寝返りの背に新涼の来たりけり   今泉 恂之介

寝返りの背に新涼の来たりけり   今泉 恂之介

『合評会から』(酔吟会)

睦子 寝返った瞬間に背中に秋の訪れを感じたという、きちっと決まってます。
操 今年の夏は特に暑かったので、「新涼」が生きている。
春陽子 寝返って毛布から背中が出てしまう。面白い所を詠んだ。実感々々。
正裕 「新涼の来たりけり」というのがとても上手い。
二堂 私もよく寝返りを打つので、背中が冷たくなる。それと新涼を結びつけたのがいいなと思った。
臣弘 背中で感じる秋、上手い句だ。
反平 誰もが感じることを、豊かな感受性で詠んでいる。やられたなと思う。
       *     *     *
 明け方などにふと涼しさを感じて「やっぱり秋だなあ」とつぶやく。これが「新涼」とか「涼新た」という季語。新涼といえば周囲の景色の変化や風の変わりようなどを詠むのが普通だが、これはまた、ぐっと身近な下世話なところを捉えて、なるほど「新涼」だなあと思わせる。しかも嫌味の全く無い、素直な詠み方が気持良い。この鮮やかな手並みに句会参加者一同感嘆した。(水)

"寝返りの背に新涼の来たりけり   今泉 恂之介" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: