柿の花降る道抜けて五重塔      竹居 照芳

柿の花降る道抜けて五重塔      竹居 照芳

豊生 家内と二人で、奈良を旅行した時のことを思い出した。柿の花は桜など違って地味だが、独特の雰囲気を持っている。いい句だと思いました。
尚弘 柿の花と五重塔の対比がいいですね。
恂之介 奈良か京都か、人通りの多い表通りではなく、寺の裏道のような感じです。大きくはないが、風格のある五重塔があるのでしょう。柿の花のムードがよく出ていますね。
         *           *
 柿の花探訪のため散歩に出た句友がいた。家の周辺だけでなく遠出もして得た結論の一つは、古い家にあり、新しい家にはない、ということであった。寺社を含め、広い庭のある古くからの屋敷によく見かけるが、新築の家に植えるようなケースには出会わなかったという。結果として柿の木は減少の一歩をたどる。柿の花を見る機会も減り、どこかにないかと探しに出ることにもなるのだ。(恂)

この記事へのコメント