Sの字に孫駆け回る小春かな     高瀬 大虫

Sの字に孫駆け回る小春かな     高瀬 大虫

『合評会から』(番町喜楽会)

啓一 私の孫もこの句のようでした。姿が目に浮かびます。
白山 Sの字という表現がうまいですね。小さい子は確かにSの字に回るという記憶があります。五歳児ぐらいになると円になるのですね。(笑)
而云 親の周りを回ったりしてね。目に浮かびます。
水牛 でもSの字がどうもしっとり来ないなぁ。8の字なんじゃないか?(誰か…そうだそうだ)。Sじゃぁ戻ってこない。走り回る瞬間を切り取ったのかなぁ。
大虫(作者) 昔、孫が走り回っていた頃の光景です。
            *         *
 小春日の好天気を十分に味わおうとすれば、大人は公園のベンチなどに座り、じっと動かずにいたくなるものだ。しかし幼い子は大人の思惑など構わずに、本能のまま走り回る。S字でも8の字でもいい。ともかく目まぐるしく動き、エネルギーを発散する。「昔、孫が」と追憶するが、さらに昔の自分の姿でもあるのだ。(恂)

この記事へのコメント