涼新た年初の日記読み返し     和泉田 守

涼新た年初の日記読み返し     和泉田 守 『季のことば』  暑い暑いとぼやいているうちに、気が付けばもう八月も半ば。オレは一体何をやって来たんだろうなと、夜、日記帳を開き、今年初めからのことを読み返している。秋口は誰にもこんな思いに駆られることがあるだろう。この句は「新涼や」とせずに「涼新た」と言ったことで、季節の節目の「気づき」をうまく伝えることになった。  八月七日が「立秋」だが、実際にはこの頃が一番暑い。特に今年はひどかった。しかし、このところ吹く風に何とはなしに涼しさを感じるようになってきた。相変わらず入道雲は立つけれど、上天には筋雲や鱗雲が秋の気配を漂わせている。こういう気分を表した言葉が「新涼」である。「涼し」という言葉は、俳句では暑さの中に感じる涼しさを捉えたものとして夏の季語としている。そのため、暦が秋になって改めて感じる涼しさを「新涼」「涼新た」と言うようになった。  さて、年初来の来し方を読み返し、「これではならん」とネジ巻き直すか、「まあほどほどに行こう」と大悟するか。それは秋の夜の酒の分量にもよるだろう。(水)

続きを読む