三伏や棚にキンカン正露丸    大澤 水牛

三伏や棚にキンカン正露丸    大澤 水牛 『この一句』  虫刺されのキンカン、食あたりの正露丸、この二つの薬を棚に見つけたところでこの句は決まった。いずれも夏の定番とも言える常備薬で、七月中旬から八月上旬の酷暑の時期の季語である「三伏」には、これ以上ない取合せの素材である。作者はいろいろな野菜を作る玄人はだしの園芸家でもある。キンカンも、正露丸も日常よくお世話になる薬で、出来ればムヒも加えたかったが、字余りになるのでムヒは外したとのこと。それにしてもキンカン、正露丸、いずれ劣らぬ大ロングセラー商品である。  キンカンの製造販売元は、その名も「金冠堂」。会社のホームページによれば、キンカンは大正十五年に「合名会社金冠堂」によって販売開始されたとのこと。一方の正露丸は、日露開戦の明治三十七年、「中島佐一薬房」が陸海軍に納入した「忠勇征露丸」を嚆矢とするらしい。戦後、大幸薬品に事業継承され「征露丸」から「正露丸」になり、あのお馴染みのラッパのマークが使われるようになったようだ。  いずれにせよ長い歴史を通じ、紆余曲折ありながらも現役の製品であり続けていることは賞賛に値する。ちなみに、ムヒは「池田模範堂」、メンタームは「近江兄弟社」、蚊取り線香の金鳥は「大日本除虫菊」。こういう夏の風物詩のような商品を売る会社は、どういうわけか、社名そのものが詩心を刺激してくれる。 (可 21.08.19.)

続きを読む