富士塚や四日の海も橋も暮れ   須藤 光迷

富士塚や四日の海も橋も暮れ   須藤 光迷

『この一句』

 この句は令和二年一月四日の「東海七福神」吟行で詠まれた。富士塚は七番目の参詣場所となった品川神社の境内にある。季語は「四日」である。「元日」のみならず、「二日」「三日」「四日」「五日」「六日」「七日」と七草までは毎日が季語になっていて、それぞれにきちんと本意がある。「四日」は「三が日が済んで、この日を仕事初めとするところが多い」と説明される。この日は土曜日であったために、実際の「仕事初め」は六日の月曜日だったのかもしれないが、やはり街の中には、世間がまた元の通り動き始めたという気分が濃厚にあった。
 東京近辺には富士塚や浅間神社はたくさんあるが、ここの富士塚はその中でもひときわ高く、登山口などもあって立派なこしらえのものである。筆者は残念ながらこの日は富士塚に登れなかったが、おそらく作者の目には、レインボーブリッジや東京湾が見透せたのではないかと想像する。「暮れ」の二文字は、それが茜色の夕焼けに染まる光景であったことと、「正月もあっという間に終わってしまったなあ」という思いで詠まれたことの両方を想起させてくれる。広重の描く浮世絵を見るような詩情豊かな句である。
(可 20.01.14.)

疊屋の旧字古びぬ初仕事     嵐田 双歩

疊屋の旧字古びぬ初仕事     嵐田 双歩

『季のことば』

 新年1月4日に句会恒例の七福神巡り吟行を催した。今年は旧東海道に沿って品川宿近辺の7社寺を回った。掲句は青物横丁商店街にある畳屋を詠んだもの。江戸時代から240年続く老舗で、仙台藩の御用を務めていた由緒がある。店構えは古く、看板の「疊」の字も旧字で書かれている。
店内を覗くと松も明けぬうちから、七代目という店主が忙しげに立ち働いている。「初仕事」は「仕事始」と同類の季語で、新年に初めて仕事に取りかかることをいう。今年は暦の関係で役所や企業は6日が仕事始めとなったが、例年であれば三が日を終え、4日に仕事始めというところが大半だろう。
作者は畳屋の古びた外観と対照的に、4日から精力的に働く主人の姿に老舗を守り続けようとする意気込みを感じたのではないか。「旧字古びぬ」という巧みな言い回しが、そうした思いと初仕事の清新な緊張感を伝えている。
(迷 20.01.13.)

松明けて朝のトースト匂ひけり  宇佐美 諭

松明けて朝のトースト匂ひけり  宇佐美 諭

『季のことば』

 朝食はご飯かパンか。男性はご飯派がやや優勢、女性はパン派がやや優勢。年代別では意外なことに、若手の二〇~三〇歳代はご飯派がやや優勢、四十歳以降はパン派がやや優勢だとか。ともかくご飯派、パン派はいい勝負だが、「両方」「交互に」派も多く、朝のトーストの香りで「正月の終り」を感じる人が非常に多い、と言えるのだろう。
 ところでトーストの香りとは? 私(筆者)はパンが少し焦げた匂いだろうと思っていたが、そこにバターを塗った香りだ、と言う人がいて、分からなくなってきた。ネットで調べてみたら、「焼きたてトーストの香りの香水がイギリスで開発された」というような情報ばかりが出てきて、匂いの正体は不明のまま。
 我が家の場合、正月の三が日は雑煮お汁粉などの餅が朝の定番。それからはご飯かパンのどちらかとなるが、退職後の朝はご飯が圧倒的に優勢になった。そうか、トーストは出勤日の朝の定番だった、と気づく。この年末年始は“九連休”だとか。トーストは松明け(七日)の頃から匂い出すはずである。
(恂 20.01.12.)

古都大路信号守る冬の鹿     谷川 水馬

古都大路信号守る冬の鹿     谷川 水馬

『おかめはちもく』

 鹿が街と生活に溶け込んでいる奈良らしい光景である。鹿は人と車の動きをよく見ており、あたかも信号を守っているように交差点を横断する。奈良公園の周辺でよく見られるようで、ネットにも目撃談や動画がアップされている。
 句会でも「実体験を上手に句にした」「鹿は団体行動をするので信号を守っているように見えるのだろうが、上手く詠んだ」と点を集めた。古来、神の使いとして保護されてきた鹿が、現代社会のルールである信号を守って共存しているところに面白みが感じられる。
 ただ「鹿は秋の季語なので無理やり冬を付けた感じだ」、「古都大路に鹿とくれば、ややくどいので古都は不要では」との指摘があった。作者によれば実際に見たのは鹿の親子が交差点を渡っている光景で、本当はその親子を詠みたかったとのこと。
 そこで出てきた改善案が「冬大路信号守る親子鹿」。子鹿を守り注意深く道路を横断する親鹿の姿が浮かんできて、さらに趣の深い句となった。句会の衆知を集め、作者も納得の添削ではなかろうか。
(迷 20.01.10.)

一匹の逝きて二人の年の暮    廣田 可升

一匹の逝きて二人の年の暮    廣田 可升

『合評会から』(日経俳句会合同句会)

弥生 「一匹」と「二人」の対比が効いています。大切な一匹が死んだ情感がよく出ています。
十三妹 我が家も猫三匹が一匹ずつ死んでいって、最後の一匹が死ぬと、夫婦のかすがいが無くなったようで家が寒々としてきました。
水馬 私のところは半年くらい看病したハスキーが死んだ。ものすごい存在だったのでまさにこの感じです。
てる夫 年の暮れにこんな状態になると本当に寂しいんだろうなと。たまらずにペットショップに出かけるのだろうかなどと想像していただいた。
静舟 老後、家族同様の愛犬愛猫の喪失感がしみじみ。
       *       *       *
 作者によると飼猫が二十二年と七カ月で死んでしまったのだという。人間なら優に百歳超えの大長寿。晩年はしょっちゅう医者通いで、最後までやり切った感じだそうだが、家族同然の存在だったから哀しみはかなりのもののようだ。近ごろはペットも長生きするから、こうした光景がそこかしこに生じる。
(水 20.01.09.)

角巻や母の背に出す赤ほっぺ   工藤 静舟

角巻や母の背に出す赤ほっぺ   工藤 静舟

『季のことば』

 「角巻(かくまき)」は、雪国特有の女性用の防寒着。簡単に説明すると四角い毛布を三角形になるように二つ折りし、その長辺をすっぽり頭から被って風雪から身を守る。赤子を背負い、ねんねこ代わりに使うこともあるという。「どてら」や「ちゃんちゃんこ」などと同じで、ダウンコートを纏った今の若い人には縁のない防寒用品だ。もっとも九州出身の筆者も実は角巻は馴染みがない。昔の写真集や映画などの映像でなんとなく見た事がある程度だ。今はもうあまり見かけないのかと思ったら、青森では角巻の文化を残し冬の観光資源の一つにしようと、「デザイン角巻」という現代風にアレンジした新作を毎年発表しているという。
 青森出身の作者には、角巻は昔懐かしい原風景なのだろう。厳冬期が過ぎ、いくらか寒さが緩んだころ、母におんぶされた幼子が角巻から笑顔を出している景色が目に浮かぶ。筆者もそうだが、この句を採った人は角巻をよくは知らなくても、作者の郷愁の気持ちが心に響いたのだと思う。句の「赤ほっぺ」の子は作者自身かもしれない。その子の瞳には、きっと岩木山が映っているに違いない。
(双 20.01.08.)

まな板の傷も古びし年の暮    星川 水兎

まな板の傷も古びし年の暮    星川 水兎

『合評会から』(日経俳句会合同句会)

弥生 とても作れない句です。ミクロな材料を丁寧に詠んでいい句です。
三薬 「男子厨房に入る」の爺さんの句だと思う。年の暮れに詠んだのは、そうだと思わせていい句。
阿猿 まな板の傷なんてあまり目の行かないところ。この季節に合っていて、買い替えたのかどうか関心があります。
可升 「傷」って、プラスチックじゃなく木のまな板なんでしょうね。
双歩 「まな板の傷」いいところに目を付けたものです。
       *       *       *
 忘年句会で評判になった句。忙しない歳暮、悔やみ惜しむ事の多い年の暮れ、来る年に希望を抱いて・・といった所が暮れの句会に集まる句なのだが、この句は「まな板の傷」という何とも地味なものを詠んで、却って人目を引くこととなった。合評会でも口々に目の付け所の良さが褒めそやされた。仕事をばりばりこなす人だけに、「まな板買換なきゃ」と思いつつ年の暮れになってしまったということなのだろうか。でもね、まな板の傷は主婦の勲章ですよ。
(水 20.01.07.)

なまはげも老いの坂なり蓑重し  河村 有弘

なまはげも老いの坂なり蓑重し  河村 有弘

『合評会から』(三四郎句会)

雅博 なまはげをやる人は年々年を取っていく。「蓑重し」。確かにあの蓑は重いでしょう。
信 男鹿半島の資料館で見た蓑はとても重そうだった。老人には堪えますよ。
正義 多少の世代交代はあっても、なまはげの主体は老人です。あの蓑はずしりと来るはずだ。
有弘(作者) 雪の坂は特にたいへんだろうと思いました。
進 ユネスコ無形文化遺産登録のニュースを見て、後継者不足を感じた。地元の人には悩みがあるらしい。
         *         *          *
 ナマハゲは「男鹿(秋田)のナマハゲ」として国の無形文化財になっているが、ユネスコの無形文化財としては「来訪神、仮面・仮装の神々」として登録された。異形の仮面をつけて家々の厄払いをする民間行事は日本各地にあるようだ。「悪い子(ご)は居ねがー」。正月の夜に聞いた恐ろしい声は、大人になっても耳の底に残っているという。
(恂 20.01.06.)

命名の筆の硬さよ初硯      高井 百子

命名の筆の硬さよ初硯      高井 百子

『季のことば』

 初硯(はつすずり)は、歳時記によれば「正月になって初めて硯で墨をすること、またその墨で字を書くこと」。書初と同様に新年の季語だが、書初が書く行為や書いた字を詠んだ句の多いのに対し、初硯は「病床に膝揃へけり初硯 波郷」など硯に向かう心境や自然の営みを詠み込んだものが大半だ。
 掲句は命名に臨む緊張感を、筆の硬さと、初硯の季語の静謐感に重ねている。今どきの親は、スマホやパソコンで名付け支援サイトにアクセスし、気軽にキラキラネームを付けていると聞く。命名に硯と筆を使うのは、やはり祖父母の世代であろう。
 孫の健やかな成長を願って、硯に向かい墨を磨る。筆は命名用に新しく買ったのか穂先が硬い。「筆の硬さよ」の七文字から、孫の命名に対する真剣な思いと、喜びが伝わってくる。初硯の季語と響き合って、初春にふさわしい、誠にめでたい句である。 
(迷 20.01.05.)

一心に無病息災福詣       嵐田 双歩

一心に無病息災福詣       嵐田 双歩

『合評会から』(池上七福神吟行)

二堂 私も七福神に健康を祈ってきました。「一心に」がとても効いています。
実千代 一日一日が元気に過ごせますように。それが今一番大切な願いです。
光迷 もう健康以外何も祈るもののない年頃です。健やかに生きて、来年も元気に七福神吟行に出掛けましょう。
白山 世界も日本も今年どうなるか判りませんね。ただ祈るは無病息災だけ。
てる夫 まっとうに七福神にお参りしたのは誰だろう、と思った。一病息災とも言いますが…。
       *       *       *
 昨2019年の池上七福神吟行で詠まれた句である。合評会で交々述べられているように、祈るのは真っ先に「無病息災」。歳取ると誰もがそうらしく、共感を呼んで高点を得た。もうちょっと欲張ってあれこれ願っても良さそうにも思うのだが・・・。
 今年の「七福神吟行」は旧東海道品川宿付近を巡る「東海七福神」で明日4日に挙行。20人もの大参拝団になるようだ。さてさてどんな句が出て来るか・・。
(水 20.01.03.)