公園のおしゃべり尽きず星今宵   原 文鶴

公園のおしゃべり尽きず星今宵   原 文鶴

『季のことば』

 七月七日の夜、天の川をはさんで向き合う牽牛星(鷲座のアルタイル)と織女星(琴座のヴェガ)が年に一度逢引きするという伝説に基づく星祭り。大昔の日本には、選ばれた娘が機織り姫となり、村はずれに作られた棚の上で布を織り神様を迎えるという行事があったが、これと奈良時代に中国から伝わった機織り・縫物、習字、学問などの上達を星に願う乞巧奠(きこうでん)とが一緒になって今日の七夕祭になったという。今宵は二星にとって待ちに待った日というわけで、「星今宵」という七夕の言い換え季語が生まれた。
 しかし俳句では「七夕」「星今宵」は旧暦七月七日であり、秋の季語とされている。新暦で動いている東京近辺ではカレンダー通り七月七日に七夕竹を飾る家が多い。仙台はじめ地方都市の七夕祭は月遅れの八月七日を中心に開催している。ここにもまた季語のずれが生じている。それはさておき、日が暮れてさしもの猛暑がおさまった公園などで星空を仰いでのおしゃべりは楽しい。この夕涼みの習慣が七夕祭の根源にあるのかも知れない。(水)

この記事へのコメント