酔ひざめの厠の小窓明け早し    大澤 水牛

 酔ひざめの厠の小窓明け早し    大澤 水牛 『合評会から』(番町喜楽会) 百子 飲んで眠ってしまうと早くに目が覚めますよね。のどが渇いたりして。身につまされる句です。 正裕 これはまさしく私自身が詠むべき句でした。今朝も四時半に目が覚めトイレに行ったのですが、窓の外はすでに明るくそのまま眠れずに起き出したんです。 大虫 「酔ひざめ」「厠の小窓」と具体的なので、いいな、と思いました。 誰か そうか、水牛さんの家は厠に小窓があるんだ。 別の誰か しかし厠とは古いなぁ。最近のマンションのトイレには小窓はないし、昔の句みたいだね。 水牛(作者) いつも飲みすぎると四時頃トイレに行くんです。最近の句だから「トイレ」がよかったのかな。いやぁ、トイレとはしたくない、とも思いますね。             *          *  「トイレ」か「厠」か「便所」か。昔は「御不浄」や「はばかり」も使われていた。現在は「トイレ」が一般的だが、俳句では「厠」が優勢だと思う。小窓があるくらいなら「厠」の使用は何らはばかることはない。(恂)

続きを読む