むきだしの命漂ふ水母かな     廣田 可升

むきだしの命漂ふ水母かな     廣田 可升 『季のことば』  選句表でこの句を見た時、「むきだしの命」の表現に心をぎゅっと掴まれた思いがした。透明な丸い体を揺らし海中を漂う水母の姿から、命の切なさが伝わってくる。  水母は夏場にたくさん発生し、海岸でよく見られることから夏の季語となっている。砂浜に打ち上げられた水母を見たり、海水浴で刺された経験のある人も少なくないだろう。世界には三千種、日本には二百種類が生息するとされるが、その生態はよく分かっていない。水中をゆらゆらと浮遊する姿に「見ているだけで癒される」と家で飼う人もいるという。山形県の加茂水族館は数十種の水母を展示し、人気を集めている。  掲句は、透明なゼラチン質の水母を「むき出しの命」という本質を捉えた言葉で表現する。体を護る鱗や殻を持たず、まさに命そのものが泳いでいると見たのだろう。地球上の全ての生き物は海から発祥したとされる。夏の海に漂う水母から、あえかな生命を感じる作者の感性は、人類の遥かな記憶に繋がっているのかも知れない。(迷)

続きを読む