ひまわりの丘越えゆけば地中海   金指 正風

ひまわりの丘越えゆけば地中海   金指 正風

『合評会から』(酔吟会)

臣弘 景色として楽しいね。向日葵が丘一面に一斉に咲いている。そこを潜り抜けて行くと目の前に地中海がぱっと広がる。
涸魚 こういう所へ行ってみたいなと思いましてね。地中海、私もコートダジュールには二回行ったんだが、こういう景色には出くわさなかった。きっとどこかにあるに違いないが、あこがれのような気持で採りました。
恂之介 何とかを越え行けば、という詠み方は叙景句にはよくあるというか、常套句なんだが、これは何て言っても地中海と向日葵ですからね、色彩が凄い。印象が圧倒的に強い。
          *   *   *
 作者によるとスペイン・アンダルシア地方のマラガでの作。雄大で色彩鮮烈な句だ。問題は「ひまわり」という書き方。「俳句は旧仮名」に従えば、「ひまはり」が正しい。「しかし、『ひまはり』では弱々しくてあの地中海の陽光に適わないと思って」と言う。これもまた現代俳句と旧仮名表記の、首をひねる問題だ。(水)

この記事へのコメント