風通す鏝絵の蔵や薄紅葉     須藤 光迷

風通す鏝絵(こてえ)の蔵や薄紅葉   須藤 光迷

『季のことば』

 鏝絵(こてえ)とは左官職人が漆喰で壁に浮き彫りに描いた装飾。蔵の扉や窓の内側に、花鳥風月や縁起物を色彩豊かに描いたものが多い。伊豆松崎に残る名人・入江長八の作や大分安心院近辺の作品群が知られている。江戸から明治にかけて土地の庄屋や豪商らが蔵を建てる時、財力を示すために鏝絵を描かせたという。見せるためのものなので、雨の日以外は大抵は扉を開けている。
 掲句は秋の日に開け放った蔵の鏝絵を見た情景を詠む。作者によると長岡市郊外の摂田屋地区にある造り酒屋の蔵という。保存状態の良い鏝絵が残っているので全国的に有名らしい。
 その蔵に作者は数ある紅葉の季語の中から、「薄紅葉」を選んで取り合わせる。薄紅葉はまだ十分に紅葉しきらない状態を表す仲秋の季語だ。色鮮やかな鏝絵の印象を打ち消さないように、あえて色づきが淡い薄紅葉を配して、秋の気配を柔らかく伝える。これが照紅葉や夕紅葉では紅葉が鮮やか過ぎて、鏝絵のイメージが薄れてしまう。句作に熟達した作者ならではの季語の選択に、さすがと感じ入った。
(迷19.10.18.)

この記事へのコメント