身に入むや戦力外の小さき記事     玉田 春陽子

身に入むや戦力外の小さき記事     玉田 春陽子

『合評会から』(番町喜楽会)

水馬 戦力外ということは野球ですかね。人生を振り返って自分に置き換えているのでしょうか。その人を思いやっているのでしょうか。うまく表現していると思います。
而云 今時の新聞のニュースをよくとらえていると思います。「あなたは戦力外なんだ」といわれて・・・。身に入みますよね。でも、「イチロー」も「青木」も戦力外だったことがあるんだ。
可升 「戦力外の記事」を見つけたところがお手柄かと思います。元サラリーマンにも「身に入む」句です。
          *       *       *
 「身に入む」という季語をこのように用いて句に仕立てるとはと感心した。言われてみれば、ちょうどこの時期、日米ともにプロ野球シーズンは終盤、來シーズン目指して各チームとも選手の入れ換えを考え始める。野球ばかりではない、可升さんが言うように、世知辛い世の中、ごくフツーの会社人間だっておちおちしていられなくなってきた。(水)

この記事へのコメント