江戸の海この辺までと老柳    植村 方円

江戸の海この辺までと老柳    植村 方円

『合評会から』(日経俳句会)

而云 柳の老木が生き残っている。旧家の門の横か、道路の脇か。久しぶりに柳を見た作者は、「江戸時代はあの辺まで海だった」と思う。
静舟 銀座の柳か。埋め立ての地の銀座の特徴を老柳で端的に表現している。
三薬 銀座か品川宿あたりか。柳並木の一画に立つ名所案内板には、ここらは昔海だった、と書かれている。老いた柳のたたずまいが、街並みにふさわしい。
雀九 新橋、品川の今は街中の老柳も、かつては浜風に揺れていた。
水馬 江戸の町は土手を守るための柳並木が多かったようです。銀座の風景も彷彿とさせる句ですね。
水口 江戸の海を見ていた老柳のつぶやきが聞こえてきます。老人が昔を物語っている風情もあって、まとまりのいい一句。
*       *       *
作者の弁「銀座と新橋の間、高速道路のガード下にあるあの記念碑と、側にある痩せこけた柳を思い起こして作りました。あのあたり、昔『橋善』という天ぷら屋があり、かき揚げが名物でした。年に数回、一家そろって橋善に行くのが最高のごちそうでした。懐かしいところです」。
これがすべてを語っているのだが、舞台裏をあからさまにすると、この辺の柳は戦災ですっかり無くなり、その後に植えられたものは1964年の東京五輪当時の区画整理で根こそぎにされ、「老柳」は絶無。その後に植えられたのが今やみずみずしい枝葉をそよがせている。
(水 21.05.06.)

泣きじゃくる赤子の頬に花吹雪  久保田 操

泣きじゃくる赤子の頬に花吹雪  久保田 操

『季のことば』

 桜ほど日本人に愛されてきた花はない。咲くにつけ散るにつけ、桜の花に心情を重ねて俳句や短歌に詠んできた。花と言えば桜を指し、関連する季語も多い。散る桜を表す季語だけでも、落花、飛花、花散る、散る桜、花の塵、花筏など枚挙にいとまがない。花吹雪もそのひとつで、咲き誇った桜が風に散り乱れる様を吹雪に譬えたものである。
 掲句はその花吹雪に泣きじゃくる赤ん坊を取り合わせる。眠る赤ちゃんや笑う子供と桜の花を詠んだ句は時々見るが、泣きじゃくる子は意外性があり、俳諧味を感じる。実際に見た光景を詠んだ写生句でもおかしくないが、意識して取り合わせた句と考えたい。花吹雪は盛りを過ぎた桜が、最後に見せる壮麗な滅びの舞である。これに対し、泣きじゃくる赤子は懸命に生きようとする生命力の象徴といえる。滅びの美と生命の泣き声が一句の中で交錯する。
 同じ日経俳句会に「花吹雪両手に受けて吾子駆ける」(岩田三代)の句も出され、高点を得た。花吹雪を掴もうと駆け回る子供の姿が浮かんできて、微笑ましい。幼子と花吹雪の句が、同じ句会で並んだのは偶然も知れない。しかし滅びをはらんだ花吹雪の妖しい美しさに対抗するものとして、無意識のうちに幼子のパワーを求めたと思えてならない。
(迷 21.05.05.)

遅き日や部活終りのトンボがけ  向井 ゆり

遅き日や部活終りのトンボがけ  向井 ゆり

『合評会から』

三代 日が長くなり、夕方遅くまでの部活動を終えてトンボがけしている部員の姿が浮かびます。
鷹洋 陽がまさに落ちようとする時、長時間の練習を終えた運動部員が黙々と地ならししている。私も幾年か立ちあっただけに、一入懐かしく感じました。
朗 練習の充実感と薄暮の感じがマッチしています。青春讃歌ですね。
迷哲 中学時代を思い出しました。伸びてきた夕陽の影が見えるようです。
三薬 日が伸びた校庭ののどかな時間。しごかれてフラフラ、なにが長閑だ、と怒る向きもあるだろうが。「部活やめなさい」都知事が指示を出す昨今、こんな風景も遠くなりました。
        *        *        *  
 「トンボ」とは正しくは「グラウンドレーキ」といい、野球場などのグラウンドの地ならし道具。蜻蛉に形が似ているのでそう呼ばれるようになったという。
 学校の部活動の場合、グラウンド整備は一年生がやらされるのが通り相場だ。上級生が帰り支度をしているのを横目に、黙々とトンボを引いている坊主頭の少年たちが思い浮かぶ。トンボかけの手を休め、汗を拭う。ふと夕日が目に入った。「あれ、なんかまだ明るい」。子供心にも遅日を実感するのはこんな時だろう。
 三薬さんも触れているとおり、コロナの影響で全国各地の学校で部活が休止になっていると聞く。「学生達が普通の学校生活を取り戻せるように」、作者がこの句に込めた思いだという。
(双 21.05.04.)

いくたびの試練の銀座柳かな   旙山 芳之

いくたびの試練の銀座柳かな   旙山 芳之

『合評会から』(日経俳句会)

反平 銀座の柳とくれば藤山一郎を思い出すけれど、関東大震災、戦災、そしてコロナと人通りを減らす災厄があった。今の柳は何代目なのだろう。
木葉 柳といえば銀座で定番の詠みだが、名物の柳並木も戦災やら行政の恣意やらで無くなったりした歴史がある。いまは西銀座に柳通りとしてわずかに生き残っている。不死身の柳にエールを送る作者なのでしょう。
阿猿 先週久しぶりに銀座を訪れた。東京五輪を見越してリニューアルした駅に人影はまばらだったが、百貨店の食料品売り場は大混雑。銀座という街のしぶとさを感じた。なんとなくそれと結びついた句だったので。
冷峰 歌にも詠まれ、戦火を潜り抜けた銀座の柳は風情があります。
           *       *       *
 作者は「銀座は今回の試練も柳のようにしなやかに耐えて、乗り越えるだろうという思いを込めました」と自句自解している。木葉さんの言うように、今、銀座の柳と言うと「柳通り」が真っ先に浮かぶのだろうが、私は銀座のハズレの新橋に近い“9丁目”高速道路沿いの柳並木が中々のものと思う。句友の方円さんと何かのはずみに、この近くにあった巨大な掻き揚げが名物の天ぷら橋善の話になった。橋善は潰れてしまったが、天国や佃煮の玉木屋などは頑張って居り、銀座・新橋の場末が意外に面白い。ひょろひょろだった柳も今や立派な並木になった。
(水 21.05.03.)

ため池を姿見にして若柳     堤 てる夫

ため池を姿見にして若柳     堤 てる夫

『この一句』

 作者の住む信州塩田平には、農業用のため池が点在する。句材を求めて近隣をよく散策する作者は、ため池のほとりで柳の若木を見つけ、この句を得たのではないか。ひょろりと伸びた柳の木が、緑の芽をつけた枝を伸ばし、水面に影を映している。あたかも柳が人間の如く池にわが身を映し、身を整えているように見えたのであろう。
 春爛漫の光景がくっきりと浮かび、池を吹き渡る風さえ感じられる爽やかな句であり、日経俳句会の4月例会で最高点を得た。選者の句評を読むと「江戸の美人画を見るようだ」(ヲブラダ)とか、「若い女性の仕草を連想させる」(弥生)など、女性をイメージした人が多かった。
 柳眉や柳腰の言葉が示すように、柳は女性的なものとして捉えられてきた。柳の下に出る幽霊もなべて女性である。曲がりくねった幹が女性の肢体を思わせ、風にそよぐ枝は細い腕とも揺れる髪とも見えるからであろう。
 水牛歳時記によれば、柳は雌雄異株で日本の枝垂れ柳はほとんどが雄の木との説があるという。奈良時代に中国からもたらされた枝垂れ柳が雄で、その枝が挿し木されて次から次へと日本中に広まったからだということらしい。真偽は不明なようだが、なよなよしていても雄の木だとすると、さて句の解釈も違ってくる?
(迷 21.05.02.)

幼子がブランコせがむ遅日かな   篠田 朗

幼子がブランコせがむ遅日かな   篠田 朗

『季のことば』

 こんど日経俳句会に入会した人の初めての作品である。長い会社務めから解放され、趣味の世界へ足を踏み入れてみようかという作者だ。日ごろ孫の世話が大変だと言って入会を躊躇していたが、やっと俳句に浸れる状況になったらしい。
 「遅日」という季語。なににでも合わせられるようで、これが遅日だとぴったりくる句を作るのはかなり難しい。時候、天文、地理、日常生活、行事などあらゆる事象を「遅日」に掛けあわせて作句が可能と思え、それだけにありきたりになりやすい。動物や植物と掛けても同様である。そこに作者は「ぶらんこ」を持ってきた。これも春の季語だとは思ったか思わなかったか。それはこのさい問題ではないだろう。ちなみに歳時記に載る「鞦韆」という重厚な漢語と「ぶらんこ」「ふらここ」の間には、同意の季語ながらなにやら別物のような気分がする。あまりにも三つの言葉の開きが大きい。
 季語はあくまで「遅日」。「ぶらんこ」は添え物であって、この句は暮れなずむ春の日の夕刻間近を主題として詠んだものだと分かる。孫の面倒をみる作者がせがまれて公園の遊具に向かう。しょうがないなあ、日暮れも近いけど行ってやらねばならないなという作者の心情と生活の一部が覗けた初作品となった。
(葉 21.04.30.)

羊水を漂ふ如き朝寝かな     須藤 光迷

羊水を漂ふ如き朝寝かな     須藤 光迷

『この一句』

 句を見て「なるほどなぁ」と深く頷いた。会心の眠りを十分に言い表しており、これぞ春眠!と言いたいほどであった。春眠の心地よさ、深さ、そして母親の羊水から宇宙的な命の誕生の歴史までを感じさせて「まさに秀逸」と評価しつつ、私は掲句を選んだのであった。ところが以上のような感想を句会で述べたところ、エライことになった。
 「そんなこと、男性だけが抱く、とんでもない幻想です。男のロマンかも知れませんが、お腹の中で生命を育てるという行為は女性にとって現実のこと。母親は赤ちゃんと一体で、出産は必死の作業なのです。羊水の中にいた事なんて誰も覚えていませんよ」。句会のリーダー役でもある女性の言葉に、私はまさに仰天、男の無知を実感するに至った。
 俳句というものの解釈や評価に男女の違いはない、と私はぼんやり思い込んでいた。誕生時の盥(たらい)の縁に反射する陽光を覚えている、という三島由紀夫の小説と掲句を同レベルに置いてのコメントも、真面目なものだった。しかし出産を体験している女性の言葉に反論の余地はない。俳句歴六十余年目に訪れた大ショック、と告白する。
(恂 21.04.29.)

偲ぶ雨枝も重かろ八重桜     工藤 静舟

偲ぶ雨枝も重かろ八重桜     工藤 静舟

『この一句』

 「偲ぶ」は「過ぎ去ったこと、離れている人のことなどを密かに思い慕う(広辞苑)」こと。例えば、「偲ぶ会」には故人と親しかった人が集う。掲句も亡くなった親しい人を想っているのだろう。雨の日に、満開の八重桜を眺めていたら雫の重みで花がうなだれていた。あんないいヤツが先に逝ってしまうなんて……。ついつい、友を偲んでいる自分に気づく。論語に「朋友切切偲偲」という一文があって、友達とはいつも心を込めて励まし合う、という意味らしい。「偲」の字を遣った作者の思いが読者に響く。
 同じ句会には、「こでまりを愛した人を偲ぶ朝」(池村実千代)という句もあった。この句の作者は最近、最愛の伴侶を亡くしたと聞く。こでまりの花が好きだったのだろう。こでまりは、花言葉の「優雅」「上品」にふさわしい気品のある花だ。きっと、お洒落で素敵なご主人だったに違いない。「こでまりを愛した人」と婉曲的な言い回しだが、「こでまりや愛した人を偲ぶ朝」と「や」で切ってみると、作者の心情がストレートに伝わる。
「偲ぶ」に込められた思いは、それぞれ違うもののそれぞれ深い。
(双 21.04.28.)

羊の毛刈るバリカンの一気呵成  塩田 命水

羊の毛刈るバリカンの一気呵成  塩田 命水

『季のことば』

 あまり馴染みのない春の季語に「羊の毛刈る」がある。育羊の盛んな地方の俳人くらいしか季語に採らないのではなかろうか。なにしろこの光景は、テレビでも春の風物詩としてごくまれに映されるくらいだから。日本では飼育頭数も一時に比べ相当減っているらしい。
作者は海上自衛隊の元幹部だった。この句は、若い頃航海でニュージーランドに行った時に見たシーンだと言う。
羊の国内最大産地である北海道育ちの評者は、その刈り取り光景を思い出した。育羊農家は春になると冬の間に伸びた羊毛を一頭一頭刈る。刈り取られた羊はヘアレスドッグのように情けない姿になる。横道に逸れるが、〝毛無し犬〟のルーツをたどると、古い三つの犬種に行きつくそうだ。三つといえば、サラブレッドも元は三頭の馬がルーツで、三という数字の一致は自然界の玄妙さを物語るようでなにやら面白い。
 閑話休題。羊毛を刈るときを羊の立場に立って見れば、屈強の男に押さえ付けられ、電気バリカンのちょっと大きいのであっという間に全身の毛を奪われてしまう。すっぽんぽんという表現があるが、まさにその通りだ。この句は「一気呵成」の慣用句があの光景を過不足なく表現していて成功したと思う。ジンギスカン鍋に最適なサフォーク種の肉の旨さまでちらついて、一票を入れた次第である。(葉 21.04.27.)

自粛時短柳に風の心持ち     大平 睦子

自粛時短柳に風の心持ち     大平 睦子

『この一句』

 「自粛」「時短」とジで始まる言葉が二つ並び、ハハーンと思って進めば「柳に風」なる意外な文句の登場。さらにそこへ「心持ち」という微妙な表現が付け加わった。言葉としては「コロナ」も「ワクチン」も姿を現さない。だがこれは昨年、疫病に憑り付かれ、二進も三進もいかない日本の鬱屈した状況を的確に掬い上げている。
 それにしても、外出自粛にもレストランなどの営業時間短縮にもいささかうんざりという市民の気分を「柳に風」とは実に巧く表現したものだ。気に懸かったのは、その後に続く「心持ち」が作者の気持ちなのか世間の気分なのか、どちらにも解釈できること。ここは後者と理解し、世の中を風刺する時事句と受け取った。
 それにしても、またまたの緊急事態宣言。今度は酒類の提供もダメだと。大声を出して喋るとコロナ蔓延につながるかららしい。この事態が、この先どれくらい続くのか。不通のコロナ接触確認アプリ、後手後手のワクチン調達、厚労省や政府、自治体などの仕事ぶりにはうんざりである。だが、改善の気配はない。「糠に釘」なのだ。
(光 21.04.26.)