風抜けて塩田平に凧揚がる     高井 百子

風抜けて塩田平に凧揚がる     高井 百子

『合評会から』(番町喜楽会)

春陽子 普通だったら「風受けて」となるんでしょうけど、盆地だからか「風抜けて」。これががいいなと思いました。
二堂 作者が分かりますが、塩田平ののどかな風景が伝わってきます。
佳子 情景が凧のようにパーッと広がりました。
而云 そう、「塩田平」とか「独鈷山」とかは、作者が分かってしまうので確かに採りにくいよね。
百子(作者) 今年は「塩田平」と「独鈷山」はもう使いません。宣言します。
誰か そんなこと言わずどんどん使ってよ(笑)。
          *       *       *
 数年前に上田市郊外の独鈷山の麓、風光明媚な塩田平に移り住んだ作者夫妻、次々に地元の風物を詠み込んだ佳句をものしている。小さな句会だから自ずと作者が分かる。それでちょっと採りにくくなることもある。しかしこれからは、いいものはいいと、正当な判定をするように心掛けよう。これも実に気持の良い句だ。(水)

この記事へのコメント