五色豆色それぞれの淑気かな   玉田春陽子

五色豆色それぞれの淑気かな   玉田春陽子

『季のことば』

 「大旦」「御降」「喰積」「嫁が君」。いずれも新年の季語だが、俳句に縁がない人には何のことかチンプンカンプンだろう。読みと意味は、順に「おおあした(元日の朝のこと)」、「おさがり(三ヶ日に降る雨や雪)」、「くいつみ(今でいうお節料理)」、「よめがきみ(ネズミ)」。
 他にも新年には難解季語がたくさんある。「淑気(しゅくき)」もそのひとつ。「新年の天地の間に漂うめでたい気配」で、字面からも何となく厳かな気分が伝わってきて、こんな難しい季語はどう詠めばよいのか。「水牛歳時記」をひもとくと、「適当な上五、中七に『淑気かな』と置けば何となく格好がつく」ようなことが紹介されていて、少し気が楽になった。
 さて、掲句。京都の銘菓「五色豆」は誰しもご存知で、直ぐに形や食感が思い浮かぶ。白、青、赤、黄、黒の色それぞれに淑気が宿っていると言われれば、なるほどそうだと、つい一票。みんなもつられて高点句となった。デザイナーの作者には、小道具を巧みに配した洒落た句が多い。テーマを何にするか、アクセントをどこに置くかなどなど、きっと五七五全体を俯瞰してデザインしているのだろう。
(双 20.01.02.)

初夢やあの世この世を行き来して   片野涸魚

初夢やあの世この世を行き来して   片野涸魚

『季のことば』

 「初夢」は元旦の夜から二日朝にかけて見る夢とする説と、二日夜に見る夢だとする説があるが、まああまりうるさいことは言わずに、三が日に見た夢とでもしておいた方が良さそうだ。
 この句は酔吟会という句会の最長老が昨年の新年句会に出して高点を得たものである。初夢の句というと、一富士二鷹三茄子をはじめ、目出度さを前面に押し出したものが多い中で、これはあの世とこの世を往来したという、びっくりするような中身である。合評会では「ドキッとしますね」という声もあったが、とにかく人目を引く。さらに、「あの世ではご両親や先に逝った仲良したちと歓談し、此の世では孫たちと遊び、実に羨ましい」と口々に褒めそやされた。
 しかし、つらつら思うに、これほど目出度い句も珍しい。富士山どころか、あの世を悠々と経巡って戻って来たというのだから、まさに仙人の境地である。ご本人は「いやいや、酔っぱらって朦朧として見る夢です」としきりに照れていたが、近来ますます脱俗の雰囲気を漂わすその姿に、一同あやかりたいとの思いを深めたのであった。
(水 20.01.01.)

明けましておめでとうございます


 双牛舎「みんなの俳句」は平成20年1月1日にスタートしましたが、平成31・令和元年の昨年は特に素晴らしい句が続々登場し、またコメンテーターとして気鋭の評者が沢山参加して下さったこともあって、非常に生きのいいブログに育ちました。
 お陰様で来訪者が年々増加し、昨日令和元年大晦日には累計来訪者が何と11万9千8百人を突破しました。この調子だと新年早々に「累計来訪者12万人突破」ということになりそうです。令和2年も運営幹事一同張り切って相勤めます。どうぞご愛読下さるようお願いいたします。
       *       *       *
《お願い》コメントをお書き下さい
 太字になっている句(見出しの句)をクリックすると、その句だけのページになります。マウスを下にずらすと、「関連する記事」などの後に、「この記事へのコメント」という欄が現れます。右下隅に「コメントを書く」という欄がありますから、そこをクリックすると「コメント入力欄」が現れ、そこに「名前」(俳号でも)、メールアドレス、ホームページアドレス(無ければ空欄でいい)を記入し、その下の「コメント」とある空欄に書き込み、書き終えたら最下段の「書き込む」をクリックして下さい。あなたのコメントが掲載されます。
 コメントを読みたい場合は、画面右側の三番目の窓(「リンク集」の二つ下)に「最近のコメント」が載っていますので、ご希望の句をクリックして下さい。その句のページが現れますので、スクロールするとコメントが現れます。

           令和2年元旦 双牛舎みんなの俳句 幹事代表 大澤水牛

小春日や紙の鼠に置く目鼻    須藤 光迷

小春日や紙の鼠に置く目鼻    須藤 光迷

『この一句』

 小春日和の暖かい日差しがたっぷり入る部屋で、正月飾りの鼠を紙細工で作っているのであろう。来年の干支は子(鼠)。粘土などでリアルに作ると嫌がる人もいるが、紙細工なら柔らかみと可愛らしさが出る。何体か作って、最後に目と鼻をチョンチョンと描き入れて出来上がり。「置く」という措辞が絶妙で、手仕事の喜びと、来る年を穏やか迎える心持ちが伝わってくる。季語の持つ柔らかな雰囲気ともぴったり合っている。
 作者は趣味の陶芸で個展を開くほどの腕前だが、紙細工もやっているという。実際に作ったのは紙を丸めて体を作り、目鼻を描いたものらしい。「折り紙で動物を作るのがブームになっている」とも話しており、年末に鼠づくりに精を出している人は結構いるのかも知れない。
 「小春日や」と大きな景を見せてから、「紙の鼠に」と近景に移り、さらに「置く目鼻」と手元にクローズアップする詠み方も、職人芸を思わせる。
(迷 19.12.31.)

封筒に切手貼り足す冬の雲    大下 綾子

封筒に切手貼り足す冬の雲    大下 綾子

『この一句』

 郵便料金は平成6年以降、はがき50円、封書(定型25g以下)80円という設定が20年もの長い間続いた。すっかりその料金に馴染んでいたが、消費税が8%になった平成26年に、はがき52円、封書(同)82円となってからは、はがきが62円になったり、この10月には消費税増税に伴い、それぞれ63円と84円になるなど目まぐるしく改訂した。
 筆者の手元には、20年間値上げしなかった期間に買った50円、80円の記念切手がたくさん残っていて、貼り足すための10円や2円の切手もある。手数料を払えば新しい切手と取りかえられるものの面倒だ。先日、封筒にうっかり62円切手を貼ってしまった。84円にするためにさらに10円切手2枚と2円切手を貼り足したが、貼るスペースはなくなるわ、見た目は悪いわで少し凹んだ。
 掲句は、このあたりの世知辛いというか情けない、しかし、切実な心情をうまく掬い取った素敵な時事句だ。この句に出会って間もなく、日本郵政グループ3人の社長辞任会見があった。3人が並ぶ姿を見ていたら、ぺたぺたと貼り足した切手を思い出した。
(双 19.12.30.)

北風荒るる沖をにらんで漁撈長  大倉悌志郎

北風荒るる沖をにらんで漁撈長  大倉悌志郎

『この一句』

 鈍色の空の下、北風の吹き荒ぶ岸壁で、沖を睨んだまま身じろぎもしない男の姿が浮かぶ。「出るべきか、待つべきか」。場所は、北海道ならば小樽や釧路…、あるいは青森や秋田…。漁場で男を待つのは鮭か鱒か、鱈か蟹か、鮪かもしれない。それらを思い浮かべ、気象情報を思い返し、男は口を引き結ぶ。
 この漁撈長は五十代だろうか六十代だろうか。旅先で漁師を見掛けることは多々あるが、若い人は少ない。農業や林業でも同様だ。今年は災害の多い年で、自然相手の仕事の厳しさ、難しさを痛感させられた。天候次第で、得るものが全くないどころか、船や網あるいは耕運機などを全て失う目に遭わないとも限らないのだから。
 我が身を振り返り「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という歌を思い出した。が、もっと気楽な商売がある。市町村や財務省、総務省などの公務員だ。情報漏洩の罪を犯しても、辞職すれば一件落着。退職金も年金ももらえるらしい。税金ドロボー。それはともかく、船が傾くぐらいの魚介類を積み、大漁旗を掲げた漁撈長の顔が見たい。
(光 19.12.29.)

冬夕焼けこの人生を肯定す    中嶋 阿猿

冬夕焼けこの人生を肯定す    中嶋 阿猿

『この一句』

 こういう句を作るのは難しい。投句するのはもっと難しい。そんなふうに思った。
 俳句で人生を語るのは特異ではないが、普通は何かの物や事に仮託し、真正面から「この人生」と詠むことは少ない。この句を散文を読むように意味をたどれば、きわめてポジティブな気持の表現と解釈することができ、ひとつ間違えば鼻持ちならない句と捉えられてしまう恐れもある。
 「この人生を肯定す」ときっぱり言い切る大胆さに、むしろそこにいたる逡巡や、憂いのようなものを断ち切ろうとする心のありようを感じた。そうでも言い切らないと「やってられないわ」というような作者の気持を感じた。「冬夕焼け」で切れて、「この人生を肯定す」ときっぱり切る韻文の効果から、そういう句意を濃厚に感じた。また、そう解釈すると、「冬夕焼け」の季語が、いっそう鮮やかで美しいものに感じられる。
 作者が女性だとわかって、「やっぱりなあ」と思った。こういうことを素直に表現するのは女性の方がはるかに得手である。男性にはなかなか作れないし、作っても投句する前に怖気づいてしまう気がする。すこし羨ましく思った。
(可 19.12.27.)

北風も仲間に入れて競技場   池村 実千代

北風も仲間に入れて競技場   池村 実千代

『この一句』

 寒風の吹く競技場での熱戦を詠んだ句である。サッカーもあるが、「仲間に入れて」の絶妙な措辞から考えると、ラグビーの試合しかないだろう。鍛え上げた十五人が楕円のボールを先頭に突進する。迎撃のタックルから肉弾戦が展開され、体は湯気を発する。北風が心地よく感じられるほどだ。スタンドの観衆も体を揺すり、叫び、グランドの選手と一体化する。
「one for all(みんなのために)」というラグビーの本質を語る言葉がある。選手を観衆を、そして北風までも巻き込んで仲間にする。これほど一体化を実感するスポーツは他にないと思う。
 作者は息子二人をラガーマンに育てた。真冬の競技場で何度も子供に声援を送ったであろう。「仲間に入れて」は、現場に身を置いた人だから詠める言葉で、競技場のどよめきまで聞こえて来るようだ。2019年秋のワールドカップで日本代表はベストエイトまで進み、日本中が熱狂した。あの活躍ぶり、一体感もよみがえってくる。
(迷 19.12.26.)

しぐるるや動物園の裏の道    横井 定利

しぐるるや動物園の裏の道    横井 定利

『この一句』

 「時雨」の感じが実によく伝わって来るなあと、句会では一も二も無く採った。何がいいのかと言うと、動物園の裏道と「時雨」の取り合わせが何とも言えない味を出しているのだ。
 上野動物園も、天王寺動物園でも、私の地元のささやかな野毛山動物園も、裏の道はまことに寂しい。動物が逃げたりしないように、片側をかなり高い塀が連なる淋しい道である。深夜は通る気にならない。夕闇迫る頃合い、時雨の降りかかる頃など、何とも言えない雰囲気である。自然に足を早めている。
 動物園の裏道がどうしてこんなに寂しく、時に陰惨ともいうべき空気が漂うのだろう。上野動物園の裏道を歩きながら考えた。そして気が付いた。囚われの動物たちの呻きがここに澱のように溜まっているのだと。
 私は動物園が大好きで、二ヵ月に一度は出かけている。そして小さな狸や狐からライオン、象などの大きな動物まで、飽かず眺め、元気を貰って帰って来る。しかし、そうして人間を楽しませてくれる彼らは、死ぬまで釈放されることのない無期懲役なのだ。
(水 19.12.25.)

踏ん切りのつかぬ帰郷や都鳥   廣田 可升

踏ん切りのつかぬ帰郷や都鳥   廣田 可升

『合評会から』(番町喜楽会)

青水 季語の「都鳥」を帰郷にうまく結びつけましたね。「百合鷗」だとこうはならない。
迷哲 日経新聞に連載中の「業平」の歌の本歌取りですね。我々田舎から出て来たサラリーマンの、なかなか故郷に帰れない思いをうまく表現しています。
満智 義務とわかっていても帰郷に気乗りしない心持ちを「踏ん切りのつかぬ」とうまく表現し、帰郷を「都鳥」とからめたところにも感心しました。
斗詩子 都会に長く暮らして定年を迎え、「故郷に帰ろうか、いやもう…」と逡巡する人は多いでしょうね。
可升(作者) 具体的には何もありませんが、夫婦で「大阪に帰らなくてもいいのかな」と話すことがあります。
          *     *     *
 戦中派から団塊の世代の少し下まで、高度成長期に地方から東京や大阪に働きに出た人達にとって、「故郷は遠くにありて想うもの」どころか、家や墓の問題につながる、すこぶる気に懸かる存在になっている。そのあたりの心情をたくみに掬い取った佳句である。
(光 19.12.24.)