極月やどしんと棄てる文庫本  金田 青水

極月やどしんと棄てる文庫本   金田 青水

『合評会から」(日経俳句会合同句会)

正市 棄てにくい本を棄てたのですね。「極月」という季語が生きていると思います。
佳子 「どしん」という表現に思い切りのよさが感じられます。
定利 文庫本を何かに包んだのか、段ボールにでも入れているのか。今風の句ですね。
啓明 極月ですからね。年が極まって、大掃除をやるので、ついに棄てねばならない。「どしん」に、「えい」という気持ちが込められている。
光迷 年来の溜ったものの大掃除ですね。文庫本ですが、棄てたのは小説本が多いのかな。
誰か 「棄てる」は、文語体だと「棄つる」になりますが……。
青水(作者) それも考えましたが、「どしん」ですからね。やはり口語体の方がいいと思いました。
             *              *
 この後、本の整理の話が長く続いた。大手の古本屋に売ったら、一冊十円だという。煙草の匂いがするとただでも引き取ってくれないらしい。当然ながら、読書家ほど本の処理に困っているようだ。(恂)

この記事へのコメント