冬晴れの空や法華の声に張り     廣田 可升

冬晴れの空や法華の声に張り     廣田 可升

『合評会から』(池上七福神吟行)

命水 雲ひとつ無い空にしっかりとした読経の声が響いていました。
綾子 まさにこの通りでした。
冷峰 日蓮宗は経文、御題目とも元気が良いのが取り得ですね。
          *       *       *
 句会の仲間連れ立ち都内近県の七福神を巡拝して句作する「新春恒例七福神吟行」。平成15年1月「谷中七福神」を第1回として、いつの間にか16年も続けてきた。都内のめぼしい七福神はほとんど回ってしまい、今年は池上七福神ということになった。
 池上と言えば何と言っても日蓮宗大本山本門寺。この日(1月5日)は松の内の土曜日とあって和服に華やいだ姿も、ガイジンさんも混じって大賑わい。新年を賀す南無妙法蓮華経の唱和が大伽藍に鳴り響いていた。冷峰さんじゃないが何と言っても日蓮宗のお経は元気がいい。平成最後のお正月は、内外情勢厳しく景気も下降気味。ともすれば湿りがちな気配を、この日の雲一つ無き抜けるような青空とお題目が吹っ飛ばしてくれた。(水)

"冬晴れの空や法華の声に張り     廣田 可升" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: