神田川ゆっくり流れ秋の声     高橋 ヲブラダ

神田川ゆっくり流れ秋の声     高橋 ヲブラダ 『この一句』  神田川は東京都三鷹市の井の頭池を源流に両国橋近くで隅田川に流れ込む一級河川。室町時代太田道灌が江戸城を築いた頃は平川と呼ばれ、現在の飯田橋駅付近から日本橋川や内濠あたりを流れ、日比谷の海に流れ込んでいた。しばしば大洪水を起こし、今の丸の内、大手町あたりは入り江や湿地帯だった。徳川家康が江戸再開発を行い、秀忠の代にかけて神田山を二つに割り湯島と駿河台に分け神田川を通し、平川は堀割を作って日本橋川とした。神田川の水を日本橋一帯に供給する公共水道(水道橋)を作り、世界最大都市江戸の礎を築いた。  神田川は高度成長期には悪臭を放つほど汚れたが、今はかなり浄化され鯉や鮒が棲み鮎まで上って来るようになった。治水対策などで水量が減り、川としては貧相になっているが、飯田橋の日本橋川分岐点から隅田河畔の柳橋近辺になると、さすがに大きくなり、ゆったりとした流れになる。  この両岸の町々は江戸時代から明治、大正、昭和、平成と、日本という国の栄枯盛衰を担い、浮き沈みを繰り返してきた。川岸に佇めばそれがいろいろな声となり聞こえてくるようだ。(水)

続きを読む