秋風に踊る草木の軽さかな     加藤 明男

秋風に踊る草木の軽さかな     加藤 明男

『季のことば』

 「秋風」は初秋、仲秋、晩秋と「三秋」を通しての季語」である。しかも万葉時代から詠まれ続け、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」(藤原敏行・古今集)で益々重要な歌材となり、芭蕉がそれを下敷きに「あかあかと日はつれなくも秋の風」(奥の細道)と詠み俳句でも重要季語となった。
 しかし、秋風は詠むのになかなか苦労する。俳句の初秋は八月で気分的には夏真っ盛りである。まあ下旬になると芭蕉句のように、相変わらず日差しは強いが風はもう秋だと詠むのがせいぜいだ。仲秋の九月になってようやく秋を感じさせる風が吹く。そして十月に入るとあれよと言う間に木の葉を色づかせ、コートが必要になる晩秋の風が吹き出す。一筋縄ではくくれない厄介な季語と言える。
 この句の秋風はいつごろだろうか。草木が軽く踊るとあるから仲秋の末から晩秋であろう。夏場にはあれほど旺盛に茂っていた草や木の葉も、十月に入ると瑞々しさを失い、何となくすがれて来て軽くなったような感じになる。それを舞わせ、もてあそぶような秋風を作者はすっと詠んでいる。(水)

この記事へのコメント