し、それを生活用水として利用する川端(かばた)が生き続けている。
 冷たい清らかな水を張った盥に、緑の艶やかな胡瓜が4、5本くるくると回っている。ある程度の年齢の人ならこの光景は見たことがある。水の動きに身を任せて回る胡瓜の様は涼しさと食欲を刺激してなんとも好ましい。冷えた胡瓜に味噌かできればモロミをつけて齧り付けばこの上ない消夏法であろう。この句はそこまで想像させる。何気ない光景を詠んで、写真家の作者にはふだんから物事をよく観察する目があるのがうかがえる。一個の静物でしかない「胡瓜」の季語に動きを与えた。くわえて夏野菜の描写にとどまらず、胡瓜の美味さをも想像させる一句に仕立てたと思う。
(葉 21.07.07.)

夏シャツやコロナワクチン打ち終える 髙石昌魚

夏シャツやコロナワクチン打ち終える 髙石昌魚

『この一句』

 新型コロナ対策の決め手といわれるワクチン接種が全国で進んでいる。7月中には65歳以上の大半が2回目を打ち終えるという。さらに職域接種などで若い人への接種も始まった。オリンピックを成功させその勢いで総選挙を、と目論む菅政権の思惑はさておいて、感染しにくい、罹患しても重症化しにくいといわれるワクチン接種は、高齢者にとってはありがたい。
 作者は高齢の医療従事者なので、接種の優先順位は高いと思われる。掲句を投句した6月初めには2回目も打ち終わったようだ。事実を淡々と述べているだけだが、明らかに安堵感が滲み出ている。やれやれ、とりあえず一安心、というわけだ。
 季語「夏シャツ」は開襟シャツやアロハシャツの類で、最近ではTシャツも含まれるという。ワクチン接種は肩の辺りの筋肉注射なので、肩を出しやすい服装が推奨されている。袖をまくりやすい半袖シャツを着て、接種会場に出向いたらしい作者。「夏シャツ」に込めた想いが、切れ字「や」によってしみじみ伝わってくる。誠に時宜を得た句材で、この夏の世相を切り取った。
(双 21.07.06.)

麦秋はほらiPhoneのなかに在る 金田青水

麦秋はほらiPhoneのなかに在る 金田青水

『この一句』

 この句は俳句としては問題のある句だろう。「麦秋」が季語であるが、ここには「麦秋」の本意はなにも詠まれていない。「麦秋」のあらわす、刈入れ時の麦畑の広々とした景はどこにも見えない。「iPhoneのなかに在る」という措辞が置かれるばかりである。逆に、iPhoneのなかには何があるか?麦秋のみならず、新緑も、紅葉も、ありとあらゆる画像や映像がiPhoneのなかにはある。この句は「新緑はiPhoneのなかに在る」でも、「紅葉はiPhoneのなかに在る」と変えてもそのまま通用する。「季語が動く」どころではない。
 そう思うにもかかわらず、筆者はこの句に一票を投じた。読んで思わず「そうだよなあ」と共感したのと、現代の世相を切り取った一篇の詩として成立していると思ったからである。
自分の知らない兼題が出されると、まずスマートフォンで画像検索してみるというのはわれわれの日常茶飯事である。この句は、そういう句作の実態をユーモアを交えて肯定的に捉えたものとして読める。
一方で、安易にスマートフォンに頼る時代の風潮に対する批判の句として読むことも可能である。そこは、「ほら」の二文字のニュアンスをどう解釈するかによって分かれる気がする。俳句としては疑問符がつくかもしれないが、誰よりもスマートフォンに依存している筆者は、耳に痛い句として読んだ。
(可 21.07.05.)

休業の文字も滲んで迎え梅雨   河村 有弘 

休業の文字も滲んで迎え梅雨   河村 有弘 

『合評会から』(三四郎句会)

賢一 長期休業の店の様子が良く解りますね。もう梅雨入りだよ、という「迎え梅雨」がいい。
雅博 コロナ禍の飲食店の状況が上手に表現されている。
進 休業が閉店にならなければ良いが・・・。
尚弘 コロナ時代の様子がよく表わされています。
照芳 コロナにより国内の不景気。双方が詠みこんでいる。
久敬 飲み屋さんの軒並み休業は本当にさみしいですね。
*       *       *
 「休業の文字も滲んで」。句を見てまず、”中七”の「も」が気になった。酒場か食堂か、コロナ禍に遭った店のご主人が「休業」しかない、と思い切った、というのだが、一軒の状況を表すなら「文字の滲んで」で、よさそうである。やがて思い直した。これは一軒のことではなく、駅前など一つの商業地域を表しているのかも知れない、
 「迎え梅雨」も気になった。めったに見ない季語だけに「走り梅雨」の方がいいのではないか、と。しかしやがて句の本質が見えてきた。今年の関東の状況を実によく表しているではないか。やがて、コロナ禍という歴史的な梅雨時を詠んだ秀句、と思えてきた。
(恂 21.07.04.)

白靴のトラック野郎は女なり   中嶋 阿猿

白靴のトラック野郎は女なり   中嶋 阿猿

『季のことば』

 句を読んで3度驚いた。白靴とトラック野郎の取り合わせにまず驚き、トラック野郎が女と言われて驚き、そして作者が女性と分かってさらに驚いた。
 季語は「白靴(しろぐつ)」である。最近はめったにお目にかからないが、昔は男性も含め夏に白い靴を履くことが多かったため、夏の季語となっている。白服、白シャツ、白絣など、いずれも夏の季語だが、季節を問わずカラフルな着物が溢れる現代では、少し古臭く感じる。
 掲句はその白靴を大型トラックの運転席から登場させる。トラック野郎とくれば、菅原文太のヒット映画を思い出す。電飾と極彩画に飾られた「デコトラ」に乗った文太が大暴れする痛快シリーズだ。上五中七で白い革靴を履いたトラッカーの文太を想像すると、下五の「女なり」で背負い投げを食らう。作者のたくらみに嵌まって、思わず笑ってしまった。「野郎」という言葉遣いから男性の作だと思い込まされたが、十七文字の中でイメージを逆転させる〝剛腕〟には唸るしかない。
 映画の「トラック野郎」は全10作が作られ、女性トラッカーも何人か登場する。中でも第5作で紅弁天役を演じた八代亜紀が印象深い。この映画を機にトラック運転手に八代亜紀ファンが増えたと言われる。白い靴を履いた八代亜紀が大型トラックから颯爽と降りて来る場面を想像しながら句を読み返すと、さらに楽しくなる。
(迷 21.07.02.)

梅漬ける八十四年の皺深し    大澤 水牛

梅漬ける八十四年の皺深し    大澤 水牛

『合評会から』(日経俳句会合同句会)

実千代 なんともいえない沢山の思いが梅を通して伝わります。
三代 生きてきた年月をしみじみと感じさせる句。梅と皺が響いています。
操 梅干にせよ、梅酒にせよ根のいる作業。手のひらの皺に歳月を感じる。
弥生 この句の素晴らしさは「八十四年の皺」という措辞の巧みさ。梅を漬けている人物、梅漬けの知恵や味、等々へ読み手の想像をかきたてます。
水兔 梅漬けはコロナ禍でも失なわれない楽しみの一つですね。手の皺は、仕事をし続けた勲章です。
十三妹 う〜む!!とうなりました。しわしわの手に、献点。
てる夫 眉間に皺なぞ見せたことがない精力的な活動をこの先もずーっと続けられますように。
冷峰 年季の入った姿が目に浮かびます。御長命に乾杯!
三薬 老人の皺と梅干の皺を連想させるテクは、八十翁先輩にしては月並だったかとも思うが、毎年梅と戦うその気力体力を称賛するべきだ。
ゆり 作者と思われる方の梅干は、絶品です。思い浮かべるだけで、口の奥がキュンとします。
反平 水牛さんの梅干、うまかった!
       *       *       *
 八十半ばの作者は今年、十一キログラムもの梅を梅干や梅酒に仕込んだという。梅仕事は結構面倒だ。きれいに洗って、乾かして、一個ずつヘタを取って……。歳を取ると、何かと億劫になってやる気が起きなくなりがちだが、作者は違う。これを毎年やっている。しかもその原動力は「人にあげて喜ぶ顔が見たい」からだというから驚く。句会のメンバーにも作者の〝作品〟をもらった人は多いようで、かなりの選者が作者が誰か分かった上で採ったと思われる。ともあれ、座の文芸の面目躍如、句会では圧倒的な人気を集めた。
(双 21.07.01.)