竿売りの絶えて久しき竹の春    篠田 朗

竿売りの絶えて久しき竹の春    篠田 朗

『合評会から』(日経俳句会)

鷹洋 これはね、昔のあれですよ。「竿や~サオダケ~」って、売りに来てた。その昔の事を思い出して、懐かしさで頂きました。
三薬 一緒です。「竿や~」を思い出して、採りました。
実千代 私の記憶のなかに微かに息づいている光景です。
十三妹 竹竿だけでなく、プラスチックの竿売りの声もなし。スピーカーの騒音は嫌ですが、無ければ淋しい。
          *       *       *
 昭和40年代初めまでは真竹の物干竿を担いで、節をつけた売り声を上げながら竿竹売りが流していた。それが40年代末頃には十三妹さんの言うように、小型トラックに積んで低速で走りながら、拡声器で売り声を振りまくようになり、竿竹も本物の竹ではなく、プラスチックやスチールパイプに変わった。
 そして最近は竿竹売りトラックがばったり姿を見せなくなった。竿売の中に悪いのが居て、「一本千円〜、古竿を引き取りまーす」と拡声器で客を釣り、声を掛けられると3本固めて運び込み、古竿をさっさと車に積んでしまい、3千円プラス廃棄処分臂7千円の合計Ⅰ万円を要求したりする。消費者センターに苦情が殺到、取締が始まったせいだとも言われている。一方、洗濯機と乾燥機が進化して屋内干しやバルコニーの夜間干しで十分干せるようになり、竿竹の需要が無くなったという説もある。真相ははっきりしないが、あらゆる「呼び売り」が昔語りになりかけている。
(水 22.10.12.)

この記事へのコメント

  • 雀九

    私は20年前のお値段です、と続けたくなる。去年も言ってたから今年は21年じゃないかと子供とふざけていました。すみません。
    2022年10月12日 21:18
  • 酒呑洞

     ジャックさんの言われる通り、我が家のそばを流して往く竿竹トラックの拡声器も「20年前のお値段」と言ってました。あのスピーカーから流れる音源はどこかで吹き込んだものを売ってるんでしょうかね。割にきれいな女声です。運転しながら売っているのは何とも胡散臭いおっさんですが。
    2022年10月13日 00:04