湖染めて山を揺さぶる花火かな     前島 厳水

湖染めて山を揺さぶる花火かな     前島 厳水 『合評会から』(番町喜楽会) 正裕 色があって音があって、ダイナミックです。 健治 ヴィジュアルですね。 双歩 湖の花火は見たことが無いんですが、それが想像できる句。「山を揺さぶる」とは大げさですが、いかにもそう感じます。 水馬 見た途端に、これは諏訪湖じゃないかなと思いました。山を揺さぶる感じで、大変好きな句です。 春陽子 「湖染めて山を揺さぶる」とは、上手いですよね、参りましたというところです。 可升 私も同じで、この対句がとてもいいと思います。           *       *       *  作者によれば、この句はやはり諏訪湖だという。生まれ育った所なのだ。山の湖での打ち上げ花火は、爆裂音が四囲の山々に谺して迫力を増す。河や海辺の花火とはまた違った独特の雰囲気を醸し出す。それを生き生きと力強く描き出した。(水)

続きを読む