堅焼きの煎餅かりつと冬日和     久保田 操

堅焼きの煎餅かりつと冬日和     久保田 操 『合評会から』(酔吟会) 水馬 固焼きのせんべいの「かりっと」と「冬日和」が合っています。冬の乾燥した感じと「煎餅」の堅い感じがよく合っていると思います。 睦子 「逆回り奥の細道」の旅で草加へ行った時、どなたかがお煎餅を買って下さって、みんなでいただきましたね。それを思い出しました。あの時も冬日和でした。 涸魚 かーと晴れ上がった冬の感じと堅焼煎餅のかりっとした感じをスッと句にしたところが上手いなぁといただきました。           *       *       *  三人が指摘するように、堅焼煎餅を囓ったことと冬日和がとても良く合っている。一見突拍子も無い取り合わせだが、煎餅がいい。これがクッキーやウエファースでは気取った感じになってしまう。睦子さんが指摘しているように、この句は吟行での嘱目か。読者にも、ちょっと寒いが真っ青に晴れた空まで見える、気持の良い句だ。(水)

続きを読む