行き止まるレールの錆びて山時雨  中村迷哲

行き止まるレールの錆びて山時雨  中村迷哲

『この一句』

 これは、どこの光景なのだろうか。地方に行くと錆びたレールを見ることが多くなった。ひとつは利用者減少による廃線のため、もうひとつは地震や台風などによる被害のためである。東日本大震災による三陸鉄道が典型だが、復旧に何年も要し、ようやく全面開通したと思ったらまた被災し、というとても悲しい話もある。
 廃線になったわけではないが、錆び付いた無用のレールとなれば、それこそ至る所に見受けられる。たとえば待避線、閉鎖された車両基地…。日本経済の全盛期をしのばせるものだ。それが時雨が降り頻る山間にあり、そこに桜や欅などの落葉が舞い散り、風に震え…などと想像すると、どうしようもない侘しさが募ってくる。
 だが、それが日本の現実なのだろう。鉄道衰退の要因はクルマ社会の発展にあった。それが地球温暖化をもたらし、加速すると確認されても、クルマ依存はやみそうもない。アクセルとブレーキを踏み違えての事故が頻発したところで、自分には無縁と思う人が多いのだから。日本人の頭も錆びているのかもしれない。(光 19.12.18.)

この記事へのコメント

  • 酒呑洞

    いいコメントですなあ。確かに、この句をじっくり読み直すとこのコメントのような思いが湧いてきます。それをなまじっか、房総半島チバニアン吟行に出かけて山間の鉄道終着・始発駅の風景を見て詠んだ句だと幕の内が分かっているだけに、「あれ、あの時は晴れていたよ」なんて、つまらぬ雑念が禍して、句の良さが分からなくなってしまいます。吟行に行かなかった(光)さんだからこそ、こういう風に作品を素直に見つめることができる。勉強になりました。句には背景なんか要らない、句そのものを味わうのだということを教えてくれました。
    2019年12月18日 23:29