静かなり白磁の皿の黒葡萄   藤野 十三妹

静かなり白磁の皿の黒葡萄   藤野 十三妹

『合評会から』(日経俳句会)

ヲブラダ 静物画の情景に、「静かなり」とあえて表現されると、凛とした気持になります。
守 モノクロームの世界、静謐感が伝わってきます。実景なのか静止画を見ながら詠まれたのか。
ゆり 「静物画」そのものだとは思うんですが、絵にも、詩にもなるってことですね。巨峰を前にすると、少し気構えてしまいます。
定利 中七、下五はすごくいい。「静かなり」は結果です。結果は云わないで、何かほかのことを……。
          *       *       *
 まさに額縁に納まったような句である。白い皿に大きな黒い葡萄が一房載っている、ということを詠んだだけである。しかし、白と黒の鮮烈な対比が読者の脳裏にくっきりと刻まれ、葡萄の存在感がありありと浮かび上がってくる。物音の全くしない空間の白磁と黒葡萄。それを「静かなり」とあえて言い切った。
 失礼を省みず言えば、この作者は人を驚かすような奇矯な句を詠んで、そのとおり皆が驚けばしてやったりと快哉を叫ぶといったところがある。それが一転、こうした正当派の格調の高い句を投じる。しかし、こうして褒めると、これまた「大向うを唸らせるのなんぞ至極簡単なのよ」と、大好きなお酒を呷りつつ呵々大笑するに違いない。
(水 21.10.07.)

秋の暮駆け戻りたきふるさとへ  向井 ゆり

秋の暮駆け戻りたきふるさとへ  向井 ゆり

『この一句』

 テレビ東京で人気の「出没!アド街ック天国」は、ある街を詳細に紹介する情報番組だ。最近、その番組で作者の故郷・君津が取り上げられたという。それを観ていた作者は「思うように帰れないもどかしさもあって、たまらなく感傷的に」なったそうだ。今の住まいから実家へはさほど遠くない距離だが、県をまたぐ移動は控えるように、という緊急事態宣言中はおいそれとは帰れない。単に「帰りたい」を通り越して「駆け戻りたき」ほどの望郷の念。この句を選んだ人それぞれが自らを重ね合わせていた。
 一方、同じ句会の「林檎むく正座の母のなつかしき」という木葉さんの作品も人気があった。こちらも同じように、母恋し、ふるさと恋しの望郷の詩だ。木葉さんの故郷は遠く、北海道。句からは、常に正座を崩さなかった毅然とした立ち居振る舞いの女性が浮かび上がる。さらには、そんな母が居た生家のイメージも。
 先日、当欄で紹介された「故郷は釣瓶落しの海の果て」の作者迷哲さんも、コロナ警戒もあり2年近く故郷・佐賀に帰ってない、とコメントしていた。そういえば、筆者も長いこと故郷(福岡)に帰っていない。
 暑い夏が終わり、秋風が心地よい季節を迎えると、誰しも故郷が恋しくなる。釣瓶落しの秋の夕暮どきは、一入だ。
(双 21.10.06.)

別所線に案山子百体新風景    堤 てる夫

別所線に案山子百体新風景    堤 てる夫

『この一句』

 別所線は、北陸新幹線の上田駅と北向観音に近い別所温泉駅を結ぶ上田電鉄の路線である。全長11.6kmほどのローカル線で、大方の人は名前を聞いてもピンとこないだろう。しかし「2019年、台風19号で千曲川に架かった赤い鉄橋が落ちて…」と言えば、思い出す人も多いのではないか。その復旧がなったのは今春のことだった。
 その沿線に突如、百体もの案山子が出現したというのだ。「正確には130体」という説も聞いた。いずれにせよ、どんな格好の、どんな表情の案山子なのだろうか。草取りに励んでいる女、稲架を組んでいる男、一休みしてお茶を飲んでいる一家など、様々なものが想像される。ウォーキングラリーさながらに、それらを眺め歩きたい。
 案山子を活用したイベントには、数年前に奈良で出合った。高松塚古墳のある所から奥へ入った所で、雨催いのせいもあり、タクシーで見て回った。百体はなかったと思うが、「柿食えば…」の柿が随所に光っていた。上田の場合、果物となれば葡萄や林檎だろうか。特産品には松茸もある。今年が開業100周年という別所線で、洋装あり和装ありの案山子に会ってみたい。
(光 21.10.05.)

知っている花の名少し大花野   嵐田 双歩

知っている花の名少し大花野   嵐田 双歩

『合評会から』(酔吟会)

三薬 私なんかもほとんど知りません。教えてもらってもすぐ忘れてしまう。気分良く歩ければ、それで十分。
てる夫 そうだねえ、と誰もが思う一句です。
水牛 秋草は地味で、名前のわからないものばかり。でも、それぞれ可憐な花を咲かせている。それを一つ一つ見ながら歩く。いつまでたっても向こう端に行き着かないと連れに急かされる。
水兎 本当に、いつもそう思います。大澤さんに教えられて、少しずつ花の名を覚えましたが、まだまだ教わらなければと思います。
ゆり たまにバラとカーネーションの区別もつかない方がいらっしゃいますが、そもそも見ていないんですよね、花を。
          *       *       *
 この句を採らなかった理由がわかった。あまりにも図星だったからである。人は己の弱点を指摘されるとそこから逃避したくなる。それくらい花の名を知らない。とくに、ゆりさんの評は耳に痛い。さすがにバラとカーネーションの区別はつくが、「見ていないんですよね、花を」はぐさっと刺さる。最近、マリーゴールドがわかるようになって連れ合いに褒められた。これはひとえに“あいみょん“のおかげである。
 この句には「ハナノ」の音が二つある。心地よいリフレイン、隠し味である。
(可 21.10.04.)

野分晴海の上ゆくモノレール   星川 水兎

野分晴海の上ゆくモノレール   星川 水兎

『合評会から』(日経俳句会)

明古 野分晴の、眩しい空と海の間を走るモノレールに乗っている。気分も爽快だろう。
芳之 青い空と海をバックに走るモノレールが誇らしげに感じられます。
守 台風一過の青い空が目に浮かびます。
          *       *       *
 海に囲まれ島も多い日本だから、海上モノレールは各地にあるのだろうが、句を見た途端私の脳裏には東京モノレールが浮かんだ。昭和39年(1964年)9月、東京オリンピックで外国人客が押し寄せるのを当て込み、浜松町駅と羽田空港を結ぶ日本初の本格的モノレールが開通した。当時、航空担当記者として羽田通いをしていたから、試乗会に始まって、このモノレールにはお世話になった。
 しかし、オリンピック開催前後こそ大賑わいだったこのモノレールも、その後はガラガラになってしまった。2両連結の車両に乗客は私一人ということもあった。浜松町から羽田まで片道250円という高額乗車賃がネックになったのだ。JR(当時は国電)の初乗り運賃が20円、タクシーが100円、ラーメンが50円の時代である。一時はあわや倒産と言われたが何とか持ち直し、今では隆盛を誇っている。
 浜松町を出発するとまもなく左手に海が見える。視界がぱっと開けて、野分晴れの朝などまことに気持がいい。この句は身も心も晴れ晴れの気分をストレートに詠んでいる。
(水 21.10.03.)

鞍はずす駱駝に釣瓶落しかな   谷川 水馬

鞍はずす駱駝に釣瓶落しかな   谷川 水馬

『この一句』

 番町喜楽会の9月例会に「釣瓶落し」の兼題が出された。秋の日暮れの早いことを表す季語で、「秋の日は釣瓶落し」の慣用句に由来する。兼題を出した大澤水牛氏の解説によれば、江戸の昔から使われた言葉だが、季語となったのは新しく、昭和になって山本健吉が提唱してからという。
釣瓶井戸を使ったことのある昭和世代には郷愁を誘う季語だが、いかんせん6音で使い勝手が悪い。この6音をどう句の中に無理なく収め、夕陽の景と組み合わせるか、結構苦しんだ。
 掲句は釣瓶落しに詠嘆の「かな」を加えた8音を使いながら、残る9音で駱駝を登場させ、砂漠の雄大な夕景を描くことに成功している。ことに上手いのは冒頭の「鞍はずす」という表現。これにより駱駝が長旅か仕事を終えて夕方に戻ってきたことが分かる。駱駝と鞍とくれば砂漠が連想され、「釣瓶落しかな」と響き合って、駱駝が越えてきた砂漠に沈む大きな夕陽が見えてくる。
 句を読んで、シルクロードを描いた平山郁夫の絵が浮かんできた。句会では同感の声もあったが、「平山郁夫の絵を思い出して逆に採れなかった」(可升)という意見もあった。絵と句のイメージが近くて、描かれた世界を句でなぞったように感じられたのかもしれない。しかし「鞍はずす駱駝」には確かな生活感がある。作者は句に詠まれた光景をどこかで目にしたに違いない。
(迷 21.10.01.)

宮相撲都会から来た子の本気   中嶋 阿猿

宮相撲都会から来た子の本気   中嶋 阿猿

『季のことば』

 もう村相撲やら宮相撲などは全国にいかほど残っているのだろうか。伝統行事としてローカル紙やテレビが時たま報じるようだが、あまり印象にない。そもそも大相撲にしても新弟子確保に苦労し、モンゴルなどから素質のありそうな少年を引っ張って来るのが現状である。相撲部を抱える高校、大学があり(女子部員も少数ながらいる)これが最後の砦となっているようだ。
 この句は神社の秋祭の奉納相撲を詠んだ。小学生か中学生の部で、この年頃は世故に通じていないから、真剣に勝負に挑んでくるのだろう。「都会から来た子」とあるので、田舎に越して来た少年ともみえる。今日日ちょっとレアケースとも思えるが、コロナ禍でリモート勤務ができる両親が田舎に居を移したと取ればよいか。
 都会っ子は田舎で苛められるのが通り相場だ。戦中の学童疎開経験者の悔しさはよく聞く。この都会っ子はそういうこともあってか、田舎のガキ大将に本気でぶつかっていく情景を彷彿とさせ写実味を出している。「都会から来た子の本気」と、口語体のぶっきら棒が効いている。上五は草相撲、村相撲でもいいと思ったが、作者は宮相撲と格調を選んだか。
 筆者の小学生時を思い出す。大柄な子との対戦で意気込み、一気に押し出さねば負けると猪突猛進した。が、ひらり躱され自ら土俵を飛びだした。これも「本気」ゆえ。
(葉 21.09.30.)

無駄に慣れ秋の長雨家籠り    大平 睦子

無駄に慣れ秋の長雨家籠り    大平 睦子

『この一句』

 メール句会の選句表でこの句を見た時、気にかかって印を付けたのだが、何回読み返しても、「無駄に慣れ」の意味合いが掴めず、やり過ごしてしまった。
 これは秋黴雨に閉じ込められた情景だが、令和3年秋だから、もちろんコロナ禍による家籠りと重なっている。コロナ籠りはもう去年の春からずっと続いている。いい加減うんざりしているところに秋の長雨だ。くさくさした気分が積りにつもっている。この句はその鬱陶しさを十二分に伝えている。
 そこまではいいのだが、やはり「無駄に慣れ」に頭をひねってしまう。これと家籠りとがどうつながるのか。無駄にお金を使わないで済む家籠りは、無駄を省くことになりこそすれ、「無駄に慣れ」ることにはならないのではないか。そんな理屈をこねくり回していたものだから、この句が分からず仕舞いになった。
 はたと気がついた。素直にそのまま受け取ればいいのだ。籠居のために余計なものまで買い込んで腐らせてしまったりするのが「目に見える無駄」だが、籠居にはそれよりもずっと多くの、目に見えない「無駄」がある。何よりも「毎日何もしないで寝て起きるだけの暮らし」が最大の無駄ではないだろうか。
 作者はそこに思い至ったのではないかと推察した。だが、何もしないことに慣れてしまうと、それはそれで結構のんきである。“公認の狡休み”だ。しかし、と又考える。やっぱりこれはおかしいなあと。
 私の解釈はとんでもない見当はずれかも知れない。晴れて対面句会でお目にかかったら、正解をうかがおう。
(水 21.09.29.)

敬老日おしゃべりロボと夜は更けて 岡田鷹洋

敬老日おしゃべりロボと夜は更けて 岡田鷹洋

『この一句』

 人と会話のできるおしゃべりロボットは多種多様な製品が販売されている。センサーで利用者の呼びかけや動作に反応し、内蔵の会話パターンから返事をするのが基本的な仕組みだ。高級機種になるとAIの学習機能を備え、会話の内容を記憶してパターンを増やし、あたかも家族のようなやり取りができる。人形型、動物型、ロボット型など形態も様々で、歌ったりダンスを披露するものもある。子供のおもちゃにとどまらず、独身女性や若い世帯のペット、さらには高齢者の話し相手として利用者が増えている。
 掲句は敬老の日を取り合わせているので、高齢世帯を描いたもの。秋の夜長にお年寄りがロボットとのおしゃべりを楽しんでいる。一人暮らしや老夫婦だけの世帯は、どうしても会話が乏しくなる。年寄との会話を嫌がらず、いつでも相手をしてくれるロボットは、離れて暮らす子供や孫よりも身近な存在といえる。夜が更けるまでおしゃべりが続くのも無理はない。
 まことに現代的な景を切り取った句だが、一抹の淋しさも漂う。せっかくの敬老日、本当は子供や孫からの電話を心待ちにしていたのかも知れない。夜になっても電話はなく、ロボとの会話で淋しさを紛らわせる。「夜は更けて」の下五からはそんな思いも読み取れる。
(迷 21.09.28.)

檜枝岐歌舞伎一幕釣瓶落とし   野田 冷峰

檜枝岐歌舞伎一幕釣瓶落とし   野田 冷峰

『季のことば』

 秋の季語にいう「釣瓶落し」は皆ひとしく感じる感覚である。興味あって、なぜ秋はつるべ落としなのかちょっと調べてみた。一般の言葉でもあるが、「薄明」という天文用語があるのを知った。太陽光が上空の微細な浮遊物に散乱反射して光り、日の入り後もしばらくは暗くならない現象をいうのだという。9、10月は日没時間が早まるうえ、夏に比べて薄明が短くなるため急に暗くなったと感じるらしい。世界中どこでもありそうな現象だろうが、日本の場合はことに風趣がある。
 掲句は作者が実際の輪の中にいた光景を詠んだと思える。「釣瓶落し」の舞台によい場所と光景を持ってきたものだと一票を投じた。檜枝岐歌舞伎はご存じのように南会津の秘境といっていい檜枝岐村に、江戸時代から伝わる農民演じる歌舞伎だ。現在も村の観光資源となっており村民が伝統を守っている。作者はいまその舞台を見ているのか、過ぎし日の想い出に浸っているのか、まあどちらでもいい。演目はなんだろう、ともかく一幕が終わった。定式幕が閉じられて舞台の明りがさえぎられる、と同時に日が完全に沈んだとみる。薄明りだった周囲が急に暗くなった。過疎だ、限界集落だと懸念される昨今だが、村人は変わらず元気に農民歌舞伎を演じている。上五、中七まで一気に読ませ、歌舞伎の重厚さまで表現したと思う。
(葉 21.09.27.)