地吹雪に鍛え磨かれ津軽弁     片野 涸魚

地吹雪に鍛え磨かれ津軽弁     片野 涸魚 『合評会から』(酔吟会) 水馬  津軽弁と言っていますが、津軽の人や風土などすべてのことを含んでいるのでしょう。それを「津軽弁」に代表させたところが素晴らしいと思います。 春陽子  「鍛え磨かれ」という措辞、雪国をこうとらえたところが素晴らしい。 正裕  私も津軽弁の説明ではなく、津軽の人のことを言っているのだと思いました。きびしい風土の中で生きる津軽の人々を「鍛え磨かれ」と表現する。素晴らしい句です。           *       *       *  津軽の人同士が喋っているのを余所者が聞いても、何を言っているのか分からない。「余りにも寒いから、口をなるべく開かないようにして喋っているうちに、ああいう風になってしまったんだ」という怪説を聞いたことがある。とにかく厳しく苛酷な自然条件の下で鍛え抜かれてきたことは確かだ。(水)

続きを読む