爽やかに目礼かはす巫女と巫女   玉田春陽子

爽やかに目礼かはす巫女と巫女   玉田春陽子 『合評会から』(番町喜楽会) 可升 この句は何と言っても「巫女と巫女」でしょう。この言葉につかまっちゃいました。 而云 同感です。「巫女と巫女」の表現は新鮮で、今まで見たことがない。「目礼かはす」もいいですね。 水馬 爽やかな景が、すぐ見えて来ました。 佳子(メール選評) 面白い情景をスケッチされたなあと、感心いたしました。 瓢六(同) 神社の巫女さんになる資格は未婚の処女と決まっていましたが、今はどうでしょうか。それでも、品性のあるお嬢さんが選ばれているのでしょう。清々しい雰囲気が伝わってきます。 司会(光迷) 大きな神社なんでしょう。 作者 湯島天神です。              *             *  作者の「湯島天神です」に、「えーっ」という声が上がった。伊勢神宮、出雲大社のような立派な境内を頭に画いていたのだろう。しかしどこの神社であっても、爽やかな雰囲気の生まれる季節である。(恂)

続きを読む

門柱に纏わる人形秋出水     大沢 反平

門柱に纏わる人形秋出水     大沢 反平 『この一句』  「纏わる」は「まとわる」「まつわる」両様の読みがあるが、どちらも同じ「巻きつく」「絡みつく」の意味である。秋出水によって、この家は床上浸水になったのだろう。侵入した水は家の中のものを外へ流したが、人形は家に未練があるようだ。何とか留まろうと門柱に絡みついて離れようとしない。  作者はおそらく、このような場面をテレビで見たのだろう。門柱に何かが絡みついていた。人形でも、動物のぬいぐるみでも、持ち主の気持ちを思えば、何とも切ない情景である。水害に遭ったすべて家々に家族の生活があった。たとえ家は残ったにしても、二度と元に戻らないものがたくさんある。  人形の持ち主は幼児だろう。自分の分身のように可愛がっていたのかも知れない。避難所で寝た一夜に、人形のことを思い出していたのだろうか・・・。この一句によって生じた思いは際限なく広がって行く。このたび大被害を受けた常総市周辺には、またも大雨の予報がある。天の神様、不公平ではないか。(恂)

続きを読む

泰平の街ひと呑みに秋出水      大澤 水牛

泰平の街ひと呑みに秋出水     大澤 水牛 『合評会から』(酔吟会) 涸魚 時機を得たうまい時事俳句だ。「門柱に纏わる人形秋出水」もあったが、本当にひどい災害だった。 百子 昨日、一昨日に実際に起こったことで、印象も新たです。 二堂 鬼怒川の決壊には驚き、テレビに張りつけになっていた。あの驚きを即座に句にしている。 正裕 タイミングのよい時事句だが、この句には普遍性もありますね。 てる夫 私も「天変地異穏やかならぬ秋の空」と詠んだが、「泰平の街」に悲惨さがうまく表されている。 反平 「泰平の街」に、もうひとひねり必要、と思ったが。 冷峰 常総市は徳川時代から日光や水運の町・水海道に近く、泰平の街だった。そういう町が、あっと言う間に呑み込まれてしまった。だから「泰平の街」が効いていると私は思いました。             *           *  「酔吟会」は新聞社社会部OBを母体とする句会だけに、事件や出来事があるとすぐ句になって出てくる。それを「ブログ」で発表するのだから、鮮度は十分。もちろん包丁さばきも忘れてはならない。(恂)

続きを読む

清流に紅を写すや曼殊沙華    後藤尚弘

清流に紅を写すや曼殊沙華    後藤尚弘 『季のことば』  曼殊沙華(彼岸花)は奇妙な植物である。九月の初めに葉も枝もない茎だけが地面から伸び出して、ちょうど秋の彼岸の頃、焔を思わせる赤い花を咲かせる。花期は十日ほどだろうか。咲き終わると花も茎もなくなり、やがて水仙のような葉が地面近くに低く生え、それも春過ぎには無くなってしまう。  かつて隣家から貰った曼殊沙華の鱗茎(球根状のもの)を一つ、素焼の鉢に埋めたままにしていたら、いつの間にか鉢全体に鱗茎がぎっしりと詰まっていたので仰天した。園芸に詳しい人によると、素焼鉢だと破裂することもあるそうだ。この花はそんな凄い生命力で、子孫を増やしていくのだろう。  曼殊沙華の群生地に見物客が押しかける季節になってきた。この句の曼殊沙華は、澄んだ流れの岸辺に勢力圏を広げてきたのである。対岸から見ると、水に紅色が写っていたのだろう。流れだから、花の形は見えず、水面に紅がちらちらしていたはずだ。秋に出会う日本の風景の一つと言えよう。(恂)

続きを読む

夕日燃ゆるトプカピ宮や曼殊沙華      河村 有弘

夕日燃ゆるトプカピ宮や曼殊沙華      河村 有弘 『合評会から』(三四郎句会) 久敬 イスラム教の世界と曼殊沙華(彼岸花)の取り合わせ。オリエンタルムードがあります。 進 イスタンブールにある宮殿、「トプカプ」とも言いますね。あの宮殿や堂が夕日に輝いるという感傷的な風景に曼殊沙華ですか。宮殿もあの花のように赤く輝いて見えたのかも知れない。 恂之介 トルコにも曼殊沙華が咲いているんですね。外国の曼殊沙華を詠んだ句は珍しい。 正義 私の友人がタイの曼殊沙華を詠んだ句を送ってきました。タイに咲いているのなら、同じユーラシア大陸のトルコにも咲いているでしょう。               *          *  曼殊沙華の原産地は中国だから、ユーラシア大陸中に広がっていても不思議ではないのだが、外国で咲いていた、と聞くと、意外な感じがする。日本の秋を彩る代表的な花だけに、我々は「我が国の花」のような意識を持っているのだろうか。かつて中国で咲いていたのを見たが、花はまばらで、寂しげに見えた。この花は母国を出て、日本やトルコなどに「新天地」を見出したのかもしれない。(恂)

続きを読む

急峻の真田山城露葎   堤 てる夫

急峻の真田山城露葎   堤 てる夫 『この一句』  長野県上田市にある砥石城(戸石娍)跡を詠んだ句。よくもまあこんな所に城を築いたものだ。急斜面の森林と草葎、標高七九〇㍍。麓が既に四五〇㍍あるから、それほどの高さを上るわけではないのだが、急に立ち上がっている山だから大変なのだ。樹木や鉄杭に這わせたロープを頼りに頂上近くの胸突き坂を喘ぎつつ上る。ここを毎日行ったり来たりとは、昔の人は強かったんだなあと妙な感想をもらす。  武田信玄の信濃攻略の先兵だった地元の豪族真田幸綱(幸隆)は、天文20年(1551)北信の村上吉清に奪われていたこの城を苦心の末に奪還した。30年後、幸綱の子昌幸が上田城を作り、本城を真田郷から上田に移してからも出城として使った。昌幸が次男信繁(幸村)と上田城に籠もり、この砥石城も利用して、関ヶ原の戦いに赴く徳川秀忠の大軍を釘付けにした話は有名だ。  そんな昔話に浸りながら、頂上の本丸跡に腰を下ろして汗をぬぐう。来年のNHK大河ドラマはこの辺が舞台になるという。今はほとんど上る人もいないこの城跡も大賑わいとなり、露葎もたちまち乾いてしまうだろう。(水)

続きを読む

芝の先一本ごとの露の玉   前島 厳水

芝の先一本ごとの露の玉   前島 厳水 『合評会から』(番町喜楽会) 冷峰 芝の一本一本に露の玉がついてるという、そんな細かいところまで良く見つめて描写している。その大切さをしみじみ教えてくれる句です。 大虫 実際にこの光景はよく見ます。自然というものは本当に平等なんだなあと思います。一つずつ隣り合ってびっしりついているんですよね。そんなところをうまく詠んでいます。 啓一 細かい観察により、新しい発見がある。           *       *       *  俳句を芸術に育てたいと切望し、病躯に鞭打って熱烈な筆を振るった正岡子規は、“月並俳句”から脱するための一手法として「写生」を唱えた。後事を託された高浜虚子がそれをさらに推し進めた。熱心な弟子の中には地面に円を描き、その中にあるものを一つ一つ句にするという修業までした人がいた。  そんなエピソードを思い出させる句である。冷え込んだ夜が明けて日が射して来た時、この世のものとも思われない幻想的な露の原が出現した様子を見事にうたい上げている。(水)

続きを読む

流鏑馬の的散る先や曼珠沙華   印南 進

流鏑馬の的散る先や曼珠沙華   印南 進 『合評会から』(三四郎句会) 賢一 曼殊沙華に流鏑馬(やぶさめ)をもってきましたか。馬に乗って、矢を射って、的が飛び散る。あっ、あんなところに曼殊沙華が、ということですね。 有弘 鋭い動きをよく捉えたところに感服しました。 恂之介 四角い板が割れて、ぽーんと飛んでいきますね。ただ「先や」まで、詠んだ方がいいかどうか。しかし珍しい瞬間を捉えていると思いました。           *       *       *  鎌倉の鶴岡八幡宮の流鏑馬神事であろう。文治3年(1187年)源頼朝によって奉納されたのが嚆矢とされ、今では八幡宮例大祭の最終日9月16日に行われている。この他に4月第3日曜の鎌倉まつり最終日と、10月第1日曜の崇敬者大祭にも開催される。毎回大勢の見物人でごった返す人気イベントだ。  古式ゆかしい装束の騎馬武者が馬蹄の響き轟かせて走ってきて、矢を放ち、的の板を見事割るとやんやの喝采。勇壮、というよりはむしろ駘蕩たる感じなのが愉快である。(水)

続きを読む

日の落ちる時のすき間に秋の声   石黒 賢一

日の落ちる時のすき間に秋の声   石黒 賢一 『合評会から』(三四郎句会) 信 朝晩の気温が少し変わってきたと感じる時期ですね。まだ暑さは残っているものの、その「すき間」に、というのがいいですね。 尚弘 「時のすきま」という言葉を上手に使っている。 正義 夕日が落ちる頃はまだ暑いが、やはり秋の声が聞こえてくる。           *       *       *  句友が口々に言うように「時のすきま」という言葉を発見したところがさすがである。秋の夕方は古来物思いを誘う時間であり、新古今和歌集に載っている、寂連、西行、定家が「秋の夕暮」を詠んだ「三夕の歌」をお手本として、現代に至るも秋の寂寥感、「もののあはれ」が歌われ続けている。  しかしこの句は秋の暮を詠んではいるのだが、ことさらに寂寥感などを押し出してはいない。素直に秋の気配がすると述べているだけである。そこが却って素晴らしい効果を上げ、読む者にあれこれと物思わせる力を発揮することになった。(水)

続きを読む

足元を見つめ直すや草むしり   和泉田 守

足元を見つめ直すや草むしり   和泉田 守 『季のことば』  「草取り」「草むしり」は夏の季語。これは主として田圃の草取りを指した伝統によるものである。昔のお百姓は大切な稲を健やかに育てるために徹底的に田草取りをした。五月に田植が済むと、十日もたたぬうちに雑草が生えて来る。それを抜くのが「一番草」。七月、そろそろ穂が出ようかという頃合いになると、雑草も盛んに伸びる。これを取るのがコメの出来具合を左右する重要な「二番草」。そして七月末から八月にかけてもう一回やるのが「三番草」。  しかし今や除草剤のおかげで田草取りの苦役は大幅に軽減された。だから近ごろの草取りは、庭や道路や公園、あるいは健康を慮って除草剤を使わない畑や家庭菜園での風景になっている。  草むしりというものは、やり出すとついついむきになってしまう。全部取り尽くすことは不可能で、小さな芽や根は残ってしまうのだが、それをも取ろうとする。前方、左右に視線を走らせ、抜き取る。そして一歩足を動かすと、何たること、足元に二三本残っていた。「足元を見つめ直す」という措辞が、期せずして人生訓に通じて面白い。(水)

続きを読む