マッチ擦る仕草の記憶春のカフェ 中沢 豆乳

マッチ擦る仕草の記憶春のカフェ 中沢 豆乳

『この一句』

 一読して「仕草の記憶」という中七にしびれた。若い頃は煙草を飲んでいたので、片手でマッチを擦る練習をしたり、マッチの火を煙草に移す俳優の仕草を真似たりした。掲句はカフェに来て、マッチで煙草を飲んでいた昔を回想し、その時の仕草を思い返している人物と読んだ。これに対し句会では「昔は喫茶店はあったが、カフェは酒を飲ませる所だった」とか、「フランス映画のワンシーンを詠んだのではないか」、「季語が動く」などいろんな解釈・意見が出た。
 経済成長で台所からマッチ箱が消え、さらに愛煙家に安いライターが普及して、マッチを擦る仕草は身の回りで見られなくなった。今の子供たちはマッチを渡されても、使い方が分からないという。マッチの仕草は、古い映画の喫煙シーンか老人の記憶にしか残っていないのかも知れない。
 作者によると、春先にカフェのテラス席で煙草を飲んだ時に、マッチを持っていた友人の仕草から学生時代を思い出したという。春は「さまざまなこと思い出す」季節でもある。記憶を呼び覚ますのは、麗らかな春のカフェが似合いそうだ。
(迷 20.03.11.)

"マッチ擦る仕草の記憶春のカフェ 中沢 豆乳" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: