秋深し萬年橋に探す亀      須藤 光迷

秋深し萬年橋に探す亀      須藤 光迷 『この一句』  芭蕉の旧跡をたどる深川吟行で、萬年橋のたもとで詠まれた句である。  江戸は17世紀末には人口百万人を超え、しっかりとした町割りと水道まで普及した世界最大の都市に発展していた。この大都市の消費を支えるための物資を運ぶ大動脈が隅田川。関西、東海からの産物を日本橋に運び、房総・常陸さらには東北の産物を利根・荒川水系から受け継いで繋ぎ、それを脇から支えたのが運河小名木川であった。その小名木川が隅田川に流入する門戸にあるのが萬年橋である。  塩、米、麦、味噌醤油、酒、海産物、野菜、木材などをせっせと江戸に運んだ小名木川。江戸時代から大正の関東大震災までこの水運は生きていた(細々とだが昭和30年代までは実用に供されていた)。河口の萬年橋も重要な橋。この橋番は収入源として川で取れる鰻、泥鰌を売り、「放し亀」を売ることを認められていた。「放生」という、捉えられた生き物を放ち逃してやることによって果報がもたらされるという俗信に基づいた行いで、特に「亀は万年」ということから萬年橋の亀の放生は名物になっていた。広重の「名所江戸百景」の萬年橋の図も吊るされた亀だ。  放された亀は「あ、またか」とその辺に撒かれた餌を食べ、のそのそしているうちに橋番や付近のガギ共にまたまた捕まえられて吊るし亀にされる、という話が残っている。古典落語の本題に入る前のマクラとして昔はよく使われた。この句はそういったことを巧みに詠み込んだ傑作である。 (水 21.10…

続きを読む

秋の句座障子あければ隅田川   廣田 可升

秋の句座障子あければ隅田川   廣田 可升 『この一句』  都内のコロナ緊急事態宣言が解けて、ほんとうに久しぶりの吟行であった。この年、吟行らしいものは、1月に感染の危険を顧みず歩いた亀戸七福神吟行と3月末のごくごく地味に集まった有志6人の桜吟行で、多摩霊園、国立の桜並木と谷保八幡宮を歩いただけ。それだけに参加14人とまとまった今回の吟行のうれしさ楽しさは格別の感じがしたものである。今回は深川の芭蕉の数々の跡を訪ねたのであるが、ファンお馴染みの臨川寺をスタートに芭蕉記念館で終着というコース。  上に掲げた句は、その芭蕉記念館で様々な資料を見、館員の方から懇切丁寧な解説を受けた後、同館3階座敷を借りて句会を開いた際の高点句。江東区に住む幹事役の作者はここによく来るという。座敷に上がると、かの人は手慣れたごとく障子をさっと開け放した。樹々で大川がすっきりと見えたわけではないが、植え込み越しにまぎれもなく隅田川の一部。「障子あければ隅田川」の措辞がその通りと、みごとに詠んだ。元来、自宅以外で障子を開けると思わぬ風景に出会うのはしばしばあること。まして場所は江戸情緒の残り香がする深川、しかも〝芭蕉の館〟と名乗る建物の中である。座敷という閉鎖場面を転換する動作と、一気に光景が変わる開放感がこの句の真面目(しんめんもく)だ。読む人の気分をよくする句で、多くの句友が採ったのもうなずける。 (葉 21.10.22.)

続きを読む

萩すすき揃へて待てり芭蕉像   今泉 而云

萩すすき揃へて待てり芭蕉像   今泉 而云 『この一句』  緊急事態宣言の解除を受け、10月中旬に深川の芭蕉旧跡をたどる吟行を催した。番町喜楽会のメンバーを中心に14人が参加、久々の吟行に心も足取りも軽く晩秋の下町を巡った。掲句はその時の句で、吟行の目玉スポットのひとつ「芭蕉庵史跡展望庭園」で詠まれたもの。  庭園は墨田川河畔の小高い丘の上にある。山寺をイメージしたという階段を登ると、蛙が飛び込んだ古池を模した小さな池があり、一角には芭蕉の座像が川を向いて設置されている。階段下には薄が伸び、池の脇に植えられた赤萩が花を散らしていた。掲句はその情景を写したものだが、奥の細道にある芭蕉の句「しをらしき名や小松吹く萩薄」を踏まえた、一種の本歌取りの句と読んだ。芭蕉吟行にふさわしい機知に富んだ句と思い、点を入れた。  芭蕉は奥の細道の旅で加賀の小松に立ち寄った際、一泊の予定を地元の俳人に引き留められて三泊している。神社仏閣を訪ねて連句を巻き、いくつか句を残した。萩薄の句は、地名の小松を織り込んだ挨拶句で、芭蕉が小松の土地と人に少なからぬ好意を抱いたことを示している。  作者は俳句の大先達であり、萩と薄を見てすぐに芭蕉の句が浮かんだに違いない。芭蕉が下五に置いた萩薄を、上五に置いて「揃へて待てり芭蕉像」と受ける。時空を超えた言葉のリレーのようにも思え、さらに趣が深まった。 (迷 21.10.21.)

続きを読む

相撲部屋シャッター降りて冬隣  向井 ゆり

相撲部屋シャッター降りて冬隣  向井 ゆり 『季のことば』  「冬隣」という晩秋の季語は、やや哀愁を帯びていて魅力的だ。「冬近し」の傍題となっていて「水牛歳時記」によれば、「冬近し」が普遍的客観的に「冬が来るぞ」と言うのに対して、「冬隣」はもう少し個人的な感情に引きつけて物事を言う言葉のようだ。要するに、やや心情的感慨が入ったのが「冬隣」だろう。  話は飛ぶが、ちあきなおみに「冬隣」という歌がある。伴侶に先立たれた奥さんが、亡き夫を偲んで、彼の好物だった焼酎のお湯割りを口に含みながら、私を独りぼっちにさせないで、と歌い上げる内容だ。この歌を聞くと「冬隣」の本意がなんとなく伝わる。  掲句は、吟行で訪れた深川巡りでの嘱目。芭蕉旧跡を訪ねる途中、作者はとある相撲部屋の前を通りかかった。本場所の華やいだ喧騒が去り、朝稽古も終わったのか部屋のビルはシャッターが閉ざされていた。その寒々しい光景に、冬の気配を感じ取った瑞々しい感性が句座の琴線に触れたのだろう。作者を除く参加者13人中7人、つまり過半数の支持を得て堂々の一席に輝いた。作者は吟行、即句会という経験は初めてというから驚く。見たままを季語に託して詠んだことで、吟行句にありがちな、参加者だけが共感できる句材、詠み方ではなく、独立した句としても十分通用する秀句となった。 (双 21.10.20.)

続きを読む

行く秋の小名木水門元番所    田中 白山

行く秋の小名木水門元番所    田中 白山 『この一句』  深川吟行の句である。小名木川は旧中川と隅田川をつなぐ五キロにわたる川で、江戸時代に掘られた運河である。「小名木水門」はその小名木川と隅田川が合流する萬年橋近くに設けられた、水位調節のための水門であるが、正式には「新小名木川水門」という。この句では「新」も「川」も省かれ、七音の「小名木水門」と省略されている。もともと旧中川側に「小名木川水門」があった為に、それと区別する為に「新」が付されたものである。一方の「元番所」は、萬年橋近くにかつてあった「川番所」のこと。小名木川を通行する船を取締り、積荷を管理するためのものであったが、こちらの方は旧中川側に「中川船番所」が設けられたために廃され、「元番所」と呼ばれるようになった。双方とも小名木川の水運に関連する施設ではあるが、時代背景も含め直接つながりのあるものではない。  この句の良さはなによりも、「新小名木川水門」を「小名木水門」と七音にまとめ、萬年橋を挟んで近接する「元番所」と一体化して、「小名木水門元番所」と言い切った歯切れの良さにある。これに取合せた「行く秋」の季語もなかなか良い。吟行の行われたのがまさに「行く秋」の季節であっただけでなく、「行く秋」の「行く」が上り下りの船の往来を想起させ、更には、江戸の昔から今への、時の流れも感じさせてくれる。 (可 21.10.19.)

続きを読む

城仰ぐ町縦横に秋の水      中村 迷哲

城仰ぐ町縦横に秋の水      中村 迷哲 『この一句』  どこの城下町を詠んだのだろうかと、まず思う。読み手にはそれぞれのイメージが浮かぶ。町なかを流れる水の城下町といえば萩、津和野、柳川、松江などがあげられる。いや、水の都大阪だって城を見上げながら濠を行く遊覧船がある。この詮索は無用かもしれない。固有名詞を入れてイメージを鮮明にするのも一つ。いっぽう読み手の想像に任せるのももう一つの手だ。ケースバイケースと言ってしまえばそれまでだが、手あかのついた固有名詞なら陳腐の謗りをまぬかれない。この句は後者の採用で成功したのではないか。最初、松江城を思ったのだが、「町縦横に」とあるから武家町を掘割や用水路が縦横に流れる萩、津和野のいずれかだろうかと考え直した。もっとも両方とも城に石垣しか残っていないので、城跡を見上げたのだとなる。  いい景色である。城(跡)を見上げれば掘割の水が静かである。あるいは網の目に張り巡らされた用水路に秋の水が潺湲と流れている。筆者が思うに「秋の水」の句は繊細でむずかしい。暑くもなく寒くもない秋の気配を水の変化で捉えなければならないからだ。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかぬる」の自然観と似ている。城と濠の水か、町割りの用水路の水か、どっちを想起すべきかはさておき、景のイメージと繊細さをつないだ一句と思える。(葉 21.10.18.)

続きを読む

眼球に溢るる麻酔秋の水     塩田 命水

眼球に溢るる麻酔秋の水     塩田 命水 『この一句』  「秋の水」の兼題に目玉をぶつけてきた掲句には意表を突かれた。川や池、海など身の回りにある水を詠んだ句が多い中で、眼球に溢れる麻酔薬に秋を感じた作者の感性に心惹かれた。確かに目に麻酔薬を注がれれば、冷たさと透明な水の膜を感じるであろう。「眼球に溢るる麻酔」の表現にリアリティーがあり、その透明感が秋の水と通い合う。  番町喜楽会の10月例会の選句表には、手術の体験を詠んだ同じ作者と思われる句がいくつかあり目を引いた。「やや寒や目玉に注射打つといふ」もその一つ。作者の解説によれば、右眼が急におかしくなり、眼の後ろに注射を打つ手術を受けたという。掲句は手術に先立って麻酔薬を点眼された局面であろう。本人が「ぞっとした」という手術を受けながら、自分自身を客観的に眺め、句に詠み止めた精神力には感心する。  一連の句のうち最も点が入ったのは「手術終へ妻と眺むる紅葉かな」だった。手術を受けるのは大小、難易度を問わず不安なもの。目玉に注射を打つという〝怖い〟手術を無事に終えた作者。奥様と眺めた紅葉の美しさは、目にも心にも沁みたであろう。 (迷 21.10.17.)

続きを読む

晩酌の父の笑顔や土瓶蒸し    前島 幻水

晩酌の父の笑顔や土瓶蒸し    前島 幻水 『合評会から』(番町喜楽会)  てる夫 父親の酒の相手をしたことがありません。あったらよかったなぁと、思い出させてくれた句です。 白山 兄弟六人もいたからか、母親と父親だけが松茸の土瓶蒸しでした(笑)。思い出しました。 満智 お酒と好物のごちそうで機嫌のよいお父さんを愛情込めて詠んだ句でしょうか。父親の機嫌が何よりも優先される昭和の家族が懐かしいわけではありませんが、亡くなってしまえば、あんなに簡単に喜んでくれるならもっともっと喜ばしてあげたかったと思ったり。個人的にいろいろな感情を引き起こされた句です。           *       *       *  一家団欒の姿を詠んで、ほのぼのとした気分が伝わって来る。満智さんの言われるように、昔の家庭は何よりも大黒柱の父親の存在が大きかった。  晩御飯の御膳の正面にでんと座ったお父さんが、時たま難しい顔でむっつりしていたりすると、一家中が暗い気分になってしまう。しかし、そんなことは稀で、お父さんは仕事でなにか難しいことがあっても家族の前ではおくびにも出さず、ニコニコ笑いながらいろんな話をしてくれたりする。そうすると、お母さんも子どもたちもとても楽しくなるのだった。  今や一家揃って晩御飯の膳を囲む家など、どれほどあるのだろうか。お父さんの権威は地に落ち、夜遅く帰って、冷えたおかずをチンして、「独りしずかに晩酌」が相場となっている。 (水 21.10.15.)

続きを読む

懇ろに艇庫締めをり水の秋    嵐田 双歩

懇ろに艇庫締めをり水の秋    嵐田 双歩 『合評会から』(番町喜楽会) 而云 シーズンの終わりに、一年の感謝をこめて懇ろに艇庫を閉めるのだと思って採ったのだけど、よく考えればまだまだシーズン途中ですね。 可升 いつも中川に浮かぶボートを眺めていて、まわりにたくさん艇庫もあるので、この句を採らないわけには行きません。 青水 上五の措辞が心地よい。季語とマッチしている。練習が終わり入念に手入れした練習艇を格納した後の静けさが伝わってくる。 水牛 もう少し秋の深まった頃の季語の方が良いなと思いました。 双歩(作者)たしかに「冬隣」くらいの季語の方がいいかもしれませんね。           *       *       *  季題「秋の水」に投じられた句には、どうしても季語と重なる水の景がまといつく。致し方ないといえばそうだが、この句は大学ボート部の「艇庫」という珍しい場所をもってきた。春から夏と一生懸命練習に励んだ学生らの根城でもある。もちろん巧い句であると同時に水の景から少し離れたのがよく、票を集めたのではないだろうか。ボート競技は五輪もあったし、元東大ボート部主将が今回大臣になった話題性もある(これは後講釈)。季語がちょっと早いという評もうなずけるが、筆者は場所と動作が妙となって「秋の水」の句だと感じた。 (葉 21.10.14.)

続きを読む

馬鈴薯や初収穫の庭菜園     池内 的中

馬鈴薯や初収穫の庭菜園     池内 的中 『おかめはちもく』  「や」という詠嘆を表す助詞は、連歌・俳諧の時代から「切字」として用いられてきた。「切字」とは多くの場合主題となる名詞に付いて、作者の感慨を伝える働きをする。5・7・5という極めて限られた言葉数で思いを伝えるには、表現上、叙述上、いろいろな工夫が為され、「切字」も「・・・なんだなあ」「・・・なんですよ」という作者の深い思い入れを示す手段の一つとして定着した。この句の場合も、丹精込めて作った菜園の馬鈴薯の収穫の喜びを、真っ先に上五で「馬鈴薯や」と提示したわけである。  それはいいのだが、「馬鈴薯や」で切っておきながら、「初収穫の・・」と同じ話題を繰り返す詠み方が問題である。本来「や」という大休止の切字を置いたら、その下では別のことを言って、相対峙して互いの響き合いを生み出すようにした方が良い。大休止の「や」を入れながら、また元の事をあれこれ述べては、折角「や」で述べた主題の印象がぼやけてしまう。但し、芭蕉の句をはじめ古俳諧には上五を「や」で切って、中七・下五でそれを敷衍する詠み方があるが、それはひとまず「例外」としておこう。  この句の場合はもともと「や」で切る必要は無かったと思われるのだが、あえて入れるとすれば、場所を変えた方がいい。たとえば、   馬鈴薯の初収穫や庭菜園  こうすれば、「なんと我が庭菜園でジャガイモが出来たんだよ」という初収穫の喜びが増幅されるだろう。 (水 21.10.13.)

続きを読む