空を嗅ぐホッキョクグマや冬隣     谷川 水馬

空を嗅ぐホッキョクグマや冬隣     谷川 水馬 『合評会から』(番町喜楽会) 正裕 「空を嗅ぐ」。季節の移り変わりを「そら」で感じているのだと思います。 而云 本当に熊はああいう格好をしますね。それを「嗅ぐ」ととらえたのが秀逸。 大虫 冬に入る頃になると、相手を探すんじゃないですか?「めす」の匂いを空に嗅いでいるのでは、ともとれますね。 てる夫 何といってもホッキョクグマを出演させたのがいいです。 可升 「空を嗅ぐ」、僕だけが「くう」と読みました(笑)。やっぱり「くう」がいいなぁ。まぁ好みの問題でしょうけれど。 哲 すごい句です。「冬隣」というのは「晩秋」から「冬」にかけてのことですよね。それをホッキョクグマを持ち出して、「俺の季節が来る、待ちどおしいなぁ」と、「空を嗅ぐ」で表現した。           *       *       *  白熊の仕草をうまく句に仕立てたてたものよと感心した。素晴らしい句だ。ただ「ホッキョクグマ」とカタカナで書くと理科の教科書みたいだ。個人的な趣味と言われるだろうが、白熊で詠むか「北極熊」として欲しかった。(水)

続きを読む