客人の去りて再び梅雨寒し     高井 百子

客人の去りて再び梅雨寒し     高井 百子 『合評会から』(独鈷山スケッチ・蛍狩り吟行) 而云 素晴らしい句だ。あの好天は全くの幸運だった。翌日からまた梅雨に戻ったという。客を迎えた主人側の喜びや安堵感もうかがえる。 正裕 大挙して訪れた句友をもてなし賑わった家にも、客が去ればやれやれという安堵感と一抹の寂しさが訪れる。 涸魚 宴の後のさびしさを伝えて余すところなし。 智宥 亭主はホッとしたかと思いきや、また寂しくなったと言う。客としては恐縮するしかない。 光迷 イベントの後に残ったものは、やれやれという安堵と疲労でしょうか。 水馬 上田の梅雨は本当は寒いのだろうなと実感。 佳子 人寄せの後のもの寂しさが梅雨寒に表された秀句だと思います。 睦子 人気者ご夫妻、たびたびこのように客人が集まるのでしょうね。 春陽子 寂寥感があり、それが又この句の良さかなと。 可升 ほんとに気分がよく出ています。           *       *       *  6月吟行で圧倒的支持を集めた句。宴の後の淋しさが戻りの梅雨寒に凝縮されている。(水)

続きを読む