白南風や牛車は海を見て曲がる   須藤 光迷

白南風や牛車は海を見て曲がる    須藤 光迷 『合評会から』(番町喜楽会) 冷峰 沖縄の竹富島の観光牛車、あれがぱっと浮かんで来ました。 双歩 「海を見て曲がる」というのが何とも言えずいいですねえ。いかにもそんな感じです。 而雲 そうこの詠み方、いいですね。別に牛が海を見て感心してるわけではなく、乗ってるお客さんがみんな一斉に海を眺めていると、そこで牛車がぐるっと方向転換する、この省略を利かせた詠み方がいいなと思いました。 綾子 気持の良い風が吹き渡って来るようです。           *       *       *  この牛は回るコースをちゃんと心得ていて、御者は別に指示しなくても、海の見えるところや道の角まで来ると曲がる。心地良い風を受けて、みんな清々しい顔をしている。本土はこれからが梅雨本番という時期に、沖縄にはさっと白南風が吹いて、真夏をもたらす。南国の梅雨明けの雰囲気を実にうまく表している。(水)

続きを読む