焼芋を包む夕刊拾ひ読み           岡田 臣弘

焼芋を包む夕刊拾ひ読み           岡田 臣弘

『合評会から』(酔吟会)

操 焼芋の記憶は昭和の記憶ですね。私も包んだ新聞を拾い読みした覚えがあります。
詠悟 夕刊もこんなところに役に立っているのかと思いました。
涸魚 「新聞で包む。その新聞を読む」というのは常套手段なんですよ。大掃除の時とかね。他にこれと言った句がなかったので採ったんですが。
佳子 素直な句です。雛人形の出し入れの時に、包んでいる新聞をよく拾い読みしましたが。自分もやってしまいそうで共感しました。
二堂 今は新聞ではなく、もっとスマートな袋ですね。昔を懐かしんでいるのでしょう。
          *       *
 焼芋屋のおじさんが新聞四ページ分を二つ折りにし、無造作に包んでくれたのだと思う。焼き芋の温かさが新聞を通して、じんわりと伝わってくる。現在も焼芋は売っているが、俳句は昭和の頃の懐かしい思い出になりがちだ。焼芋はそういう季語なのだろう。(恂)

この記事へのコメント