水温むたった五分の渡し舟   玉田 春陽子

水温むたった五分の渡し舟   玉田 春陽子 『この一句』  作者によれば、この渡し舟は作者がまだ子供の頃に、母の実家に行くために初めて乗った渡し舟らしい。一方で、この句を選んだ人には、矢切の渡しや、浦賀の渡し、吟行で行った松山の三津の渡しなど、観光用を兼ねた渡し舟を思い浮かべた人が多かったようである。  筆者はこの句を読んで、大阪の安治川や木津川の河口近く、行政区でいえば大正区や港区にあった、生活に密着した渡し舟を思い浮かべた。今もあるのかとホームページで調べると、なんといまも八か所もあるらしい。通勤や通学の、あるいは買い物のための、足となっている渡し舟で、自転車のまま乗船する人も多い。勤め人は昨日の阪神の負け試合のぼやき話、おばちゃんはスーパーのチラシを手に、高いとか安いとかやかましく、高校生は今日の午後どうして学校をサボるか相談している、そんな渡し舟を思い描いた。  この句の上手さは、やはり「たった五分の」という措辞にあるだろう。句意は、たった五分の乗船ながらも、渡し舟の風情と水温む季節感を感じた、と解すべきだろう。上記の渡し舟は、どれもまわりは工場街の風景ばかりで、あまり風光明媚とは言えないが、それでも春風駘蕩し水温む季節を感じることは十分出来るはず。むしろそんなシチュエーションの方が、詩興としては豊かなような気もする。この渡し舟、いまも無料らしい。今度機会があれば乗ってみよう。 (可 21.04.05.)

続きを読む

復旧の一番電車さくら咲く    高井 百子

復旧の一番電車さくら咲く    高井 百子 『この一句』  「上田電鉄別所線全線で運行再開――長野、台風19号で被災」。3月29日付け日経朝刊に写真付きで載っていた。掲句一読、この開通話を詠んだのだと思った。しかも、作者はあの人だろうと想像もついた。句会のみんなも同じだった。  というのも、作者夫妻は上田在住で、自宅前を別所線電車が通っているからだ。その路線が2019年秋の台風で、千曲川に架かる名物の赤い鉄橋が崩落して以来、長い間、代替輸送による不便を強いられてきた。その間、夫妻はその別所線の定点観測を続け、お互いに佳句を連発してきた。  以下、時系列で並べると、「橋墜ちる暴れ千曲の秋驟雨」(てる夫)、「流木を中洲に残し冬千曲」(てる夫)、「鮎来るや千曲は重機工事中」(てる夫)、「復興の千曲川岸霞立つ」(百子)、「春立つや崩落鉄橋繋がりぬ」(百子)。そして掲句に至る。  この句はまた、特定の路線ではなく、震災で被災した三陸鉄道を始め、風水害による各地のローカル線など、読者が自由に舞台を想像できる点でも優れている。  「さくら咲く」という昭和のころの入試合格通知にも似ためでたい季語を得て、句会参加者の半数、10人もが掲句を選んだ。句会では口々に「良かったね。おめでとう!」と祝福の声。正に〝座の文芸〟の面目躍如である。 (双 21.04.04.)

続きを読む

菜を断てば指に黄砂の淡き粒   徳永 木葉

菜を断てば指に黄砂の淡き粒   徳永 木葉 『季のことば』  黄砂は春に中国北西部やモンゴルで強風に巻き上げられた砂塵をいう。偏西風に乗って日本にも飛来する。春到来を告げる気象現象である。水牛歳時記によれば、季語としては霾(つちふる)が伝統的で、よなぐもり、霾風(ばいふう)、霾天なども同類の季語とされる。黄砂の多い日は日光が遮られてどんよりと曇り、大陸に近い地域は洗濯物が汚れたり、草木の葉や車の屋根に細かい砂が積もったりする。 掲句は包丁で野菜を切っている時に、指先で黄砂を捉えた場面を詠む。砂や泥が入り込む野菜と言えば葉物になるが、「断つ」という動詞をわざわざ使っているところから、茎が固い白菜やチンゲン菜を力を入れて切ったのであろう。これらの野菜は切った後に水洗して、根元の砂をきれいに落とさないと、料理が台無しになる。 作者は茎を断ち切った時に、いつもと違う細かい黄色い粒が指先に付いているのに気づき、「そうか黄砂か」と思い至ったのであろう。緊急事態宣言が解除されたと思えば、またぞろ新規感染者の増加で大阪、兵庫、宮城には「まん延防止等重点措置」という、効果が期待できそうも無い自粛要請措置が発出される始末。とにかく外出もままならず、コロナ籠りの日々が続く。家庭的な作者は台所に立つ機会が増えたと推察される。台所仕事の一コマから、「いまどき」の暮らしが垣間見えて来る。 (迷 21.04.02.)

続きを読む

ランチ待つ鳩の行列春の屋根    斉山 満智

ランチ待つ鳩の行列春の屋根    斉山 満智 『この一句』  よく観察しているなあ、それをまた、こうしてよく句にしたなあと思う。  駅や公園には「鳩に餌をやらないでください」という張り紙があるのをよく見る。土鳩(ドバト、イエバト)という野生のハトが寺社や公園、駅舎や人家の周辺にはたくさんいる。繁殖力が旺盛で、餌があるところではむやみに増える。 太平洋戦争末期から敗戦後数年間は、餌が無くなり、また片端から捕まえられて焼鳥にされてしまったので、東京はじめ大都市では激減した。小学生だった水牛も苦心して捕まえては食べた。少し臭い肉なので、味噌と塩を摺り込んで、当時は冷蔵庫が無かったから蠅帳に入れて翌日焼くと、とても旨かった。しかし、ハトはよちよち歩いてるようで、いざ捕まえようとすると難しい。いろんな仕掛けに苦心したのも今となっては懐かしい。 増えすぎて迷惑がられる存在になっているが、鳩に罪は無い。此の世に生を受けたれば必死に餌を求め、力を蓄え、子孫を残す努めを果たさねばならぬ。 親切で優しいおばあさんが毎日お昼になると残りご飯や餌を庭に撒いてくれる。それを待ちかねた鳩が屋根の棟瓦に一列に並んでじっと待っている。うらうらとした陽射しに世は事も無しである。 (水21.04.01.) 

続きを読む

過去帳の縁の黄ばみや霾ぐもり  星川 水兎

過去帳の縁の黄ばみや霾ぐもり  星川 水兎 『季のことば』  「霾」とは奇っ怪な漢字である。雨冠の下は「豹」と「狸」が合体したかのような難読漢字のトップクラス。読み方には「よな」「ばい」「つちふる(霾る)」などがあって、つまり「黄砂」のことだ。モンゴルや中国の黄土高原の土が風で舞い上がり、地に降り積もり、また舞い上がり、を繰り返し、偏西風に乗って日本海を超えて日本にやってくる。  昔の人々はこの時期、空を覆い、地に降ってくる土ほこりを妖怪的な存在と見て、不思議な文字を作ったのだろう。この迷惑なものを、やがて春到来の使者的に捉える風流人も居て、大正時代に俳句の季語となり、「つちふるや~」と指を折ったりするようになった。さて地球規模の「霾る」を「五七五」という小さな器の中で、いかに料理するのか。  句の作者は「霾ぐもり」への連想の膨張剤に「過去帳の黄ばみ」を持ち出してきた。寺の檀家や信徒の死者の法名、俗名、死亡の年月日などを記して置く帳面で、江戸時代から続くものも少なくない。大陸と日本をつなぐ黄ばんだ存在が二つ。一方は偏西風によって、他方は仏教伝来の末として、一句に合体した。私は卓抜な取合せだ、と思っている。 (恂 21.03.31.)

続きを読む

水温む魚影を探す聖橋      向井 ゆり

水温む魚影を探す聖橋      向井 ゆり 『合評会から』(酔吟会) 三薬 御茶ノ水を流れる神田川。大きな鯉が泳いでいます。橋を渡る時はついつい覗き込んでしまいます。花がほころびる頃になればなおさら。懐かしい風景です。 二堂 私も御茶ノ水のホームから覗いて見たのを覚えています。川の水が綺麗になってきましたので。 *       *       *  神田・お茶の水は学生街。聖橋は駅を出たすぐ、神田川に架かる橋脚がアーチ形の美しい橋だ。聖橋の名の由来は湯島聖堂とニコライ堂の二つの「聖」を結ぶからとは、うかつにも知らなかった。この句は実にいい舞台を持ってきたものだ。駅ホームからの眺めが懐かしいと言う上記選句者たちも、別に近辺の大学に通った卒業生ではないのだが。昔よりもずいぶん綺麗になった神田川には魚が泳いでいるはずと、聖橋の上から探りを入れる作者。いま卒業、入学の季節を迎えたが、コロナ禍のせいで人の往来はあまりない。この季節ならではの、卒業式帰りの華やかな振袖の群れもいない。作者は「魚影を探す」と言いながら、実は学生の姿を探しているのではと思ってしまうのである。学生の街に、コロナ禍に翻弄されるその姿を目で追っているとしたら、ひそやかな時事句と受け取れないことはない。 (葉 21.03.30.)

続きを読む

白魚を南無阿弥陀仏と啜りけり  廣田 可升

白魚を南無阿弥陀仏と啜りけり  廣田 可升 『この一句』  なんともバカバカしい俳句だが、とても面白い。これも俳諧味というものであろう。確かに白魚の「踊り食い」にはこういうところがある。朱塗りの大盃や白磁の大鉢に泳がせた白魚がぴちぴち跳ねているのを、小さな網杓子で酢醤油の小鉢に取って啜る。口中でもぴちぴち跳ねる。それをぐっと呑み込む。ただ酸っぱく塩っぱい、動くトコロテンといった感じ。するっとノドを通る食感だけが取り柄の、味も何も無いものである。まあ食通などが行き着くところ、こうしたものを喜ぶのだろうが、料理の本道から外れたゲテモノである。 白魚の句では南無三と呑み込むとか、目をつぶって啜り込むという叙述をどこかで見たような記憶があるのだが、それはまあ、こうしたゲテモノ食いには誰もが抱く思いであり、似たような詠み方がなされるのも有り得ることだろう。 「万物の霊長」なぞとふんぞり返っている人間は、ずいぶんおかしなことをする。中央政権の言うことに従わない地方の少数民族を迫害したり虐殺したりといったことが今でも地球上のあちこちで行われている。白魚の踊り食いなどはまだまだ“可愛らしい蛮行”とでも言おうか。類句があらばあれ、この句を読み返して、愚行経験者の一人としてあらためて南無阿弥陀仏を唱えよう。 (水 21.03.29.)

続きを読む

予定なし手帳見直し春浅し    河村 有弘

予定なし手帳見直し春浅し    河村 有弘 『合評会から』(三四郎句会) 賢一 予定なしですか。私も同じで、この句は本当に身につまされます。 正義 コロナ禍なので、春が来ても何の予定もない。悲しいかな、悔しいかな。 而云 ひょっとしたら予定があったかな、と手帳を確かめたら、やはり予定なし、ですか。コロナ時代の朝を詠んで悪くないが、この句「し」の三段切れですね。その点がどうも・・・ 有弘(作者) 「し」を三つ並べ韻を踏み、気取ってみたのですが、「三段切れ」は拙いですか。私はどうも小細工の癖がありまして・・・。          *         *         *  俳句作りで、三段切れはよくない、という考えが一般的である。俳句はたった十七音。その中に三つの概念を詠み込むと焦点がぼけてしまうし、作為も目立つので、挑戦するに値するとは思えない。「蝉暑し はや蝉涼し 蝉かなし」(炭 太祇)など、三段切れの名句とされるものもあって、一概に否定は出来ないが、韻をふむような試みは概して成功しない。優れた俳句は、小細工とは別のところにあるのだと思う。 (恂 21.03.28.)

続きを読む

「みんなの俳句」来訪者が15万人を超えました

「みんなの俳句」来訪者が15万人を超えました  俳句振興NPO法人双牛舎が2008年(平成20年)1月1日に発信開始したブログ「みんなの俳句」への累計来訪者が、昨3月25日に15万人を越えました。これも一重にご愛読下さる皆様のお蔭と深く感謝いたします。  このブログはNPO双牛舎参加句会の日経俳句会、番町喜楽会、三四郎句会の会員諸兄姉の作品を中心に、日替わりで一句ずつ取り上げて「みんなの俳句委員会」の幹事8人がコメントを付して掲載しています。  13年かかっての15万人ですから、自慢するほどの記録ではありませんが、スタート当初は一日の来訪者が10人台だったのが、徐々に増え始め、今では一日平均45人となっています。  幹事一同、これからも力を尽くしてこのブログを盛り立てて参る所存です。どうぞ引き続きご愛読のほどお願いいたします。        2021年(令和3年)3月26日 「みんなの俳句」幹事一同

続きを読む

中腰の介護の日々に春浅し    大沢 反平

中腰の介護の日々に春浅し    大沢 反平 『合評会から』(日経俳句会) 弥生 「中腰」のひと言が介護の大変さをシンボリックに伝える一句。そんな毎日に春はまだ、という気持ちを季語が受け止めています。ただ、中七の「介護の日々に」の助詞が散文的かなと思いました。 而云 介護の定めか。「親切な介護ロボット春浅し」。こんな日が早く来れば、と思います。 睦子 介護が長いのでしょうね、腰痛に気をつけてください!           *       *       * 我が家の近所にはデイケアサービスの施設が多く、介護士の甲斐甲斐しく世話する情景をよく見る。よくやるなあ、えらいもんだなあといつも感心する。介護は「中腰の」姿勢を取ることが多いようだ。この言葉を据えたことによって、この句は実体感を備え、まだ寒い「春浅し」の季語とも相俟って秀句となった。 メール句会で送られて来た選句表でこの句を見て真っ先に選んだのだが、後で作者の「脚悪の家内を抱き上げたりすることが多くなり、小生もそのためか背骨の中央部分の軟骨が減って、背中やわき腹が痛む不愉快な日々を送っています」との自句自解を読み、ますます身につまされる思いを抱いた。この句会も老老介護の句がどんどん増えて行きそうだなあと思った。 (水 21.03.26.)

続きを読む