成人の当世娘花魁風      藤野十三妹

成人の当世娘花魁風      藤野十三妹

『合評会から』(酔吟会)

涸魚 テレビで見ましたがね、成人式の晴れ着姿はずっと形式化されていたでしょ。花魁(おいらん)風であることはともかく、いろんな格好をしてみるのは、まあ、いいと思うな。
てる夫 厳密に言えば花魁の姿じゃない。今風の花魁風ですかね。あのお嬢様方はとても賑やかで、世の中がいま、どんな様子なのか、われわれに教えてくれました。
反平 外国人の若い女性も原宿に行って、同じような格好している。
百子 でも凄いと言うか、ひどいと言うか、そういう格好ですからね。あの子たち、それにお母さんたちも、花魁って何かを知っているのかしら。
数人が口々に 親も四十歳代なら、花魁なんて知らないだろう――。お母さんも「とても綺麗」なんて、喜んだりして――。あれもコスプレっていうの? 竹の子族を思い出しちゃった――。
                *         *
 作者には申し訳ないが、風俗をそのまま記しただけの句だ。合評会でも句への評価は全く無視されてしまった。しかし成人式ファッションの大変化を暗示した作品としての価値は大。記憶に留めておきたい句である。(恂)

この記事へのコメント