ロッキーに汽笛染み入り天の川       印南 進

ロッキーに汽笛染み入り天の川       印南 進

『合評会から』(三四郎句会)

久敬 天の川にアメリカのロッキーを持って来たのがしゃれている。大山脈に汽笛が響いているというのだから、雄大ですね。
有弘 ロッキーに「汽笛染み入り」とはスケールが大きい。印象深い句ですね。
恂之介 あの辺りに鉄道は通っているのでしょうか。
有弘 カナディアンロッキーでしょう。
進 カナダから11時間も汽車に乗って太平洋側に出るのですが、その途中にロッキー山脈があります。天の川とともに、100両連結の貨物列車とか、向うの列車の規模にも圧倒されました。
             *            *
 最も印象深い天の川は? そんな会話に出て来たのは、ノルウェーのオスロで、豪州のエアーズロックで・・・という具合で、ほとんどが外国でのことだった。東京湾で夜釣りをした時、と言いかけて口をつぐんだ記憶がある。俳句の天の川も日本を出て、外国の舞台を選ぶようになってきた。(恂)

この記事へのコメント