テラスより埋まる小春のカフェーかな     嵐田 双歩

テラスより埋まる小春のカフェーかな     嵐田 双歩

『合評会から』(番町喜楽会)

可升 「テラスより埋まる」がいい。うまいですねぇ。
啓一 ポカポカした小春の日差しと合っています。他の季語には置き換えられない。
白山 この間、初めて有楽町のカフェのテラス席に座りました。気持ちがよくて新しい感覚でした。
          *       *       *
 昔は花見などは別として、日常、町中の街路に面した場所で飲んだり食べたりするのは恥ずかしいこととされていた。最近は全く違う。若い人たちは歩きながらでも、電車の中でも平気である。それがだんだん年寄りにも伝染していったのか、あるいはこの年寄りたちが現役だった頃から徐々に欧米風の戸外飲食が普通になったのか。とにかく道端にテラスを設けたカフェが増えてきた。
 やってみると中々面白い。目抜き通りや公園など、目の前を人が行き来する場所に腰を下ろすと、普段より視線が下がるせいか、何となく違う景色になる。せかせか通り過ぎる人たちをゆっくりした気分で眺めやるのは何とも愉快だ。(水)

この記事へのコメント