三打目は白杭の外犬ふぐり   廣田 可升

三打目は白杭の外いぬふぐり    廣田 可升

『合評会から』(番町喜楽会)

厳水 ゴルフの句はなかなかい句にならないと言われてますが、これはとても良く出来てるなあと、自分の経験にも照らし合わせて、感心しました。
白山 これは三打目が効いてますね。ボギーペースで行くと、三打目がちょうどグリーンに乗せるところです。乗ったかなという感触で、上がって行ったら、オーバーして向こう側の白杭の外まで転がり落ちていた。くやしくて、がっかりして・・、ボールのそばまで行ったら、そこに可憐な犬ふぐりの花が・・・、なんとなく慰められたような感じがした。上手に詠んでますね。
百子 三打目がOBとはね。そこに犬ふぐりの花が・・。でも草むらの中じゃなくてよかったですね。
てる夫 残念、OBだったか。と、見ると傍らに犬ふぐり。少しは慰めになったかな。
          *     *     *
 スポーツ競技を素材にした句がいろいろあるが、どういうわけかゴルフの句でいいものに出会ったことがない。しかし、この句はとてもいい。これも犬ふぐりのおかげなのではないか。この取り合わせが実に良い。(水)

この記事へのコメント