正座する盲導犬や梅日和     谷川 水馬

正座する盲導犬や梅日和     谷川 水馬

『合評会から』(日経俳句会)

定利  「梅日和」がいい。正座する「盲導犬」と合う。
而云  目は見えないがせめて匂いでもと、そんな風景が見えてきて、色々なことを考えさせられる、とても好きな句。
青水  春の光、風、気温。そして香り。切れ字がいいし、季語も効いている。
十三妹  毎日頑張って尽くす盲導犬に献点。
万歩  盲導犬も主人とともに梅を愛でている。ユーモアと温もりが伝わる。
睦子  ただの犬ではなく、「盲導犬」。梅日和が効いています。
正  飼主に付き合ってじっと正座している盲導犬が微笑ましい。
          *       *       *
 春浅き頃、百花に先駆けて咲く梅は香気を放ち、凛とした気品を漂わせつつ、しかも優しい。万葉時代から平安初期までは桜より梅が尊ばれたという。盲導犬を脇に梅が香を聞く、この主人公の心は安らかなようである。(水)

この記事へのコメント