酒気帯びし父の土産や桜餅   山口 斗詩子

酒気帯びし父の土産や桜餅   山口 斗詩子

『この一句』

 なんだか可笑しさを感じさせる句である。そもそも、お酒を飲んだ帰りに、桜餅を土産に買って帰るというのがなんだか可笑しい。寿司の折詰でも焼き鳥盛合せでもなく、ショートケーキでもなく、桜餅を土産に持ち帰るということがなんとも微笑ましい。奥様の好物だろうか、子供たちが好きなのだろうか、それとも、このお父さん自身がお酒と甘いものの両刀使いの人なのだろうか。いろいろなことを想像させる。
 桜餅には、関東風の長命寺と、関西風の道明寺の二つの種類がある。大阪生まれの筆者は、桜餅発祥の地が向島の長命寺だということを長く知らず、道明寺こそ本物の桜餅だと思い込んでいた。というか、道明寺という呼び方そのものを長らく知らなかった。阪神タイガースの新監督ではないが、桜餅といえば「あれ」しかなかった。
 句会では、この句に詠まれた父とは誰のことだろうと話題になったが、作者が欠席されていて判明しなかった。亡くなられたご主人はお酒を飲まれなかった方なので、この父は、文字通り、作者のお父上のことだろうという話になった。亡くなられたご主人なら、大阪生まれの方なので、桜餅は道明寺に違いないように思うが、実のお父上の場合、どちらを土産にされたのか気になった。いずれにせよ、ほろ酔い機嫌で、桜餅をぶら下げて家路を急ぐお父さんは、きっと、家族思いのいいお父さんに違いない。
(可 23.04.21.)

この記事へのコメント

  • 鈴木雀九

    余所事ながら気になる。有名な向島の桜餅店が自ら長命寺桜餅と言っているけれど関東風桜餅を長命寺というのは間違いと思う。クラッカーを「アタリマエダ」と言わない。関西風は道明寺粉を用いているのだから道明寺でも良いと思う。ただ京都七軒町近くで桜の葉の道明寺餅(この名があるか正確には知らない)を食べた時、あえて桜餅と呼ばなくて良いのではないかと思った。
    2023年04月24日 23:11