亡き人と似た人に会う春霞    斉山 満智

亡き人と似た人に会う春霞    斉山 満智

『合評会から』(番町喜楽会)
 
白山 こういうことはあるだろうなと思わせます。亡くなった女房に似ているな、とか。
幻水 「霞」の季語と亡くなった人のイメージがロマンチックに結びつきます。
水牛 霞や朧というものは、よくこういう場面を作ります。
的中 最近、昨年亡くなった母親の夢を見ることがあります。亡くなった人の面影を探す気持ちが、このような情景を生み出すのでしょう。気象用語では、視程1km未満を霧、視程1~10kmを霞というそうです。「春霞」より「春の霧」が正確かもしれません。
          *       *       *
 身近な人を亡くしたり、愛する人との別れを迎えるのは、誰しも辛いものだ。そんな思いが募ると、街中などで故人に似た人を見かけたような気がすることがある。もちろん他人の空似なのだが、なんとなく似ているだけに、心が騒ぐ。大気が霞んでいたり、霧が出ていたりすれば尚更だ。
 「そういうことは確かにある」。上記の選者と同じように、筆者も大いに共感した。ただ気になったのは、霞は、水蒸気で遠くのものがはっきり見えない現象だと思っていたので、的中さんの指摘ほど科学的ではないものの、ニュアンスがちょっと違うような気がした。似た現象の夜の季語「朧」ならどうだったろうか。
(双 21.05.13.)

"亡き人と似た人に会う春霞    斉山 満智" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: