耳鳴りか虫の鳴く音か秋の声     竹居 照芳

耳鳴りか虫の鳴く音か秋の声     竹居 照芳 『この一句』  「虫の鳴く音」は秋の季語の不動の横綱だ。従ってこの句は、俳句の重要な約束事である「季重なりは慎むべし」を踏み外した、論評外の句ということになる。しかし、何となく心に残る。  耳鳴りは人によって色々あるようだが、どんなものであれ当人にとっては非常に気になり、鬱陶しいものである。ジジジと地虫の鳴くような音、キーンキンと金属的な音、ズーンズーンと響いたり、ドクドクと脈打つようなのもある。  この人のは小さいがずーっと鳴り響くもののようだ。鬱陶しくはあるが半ば慣れてしまって、耳鳴りなのか、虫の鳴く声か判然としなくなってしまった。時あたかも冷ややかさを感ずる季節。我が人生も差し詰め秋の声を聞く頃と言うべきなのだろう。と、立ち止まっている。  しんみりとはするが陰々滅々の感じがしない。そこがこの句のいい所だ。「耳鳴りか虫の鳴く音か」と放り出したような言い方が、あっけらかんとしている。季重ね云々など超越してしまって、「耳鳴りも虫の声も、すべからく秋」と達観している様子が面白い。(水)

続きを読む