蝸牛余生は殻を持て余し     向井 ゆり

蝸牛余生は殻を持て余し     向井 ゆり

『合評会から』(日経俳句会)

木葉 蝸牛の一生を自らに重ね合わせているようです。作者の「殻」とは持ち家でしょうか。老境に入って子供も継承しない家を、さてどうしようと思いあぐねているのだと解釈しました。
鷹洋 穏やかな余生を期待してたのに、いざとなるとあれやこれや。なまじ筋を通そうとするから悩み・トラブルがつきない。なんとも因果な人の世です。
ヲブラダ 本物の蝸牛は殻を持て余すことはないと思いますが、なんともユーモラスです。
双歩 蝸牛を見ていると、殻を背負ってるせいか、どうしても人生を重ねたくなります。自分も似た詠み方をしました。
道子 わが身を顧みてしみじみと納得。
*       *
「蝸牛は石灰やコンクリを食べ、殻を大きくしながら成長するので、殻のヘリの形状で成長途中なのか成体かが見分けられる、とスマホが教えてくれました。どこで成長が止まるのか、その後どの位生きるのか、殻を大きくしないのは、蝸牛にとって楽なことなのか、衰えてただ出来なくなるのか、などが気になったところ。自身は、定年が二カ月後に迫り、複雑な心境にあります」と自句自解。これにあえて付け加えれば、「これからはもう殻を大きくする必要はありません。悠々と第二の人生を楽しんでください」。
(水 21.08.12.)

この記事へのコメント