我一人なり六月の書道展     今泉 而云

我一人なり六月の書道展     今泉 而云

『季のことば』

 一年十二月、どの月もすべて季語だが、どの月も句を作るのは難しい。六月は特にそう思う。
 「六月」を兼題にした水牛さんは六月生まれ。「六月という月はまことに冴えない月である」と嘆く。なんでも、一年で祭日のない唯一の月で、とりたてて特徴のない月だから、らしい。ご自身は「取柄無き六月もわが生まれ月」と自嘲気味に投句した。この句の作者・而云さんは、同じ丑年生まれ。水牛さんと二人でこの「双牛舎」を立ち上げた。七月生まれの作者なら「わが生まれ月」をどう詠むだろうか。
 閑話休題、掲句は知り合いの書道展だろうか、それとも王羲之や顔真卿などの古典の臨書の類だろうか。非常事態宣言で閉館を強いられていた美術館や映画館、劇場などは宣言延長に伴い条件が緩和され、六月から再開した施設が多い。この書道展の会場はどういう施設か不明だが、開催できたようだ。この時期、仲間を誘って、というわけにもいかず、一人で訪れたものの展示会場は閑散としていた。梅雨の季節でもあり、雨の影響もあったかもしれない。「我一人なり」の上七にさまざまな詠嘆が込められている。正に令和三年六月の、とある街角の一断面である。
(双 21.06.25.)

"我一人なり六月の書道展     今泉 而云" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: