アンコウの身に覚えなき吊るし切り    野田 冷峰

アンコウの身に覚えなき吊るし切り    野田 冷峰

『合評会から』(番町喜楽会)

可升 一種の擬人法だけれど、嫌味がない。吊るされて捌かれて、何でこんな目に遭わなくてはならないのか、という鮟鱇の嘆きが聞こえてきます。
春陽子 そうだよね、鮟鱇にしてみれば身に覚えのないことですよ。
大虫 マグロでも半身にされちゃうけれど、何しろ吊るし切りですからね。
正裕 悪いことしたわけじゃないのに、これほど残酷な仕打ちを受けるとは。
百子 鮟鱇は捨てるところがない、と言うでしょう。骨の筋まで剥ぎ取られるのですよ。
冷峰(作者) 私も昔は身に覚えのないことで、よく・・・ 
誰か 吊し上げられたか。
        *         *
 魚料理店で砕氷に埋もれた巨大な鮟鱇を見た。氷の中から出ている顔は人間の倍ほど。怪獣、いや悪魔と言うべき風貌であった。しかし人間はこれをバラして食ってしまうのだ。鮟鱇から見れば人間こそ悪魔である。(恂)

この記事へのコメント