春宵のどこかでジャズが響いてる   大下 綾子

春宵のどこかでジャズが響いてる   大下 綾子

『合評会から』(番町喜楽会)

白山 ヨコハマを思い出しましたね。「どこかで」が効いています。スマートでおしゃれな句ですね。
水馬 やはりアメリカだなあ。サッチモですかね。
光迷 「響いてる」が最初はちょっと強すぎるかなと思いましたが、やはりこれがいいんだなと。新宿でもシカゴでも悪くはないんだろうが、やっぱりニューオーリーンズ。この町は歩いてるとまさにこうですね。
正裕 やはり春宵でないとだめですね。
冷峰 私は「どこかで」が素晴らしいなと思いました。春宵と来て、どこかでジャズが響いてる、素敵だなあと。
       *     *     *
 “若いオジイサン”たちが口を極めて褒めそやしているように、この句は確かに春宵の気分を遺憾なく発揮している。サッチモ(ルイ・アームストロング)のトランペットでビリー・ホリデイの唄う哀愁帯びたブルースが流れる。港町の夜は更けゆく。(水)

"春宵のどこかでジャズが響いてる   大下 綾子" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: