楼蘭の砂中の遺跡夜這星     大下 明古

楼蘭の砂中の遺跡夜這星     大下 明古

『合評会から』(日経俳句会)

睦子 シルクロードの要衝、ガンダーラ文化の遺跡には月や星が自然と結びつきます。
鷹洋 真夏の夜空のロマン。楼蘭の莫高窟をラクダが行く、空に流れ星。
木葉 流れ星に相応しい舞台。砂に埋もれた遺跡が物語を紡ぎムード満点。
迷哲 砂に埋もれ崩れゆく古代遺跡。星の流れに、悠久の時の流れを実感。
冷峰 戦さで桜蘭は滅び西夏が覇者となる。井上靖で西域ものに目覚めた。
操 タクラマカン砂漠に残る楼蘭遺跡、壮大な情景に渡る流れ星。
雅史 砂漠に王国の栄華をしのぶ。 その時、流れ星。 ロマンを感じます。
水馬 まさに悠久という言葉がぴったりのスケールの大きさが良い。
芳之 平山郁夫の「楼蘭遺跡」と言えば月ですが、流れ星が名脇役に。
正市 悠久の流れ星には楼蘭遺跡がふさわしくはないか。
明生 夜空に輝く満天の星、流れ星。壮大な景色を描いた絵を見るような句。
昌魚 遺跡と流れ星との対比が素敵ですね。
而云 夜這星の歴史は人類の歴史でもある。
ゆり 想像ですが、夜這星に一番似合った景色かと。
           *       *       *
 8月の例会で14点という圧倒的人気を博した句。長くなるので、一人一行ずつ選評を紹介させてもらった。得心したのは最後の二人の発言。〝歴史は夜作られる〟ということか。
(双 20.09.08.)

この記事へのコメント

  • 迷哲

    短評も14人分並ぶと壮観ですね。それだけこの句の描く世界が、多くの人の心をとらえたということでしょう
    2020年09月08日 09:28