三伏や抱く赤子さえ疎ましき   岩田 三代

三伏や抱く赤子さえ疎ましき   岩田 三代 『季のことば』  「三伏」──日常会話でほとんど使われない言葉だ。それもそのはず、夏至後の庚(かのえ)の日から持ち出した陰陽五行説の言うところ。初伏、中伏、末伏と三度あって三伏。酷暑に伏している状況を表す俳句の季語ともなっているが、歳時記を繰っても例句はあまり多くない。それが7月の兼題として出たから困った。 窮して、陰陽五行説の吉凶論をはなれ、暑い夏をただただ凌ぐのだという自己流の解釈で詠むと決め込んだ。つまり盛夏のなかの諸々を詠めばいいのではないかと。投句一覧をながめるとほかの句友もそういう気持ちだったかと思う。  掲句も単に酷暑期の子育ての苦労を詠んだものと受け取れる。年齢が高い句会仲間に子育て中の人はいないから、これは女性が若い頃の思い出を詠んだとわかる。高点を得たのは皆覚えがあるからだろう。 乳飲み子を抱いてあやす苦労は並大抵でない。赤子の体温は高く、いつまでも泣き止まないときは抱きながら疎ましく感じたというのもありえることだ。愛児を抱くさえ「疎ましき」と三伏の酷暑を呪いたくなったのだろう。もちろん本心からそう思っているはずもないが、一瞬でもそう思ったのを俳句に詠んで贖罪としたのだと取りたい。竹下しづの女の「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎(すてつちまおか)」を思い起こす。 (葉 21.08.13.)

続きを読む

蝸牛余生は殻を持て余し     向井 ゆり

蝸牛余生は殻を持て余し     向井 ゆり 『合評会から』(日経俳句会) 木葉 蝸牛の一生を自らに重ね合わせているようです。作者の「殻」とは持ち家でしょうか。老境に入って子供も継承しない家を、さてどうしようと思いあぐねているのだと解釈しました。 鷹洋 穏やかな余生を期待してたのに、いざとなるとあれやこれや。なまじ筋を通そうとするから悩み・トラブルがつきない。なんとも因果な人の世です。 ヲブラダ 本物の蝸牛は殻を持て余すことはないと思いますが、なんともユーモラスです。 双歩 蝸牛を見ていると、殻を背負ってるせいか、どうしても人生を重ねたくなります。自分も似た詠み方をしました。 道子 わが身を顧みてしみじみと納得。 *       * 「蝸牛は石灰やコンクリを食べ、殻を大きくしながら成長するので、殻のヘリの形状で成長途中なのか成体かが見分けられる、とスマホが教えてくれました。どこで成長が止まるのか、その後どの位生きるのか、殻を大きくしないのは、蝸牛にとって楽なことなのか、衰えてただ出来なくなるのか、などが気になったところ。自身は、定年が二カ月後に迫り、複雑な心境にあります」と自句自解。これにあえて付け加えれば、「これからはもう殻を大きくする必要はありません。悠々と第二の人生を楽しんでください」。 (水 21.08.12.)

続きを読む

全開の蒸した居酒屋はい団扇   荻野 雅史

全開の蒸した居酒屋はい団扇   荻野 雅史 『季のことば』  団扇の歴史は古く、紀元前まで遡る。日本には飛鳥時代に中国から伝わり、江戸時代になると庶民にも普及したという。一方、扇子は平安時代に日本で考案され、やがて中国に伝わり世界に広まったそうだ。団扇は、虫を払ったり火を起こしたり、生活に密着した道具だ。今では商品名が入った無料の団扇が駅前で配られたりもする。そこへいくと扇子は儀礼、儀式張ったところがある。例えば、茶道では扇子は重要な道具だし、囲碁将棋でも棋士にとって扇子は大切な小道具だ。もっとも、縁台将棋にはやはり団扇が似合う。やや乙に澄ました上品な扇子と、いかにも庶民的な団扇。どちらも夏の季語だが、趣は異なる。  掲句は、庶民の味方、団扇の本意が如何なく表現されている。コロナ対策で換気が十分施された、というか冷房があまり効いてないガード下辺りの居酒屋。きっぷの良い女将さんが切り盛りするような店が想像される。緊急事態宣言下だから、夜ではなくランチタイムかもしれない。焼き魚定食でも食べようかと、作者は行きつけの居酒屋へ。汗を拭き拭きカウンター席に着くと馴染みの女将さんから「はい団扇」。染みのついた年季モノを差し出された。そんな臨場感あふれる楽しい句だ。 (双 21.08.11.)

続きを読む

末伏や大涌谷の黒たまご     広上 正市

末伏や大涌谷の黒たまご     広上 正市 『この一句』  ある句を見て、絵画のようだ、と感じることがある。俳句には小説風もあり、中でも私小説風が多く、落語風や漫才風もあるのだが、最も多いタイプが絵画風だろう。そして掲句の場合、黒い卵がゴッホやゴーギャンらの後期印象派風の絵画となって、私の頭の中に浮かんできた。美しいとは言えないが、不思議なパワーを秘めた物体と言えばいいだろう。  句の季語は「末伏」である。極暑「三伏」の最後の時期。歳時記によれば立秋後、最初の庚(かのえ)日のことだ。秋近しだが、まだまだ暑い日々が続く時期。そこに箱根・大涌谷の黒たまごが登場したのだ。関東第一の観光地・箱根の,最も観光客の多い大涌谷で売られている唯一の名物なのだという。さらに言えば、私の好物の黒卵ではあるのだが――。  黒卵の外見はまさに真っ黒である。地中から湧き出す硫化鉄が卵の殻に浸み込んでいるという。いつもなら「ああ、あれね」と見過ごすところ。ところが今回は季語「末伏や」によって、晩夏の頃の不思議な雰囲気が黒卵に漂い始めた。私が単にそう感じただけだが、この印象はもはや動かし難い。俳句の持つ不思議な力だ、と私は思っている。 (恂 21.08.10.)

続きを読む

後れ毛に汗うっすらと歯科の女医  須藤光迷

後れ毛に汗うっすらと歯科の女医  須藤光迷 『この一句』  近頃こういう句は詠むのも評するのも少し難しい気がする。作者が詠んでいるのは、後れ毛の汗の美しさや女性としての色香である。「汗うっすらと」という表現がそのように解釈させる。ジェンダー論喧しい今日の視点で見れば、こういう句を作るのも評価するのも、男性中心社会の歪んだ価値観と捉えられる可能性なきにしもあらずである。この句を評価したのは、わたしも含め男性ばかりで、女性参加者からは一票も入らなかった。  たまたま室生犀星のこんな文章に出会した。「六月七月で美しいものは、自然もそうだが、人間歳時記ではなかんずく女人が際立って派手に見うけられる。四季のうちで女人が二の腕をあらわにする季節は、初夏ではことさらにあざやかなものである。」(『随筆女ひと』) 一昔前に犀星が女性の夏の「二の腕」を美しいと思ったのも、この句で女医さんの「後れ毛の汗」に色香を感じるのも、同じく率直な印象であり、あまり余計なことは考える必要がないのかもしれない、とは思うものの多少揺れる部分が残る此頃である。  それにしても、この句はどんなシーンだろう。歯科医は普通は患者の口腔を覗いていて、後れ毛など見えはしない。歯根のレントゲン写真を見せながら、女医さんが向こうむきで説明しているシーンだろうか?「そんなところばっかり見てないで、ちゃんと説明を聞きなさい」という叱り声が聞こえそうだ。 (可 21.08.09.)

続きを読む

三伏にオクラの伸びのためらわず  澤井二堂

三伏にオクラの伸びのためらわず  澤井二堂 『合評会から』(日経俳句会) 芳之 ぐんぐん大きくなるオクラ。暑さに負けぬ力強い生命力を感じる。 三代 オクラは一日でぎょっとするくらい大きくなる。実感だと思います。 方円 真夏の植物の生命力を、この句は具体的に示した。「ためらわず」が良い。 ゆり ためらわずが本当にその通り。採り時を逃すと、すぐに太く大きくなって、もう食べられない。オクラにとっては知ったこっちゃないですよね。 実千代 ためらわずにすくすくのびるオクラ……。三伏の季語にぴったりです。 雀九 酷暑なれど庭先あるいはプランターのオクラがたくましく清々しいことよ。 *       *       * 作者はベランダでオクラを栽培している。「採ってもとっても実の生る元気な様子を『伸びのためらわず』とした」という。まさにその通り。 生らしっぱなしにしておくと、オクラは20センチにもなり、莢がかちかちになってやがて黒褐色になる。中には黒い正露丸のような実が並んでいる。これをフライパンで煎り、摺り鉢に入れてこつこつと気長に砕いたものをコーヒーメーカーに入れれば、一風変わったコーヒーができる。今どきそんな馬鹿らしいことやる人、いないよね。戦時中、コーヒー豆が入手不可能となって悄気げていたコーヒー狂いの友人のために、亡父がせっせと拵えてやっていたのを憶えている。 (水 21.08.08.)

続きを読む

《お知らせ》 「コメント欄」への書き込みと閲覧について

《お知らせ》 「コメント欄」への書き込みと閲覧について (1)作品および句評に対するコメントを閲覧する方法と、コメントを書き込む方法について:このブログの最初に掲げられている「見出しの句」(太字)をクリックすると、その句だけのページが現れ、下方に「関連する記事」などと書かれています。その後に、「この記事へのコメント」という欄が現れます。 (2)右下隅に「コメントを書く」という欄がありますから、そこをクリックすると「コメント入力欄」が現れ、そこに「名前」(俳号でも仮名でも可)、メールアドレス、ホームページアドレス(無ければ空欄でいい)を記入し、その下の「コメント」とある空欄に書き込み、書き終えたら最下段の「書き込む」をクリックして下さい。あなたのコメントが掲載されます。当該句のコメントにとどまらず、このブログに対するご意見もどしどしご記入ください。 (3)コメントを読みたい場合は、画面右側の三番目の窓(「リンク集」の二つ下の窓)に「最近のコメント」が載っていますので、ご希望の句をクリックして下さい。その句のページが現れますので、スクロールするとコメントが現れます。  なお、(4)このページの右側上段に「リンク集」という窓があります。そこに出ている「NPO法人双牛舎」をクリックすると、双牛舎ホームページの表紙が現れます。その目次にある「双牛舎ブログ」「みんなの俳句」「水牛歳時記」「双牛舎類題句集」「わたしの俳句館」をクリックすると、それぞれの内容が御覧になれます。

続きを読む

奥深き明治の杜の片蔭り     堤 てる夫

奥深き明治の杜の片蔭り     堤 てる夫 『この一句』  明治という時代がこの国の勃興期であったのは論をまたない。江戸封建社会を打破した下級武士による一種の革命が明治維新だが、45年の年月を通じ前期と後期では時代相が異なる。前期は前代の負の清算に終始した。明治新政府は不平士族の反乱鎮圧、不平等条約改正、治外法権の解消に全力を傾けなければならなかった。それを乗り越え明治後半に入り、日清・日露の二つの戦争に辛くも勝ち国際舞台に立てる国とはなった。明治はまことに波瀾万丈だったといえる。昭和も波瀾万丈といえるが、「奥深き昭和」という表現は違和感がある。  句評そっちのけで安っぽい歴史観を書いてしまったが、この句の「奥深き明治」の表現に筆者の心が反応したと言いたいがためだ。この句をふつうに読めば、明治期に植林し大きくなった杜があり、奥深く分け入ってみれば気持ち良さそうな夏の木蔭があったという句意だろうか。だが「明治の杜」と詠んだせいで、教科書や本でしか知らない明治へとイメージが飛んでいった。筆者は、ここは明治神宮の杜ではあるまいかと思った。明治天皇没後、代々木練兵場跡地などに日本全国から寄進された樹々を植えた。その後明治神宮の叢林として広大な杜に育った。そこを行く作者は明治の興隆を思いつつ、薄暗い「片蔭り」を負の側面とみて反芻している――とは筆者の妄想か。 (葉 21.08.06.)

続きを読む

くちなしの香りあとおし出勤す  久保 道子

くちなしの香りあとおし出勤す  久保 道子 『季のことば』  梔子(くちなし)の花は六月から七月にかけて咲く。梅雨に入る前の、庭の植え込みから良い香りが漂って来れば、その正体がこの花である。もともとは山野に自生していた常緑低木だが、艷やかな葉の中に純白のぽってりした花を咲かせる様子と、その香りが愛でられて古くから庭木として改良されてきた。西洋にも似た種類のガーデニア(西洋くちなし)があり、それが日本にも来て混植されている。  ところで昨年来、コロナ禍によって勤務形態が大きく変わった。通常通り出勤する人数を絞り、社内の三密を減らして職場内でのコロナ感染を防ごうというわけだ。各職場とも出番表を作って、出勤する人と在宅勤務の人とを分け、相互の意思疎通はIT機器を活用して行う。  私の周りにも甥や姪や、そういう人間が目につく。「お前さん平日なのになんでぶらぶらしてるんだ。クビになったか」「叔父さん、ニュース見てないの。在宅勤務だよ」とバカにされる。  この句は久しぶりの「出番」の朝の情景であろう。在宅が長引いて、少々腰が重くなっていたのかもしれない。それを梔子の香りに励まされ、重い腰を上げたというわけだ。「いまどき」を詠みつつ、万古不変を感じさせる。 (水 21.08.05.)

続きを読む

細き手や団扇の先に子の寝息    篠田 朗

細き手や団扇の先に子の寝息    篠田 朗 『合評会から』(日経俳句会) 昌魚 素敵な景ですね。寝ているお子さんを扇いでいる綺麗なママの白い指が眼に浮びます。 二堂 きっとお母さんと一緒に昼寝しているんでしょうね。ぐっすり寝ている様子がわかります。 而云 「団扇の先に子の寝息」はごく平凡。しかし改めて「上五」に目を戻したら、細き手に手首をぎゅっと掴まれてしまった。 迷哲 優しい風を受けて、すやすやと眠る子供の寝姿が浮かびます。            *       *       * 団扇の兼題句の中で、この句と「幼子に撫でるがごとく団扇風」(和泉田守)が目に留まった。どちらも寝入る子供に母親が団扇で風を送っている様子を詠んだもの。掲句は団扇を握る母の手に着目し「細き手」と優しさを視覚的に詠んでいる。これに対し幼子の句は「撫でるがごとく」と、母親の所作にこもる情愛を表現している。どちらも心惹かれたが、「細き手」の印象の鮮やかさからこの句を選んだ。細き手から団扇、眠る子へと視線がスムーズに導かれる。 作者は今どき珍しい四人の子持ち。子育てに追われた若き日に、家で何度も目にした光景に違いない。子供たちは成人し、今や孫もいる。かつての「細き手」は、今度は孫に向けて「撫でるがごとき」風を送っているに違いない。 (迷 21.08.04.)

続きを読む