みちのくの故山に帰る茄子の馬   金指 正風

みちのくの故山に帰る茄子の馬   金指 正風

「季のことば」

 盂蘭盆(うらぼん、お盆)は祖先の霊や無縁仏に供物をささげて慰める仏教行事で、元来、旧暦7月13日から15日を中心に行われていたのだが、明治5年12月の新暦採用でおかしなことになった。新政府のお膝元東京のお盆は否応なく新暦7月になったが、伝統を重んじる田舎はそうは行かない。
 しかし新しいカレンダーに従って世の中が動き出すと、旧暦行事は毎年日取りがずれてしまう。不便でしかたがないから、一ヶ月ずらして8月15日中心の「月遅れ盆」が行われるようになり、これが地方に定着した。学校も夏休みだし、会社もこれに合わせて夏期休暇制度を採用するようになった。
 13日には門口にご先祖様が乗る胡瓜と茄子の馬と牛を置き「迎え火」を焚く。そして15日(所によっては16日)に「送り火」を焚く。この句は新暦の盆の送り火風景。東京付近の家庭は先祖をたどれば東北から北関東というのが圧倒的に多い。茄子の馬でご先祖が帰る今年の故山(ふるさと)は、いまだに大震災の爪痕が生々しい。(水)

"みちのくの故山に帰る茄子の馬   金指 正風" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: