三伏にオクラの伸びのためらわず  澤井二堂

三伏にオクラの伸びのためらわず  澤井二堂 『合評会から』(日経俳句会) 芳之 ぐんぐん大きくなるオクラ。暑さに負けぬ力強い生命力を感じる。 三代 オクラは一日でぎょっとするくらい大きくなる。実感だと思います。 方円 真夏の植物の生命力を、この句は具体的に示した。「ためらわず」が良い。 ゆり ためらわずが本当にその通り。採り時を逃すと、すぐに太く大きくなって、もう食べられない。オクラにとっては知ったこっちゃないですよね。 実千代 ためらわずにすくすくのびるオクラ……。三伏の季語にぴったりです。 雀九 酷暑なれど庭先あるいはプランターのオクラがたくましく清々しいことよ。 *       *       * 作者はベランダでオクラを栽培している。「採ってもとっても実の生る元気な様子を『伸びのためらわず』とした」という。まさにその通り。 生らしっぱなしにしておくと、オクラは20センチにもなり、莢がかちかちになってやがて黒褐色になる。中には黒い正露丸のような実が並んでいる。これをフライパンで煎り、摺り鉢に入れてこつこつと気長に砕いたものをコーヒーメーカーに入れれば、一風変わったコーヒーができる。今どきそんな馬鹿らしいことやる人、いないよね。戦時中、コーヒー豆が入手不可能となって悄気げていたコーヒー狂いの友人のために、亡父がせっせと拵えてやっていたのを憶えている。 (水 21.08.08.)

続きを読む