釣り糸は海にあづけて秋の雲   嵐田 双歩

釣り糸は海にあづけて秋の雲   嵐田 双歩 『季のことば』  海辺で釣りをしている人が、ふと空を見上げると秋の雲が浮いていたという、長閑な光景を詠んだ句である。「風に吹かれて空の雲を眺めている。のんびり感に一票」(てる夫)、「釣りを楽しむゆったり感が『海にあづけて』の表現に出ている」(命水)など好感する人が多く、番町喜楽会の九月例会で最高点を得た。  秋は大気が澄み、高層の雲が見えるようになる。気象用語でいう巻積雲、高積雲、巻雲などが代表的で、「秋の雲」が季語となっている。鰯雲、鱗雲、鯖雲といった雲の名も秋の季語だ。  釣り好きは短気な人が多く、竿や浮きの細かい変化を見逃さないという。しかし作者は釣りの初心者なのか釣果がなかったのか、釣りをあきらめ、空に目を転じている。「海にあづけて」の措辞からは、秋の雲に心を遊ばせる余裕が感じられる。  釣り人が見つけた秋の雲は、どんな雲であろうか。やはり鱗雲か鯖雲か、釣れなかった魚につながる雲であろう。 (迷 19.09.30.)

続きを読む